9月14日 一気読みニュース

毎週木曜日発行!
今週の週間一気読みニュースをお届けします。

『メルボルンCBDのバーク・ストリートで自動車追突事故』

金曜日の午後6時20分頃、3人の歩行者が白いトヨタ・オーリオンにはねられ、その後、車はスピードを上げて2台の車に衝突し、76歳の運転手が死亡、2人が負傷したとされる。

この車の運転手とされるザイン・カーン容疑者(26)は、現場での逮捕後、殺人と殺人未遂を含む罪で起訴された。

日曜日、ダニエル・アンドリュース州首相は記者団に対し、この6年間で3件目となるバーク・ストリートでの死亡事故について、事故を防ぐ「明白な」安全対策はなかったと述べた。

「我々は常に、より多のことを行う準備ができており、5,200万ドル相当の工事を行った。」

「共有スペースや、特に世界でも類を見ないトラムネットワークを運営している以上、限界は常にある」

2017年1月、スワンストン・ストリートとバーク・ストリートで6人が死亡する事件が発生した後、メルボルンCBD全域で5,250万ドルのセキュリティ強化が開始された。

この工事には、数百のスチール製ボラード、強化バリア、ゲートの設置が含まれる。

アンドリュース氏は、メルボルンの安全を確保するために「これ以上できることはない」とアドバイスを受けたと述べた。

「命を落とした76歳の男性の遺族、負傷した人々、そしてこの事件に巻き込まれた人々、我々は彼ら全員に対して、この事件やその他の事件から学ぼうとする義務がある」

殺人課の刑事は、土曜日の夕方、メルボルン北西端のメルトン・ウエスト出身のカーン氏を起訴した。

警察は、カーン氏がBourke Stのトラム停留所で2台の車に衝突する前に、歩行者に突っ込み、その後スピードを上げたとしている。

ヒュンダイの運転手である76歳の男性は現場で死亡し、他の5人は病院に運ばれた。

また、20代と30代の男性3人と女性2人がさまざまな怪我を負い、容態は安定しているという。

ビクトリア州警察のシェーン・パットン警視総監は、死亡事故が発生する前、車両は時速60~70キロで走行していた可能性があると述べた。

また、事件前に警告サインや乱暴運転の報告はなかったという。

同氏は、テロ対策部門がこの事故に関するすべての情報を評価し、テロ行為ではないと結論づけたと述べた。

カーン氏は、精神衛生上の事情聴取の結果、警察の取り調べに「不適格」と判断され、24時間近く取り調べを受けることができなかった。

カーン氏は土曜日の時間外法廷審問に出廷し、法廷1件、殺人未遂3件、故意に重傷を負わせた3件、生命を危険にさらした行為2件の容疑が正式にかけられた。

カーン氏は、白のトヨタ・セダンを運転してバーク・ストリートの路面電車線路を下り、道路を横断中の歩行者3人をはねたとされる。

その後、スピードを上げてヒュンダイと衝突し、運転手が死亡、グレーのマツダに乗っていたウーバーの運転手と乗客が負傷したとされている。

警察がカーン氏を車の屋根から引きずり降ろし、衝撃を受けた傍観者たちが見守るなか、カーン氏は数分間そこに座っていたとされる。

この事故は、6人の死者を出した痛ましい事件から5年後のことである。

「この事故は、2017年にバーク・ストリートで起きたすべての関係者の記憶とトラウマを呼び起こすことは明らかであり、私たちは彼らに心を寄せています」とパットン総監は語った。

警察は、一般市民に対する脅威はないと強調しており、ダッシュカムの映像や関連情報を持っている人は、名乗り出るよう求めている。

『メルボルンで発生したバークストリートの衝突事故、「警察が強力に対応」』

週末に発生したバーク・ストリートでの死亡事故を受けて、メルボルンの中心街全域で「強力な警察の出動」が予定されている。

金曜の夜、バーク・ストリート・モールを通り抜けた男が、歩行者と車2台に衝突し、76歳の男性が死亡した。

マーク・ガリオット司令官は、この大規模な作戦は、AFLのグランドファイナルなど、今後開催されるイベントに向けて、地域住民が安心して街を訪れるために重要であると述べた。

警察は、サウスバンクのプロムナードやMCGだけでなく、市内全域に “大々的に “出動する。

「先週の金曜日に起きた事件が、地域住民に不安を与えたことは理解している。私たちは、伝統的にエキサイティングで活気のあるこの時期に、この街を訪れる人々に安心感を与えたいと考えている。」

「自転車、車、徒歩、そして上空で警察を見かけることになるだろう。警察は人目につきやすく、公序良俗や安全上の問題に対応できるよう、十分な装備を整えている。」

メルトン・ウエストの26歳の男は、バーク・ストリートでの事件後、殺人罪1件、殺人未遂罪3件、故意に重傷を負わせた罪3件、生命を危険にさらした行為2件で起訴された。

この対応は、スクールホリデーの期間中ずっと実施される。

『コールズ・スーパーマーケット、窃盗と暴力撲滅のため30店舗で身体装着カメラを導入へ』

オーストラリアの大手スーパーマーケットでは、従業員に対する脅迫の増加や、年間90億ドルもの損失を出している万引きの惨状に対抗するため、従業員に新しい機器を配備する予定だ。

コールズは、南オーストラリア州、ビクトリア州、クイーンズランド州、西オーストラリア州のリスクの高い30店舗で、身体装着型カメラを展開する。

警備員や小売店員は、ここ数ヶ月の間にウェアラブル・レコーダーを試用しているので、すでにお気づきかもしれない。

Colesの変革ゼネラルマネージャーであるソフィー・ウォン氏は、同社は小売犯罪の増加や、生活費が逼迫する中、従業員をターゲットにした身体的・言葉による虐待の増加に対応していると述べた。

カメラは従業員に装着され、経営陣にライブ映像を転送する。

ウォン氏は、このカメラはオーストラリアのプライバシーに関する法律と規制を遵守しており、Coles社はこのビジョンを「数週間以上」保持することはないと述べた。

身体装着型カメラは、ウールワースなど他のスーパーマーケット・チェーンでも試験的に導入されているが、犯罪との戦いの一要素に過ぎず、コールズは強迫時計にも投資している。

ウォン氏によると、この装置は危険な状況を直接警察に警告することができ、最近の試験中にも何度か作動したという。

南オーストラリア州当局が、組織的な窃盗団が数千ドル相当のスーパーマーケット商品を盗み、州境を越えて売りさばいたことを明らかにしたため、この対策が説明された。

粉ミルク、高級肉、美容製品などは、闇市場で価値があるため、詐欺師たちの食料品リストの上位にある。

「このテクノロジーは信じられないほど便利だ。警察が特定できなかった人物が犯罪抑止のウェブサイトに登録され、その人物を特定し、犯罪の責任を追及するという点で、私たちは非常に良い結果を得ている」と、SA州警察のスコット・デュヴァル副警視総監は語った。

『ウールワース、200ドルの現金引き出し制限を明らかに』

ウールワースは、現金引き出しの限度額を200ドルに引き下げ、支払いを済ませた顧客にのみサービスを提供するなど、現金引き出しの方針を大きく変えようとしている。

ウールワースの広報担当者が語ったところによると、9月中旬から現金引き出し限度額の引き下げを開始する予定だという。

「これは、大半の顧客がエブリデイペイなどのカードのみの取引を選択し、取引に現金が使われていないためだ。」

「一部の顧客にとって現金は依然として重要な支払いオプションであることを理解しているため、現金を引き出す機能を提供し続ける」と広報担当者は述べた。

月曜日から現金引き出しの上限額が200ドルに変更されるだけでなく、セルフレジの画面から「現金を引き出す」ボタンが削除される。

また、現金を引き出すためには商品を購入する必要があると書かれている。この変更は、大量の現金が店舗に与える安全上のリスクを軽減するために必要なものである。

『オンライン大手のアマゾン、クリスマス・ラッシュに向け1000人の労働者を募集』

オンライン・ショッピングの巨大企業アマゾンは、このクリスマス・シーズンに全国に荷物を運ぶ準備を進めている。

小売とテクノロジーの巨人であるアマゾンは、フルフィルメントセンターとロジスティクスセンターの人員を増強し、配達を行うために1000人の雇用を目指している。

アマゾンは、シドニー、メルボルン、パース、ブリスベン、アデレード、ニューカッスル、ゴールドコーストで募集を開始したと発表した。

アマゾンのジャッキー・マーカー氏は、この季節的な役割は、夏休みの学生や、アクティブに過ごしたい退職者、小遣いを稼ぎたい人に最適だと述べた。

2020年にオーストラリアで開始されたアマゾンのフレックス・デリバリー・プログラムで働くドライバーは、自営業者である。

昨年の報道では、フレックスのドライバーは約2000人と推定されている。

同社のウェブサイトによると、アマゾン・オーストラリアは全国で7000人以上の従業員を抱えている。

『職場専門家が6週間の年次休暇を要求』

ある職場の専門家が、オーストラリアも諸外国と肩を並べ、年休を4週間から6週間に増やすよう呼びかけた。

1970年代半ばに労働組合が年休を3週間から4週間に増やすよう働きかけ、成功して以来、労働者は年休の増加を見ていない。

フランス、スウェーデン、オーストリアなどの国々では5週間の年次休暇が与えられ、1年以上職場にいる従業員には6週間の権利が与えられている。

人事と職場の専門家であるジョナソン・ウールフリーは、「今こそこのバンドエイドを剥がす時だ」と語った。

「ほとんどの家庭で2人が働いている今、やるべきことをすべて整理するのは非常に困難であり、現代の職場でそれを管理し対処するには、別の方法が必要である。」

「他の国々はオーストラリアより先に進んでいる。」

「今こそ6週間の出番だ」。

「コロナ以降、働き方の柔軟性が高まったことで、職場にいる時間が短くなったからといって必ずしもアウトプットが減るわけではないことが証明された」と人事専門家は主張した。

「週休4日制でも、実際に生産量が減るわけではないという証拠もある」とウールフリー氏は言う。

「休暇延長に伴うコストは多少かかるが、その多くはメンタルヘルス(と職場の生産性)の改善によって軽減されると思う」

しかし、独立系エコノミストのソウル・エスレイク氏は、年次休暇の延長は雇用者の負担を増やし、雇用の喪失や消費者の物価上昇につながると懸念している。

「年休を10日、2週間追加することは、雇用主にとって約4.5%のコスト増に相当する。」

「しかし、すべての企業、特に中小企業がそれほど利益を上げているわけではない。」

「その結果、中小企業では雇用が失われ、大企業は賃上げによって4.5%の賃上げ分を取り戻そうとする。」

エスレイク氏は、休暇を増やすことでメンタルヘルスや生産性に多くのメリットがあることに同意しながらも、今は適切な時期ではないと考えている。

「将来は状況が変わるかもしれない。」

エコノミストはまた、労働市場が逼迫している今こそ、不当な扱いを受けていると感じている従業員が、より良い条件の代替雇用を見つける絶好のタイミングだとも述べた。

スウィンバーン工科大学は今年6月、オーストラリアの民間企業10社を対象に週休4日制を試行した。

各企業は100:80:100モデルを採用し、生産性を100%維持することを条件に、従業員は以前の労働時間の80%分の給与を100%維持する。

このモデルの試みは、アイスランドやイギリスなどで大きな成功を収めている。

オーストラリアでは、10組織のうち4組織がトライアル後にこの変更を恒久的に採用することを決定し、残りの6組織はトライアルを延長した。 そのうち3つの職場では生産性の低下が見られず、残りの7つの職場では生産性の向上が見られた。

『ビクトリア州、花粉症シーズンが始まる』

ビクトリア州では、花粉症のシーズンが早まりそうだ。

花粉症の専門家であるエドウィン・ランプナニ氏は、「例年より早めに対策を講じることが重要だ」と語る。

ラニーニャ現象からエルニーニョ現象への移行が予想されるためである。

この温暖な気候は、少し変わったことを引き起こしている。

過去3年間、オーストラリアは雨の多いラニーニャ現象に見舞われており、通常、オーストラリア東部では日中の気温が低く、冬から春にかけて降水量が多い。

エルニーニョ現象の発生が予想される中、気温が上昇し、干ばつのリスクが高まる可能性がある。

この変化は牧草の成長と開花に影響を与えるだろう。牧草の花粉は呼吸器系アレルギーの引き金となる。

メルボルン花粉飛散予測によると、気温の上昇と降雨量の減少により、牧草の生育がさらに進む可能性は低いが、気温の上昇により牧草の開花が早まる。

このため、アレルギーの引き金となる時期が早まることが予想される。

オーストラリア人の約5人に1人がアレルギー、約9人に1人が喘息を患っており、その多くがビクトリア州に集中している。

「ビクトリア州はオーストラリアにおけるアレルギーの首都のひとつだ」とランプグナーニ博士は語った。

「ビクトリア州には草原や牧草地が多いため、草がたくさん生えている」

「つまり、ビクトリア州、ニューサウスウェールズ州南部、そして南オーストラリア州の人々は、アレルギーに影響を与える花粉が空気中にたくさんあるということだ」

すでに症状が現れている人もいるかもしれないが、それはヒノキに対するアレルギーかもしれないとランプグナーニ博士は言う。

「10月、11月に近づくにつれ、木の花粉は減り始めるが、イネ科の花粉が飛散し始める」

イネ科の花粉の飛散時期は10月から12月にかけてで、症状は11月頃にピークを迎えるようだ。

アレルギー患者にとって悪いニュースばかりではない。

暖かく乾燥した春は、シーズンの早期終了を意味するかもしれない。

また、花粉症にとって不運なシーズンが続いたが、今年の見通しは、平均的なイネ科植物の花粉シーズンに戻ることを示唆している。

「オーストラリアの大部分では降雨量の減少が予測されており、特に昨年ほどひどいシーズンにはならないだろう」

ランプグナーニ博士によれば、現在から年末にかけて、アレルギーが最もひどくなる高気温と極端な天候の日が少なくとも20日は予想されているという。

では、どのように備えればいいのだろうか?
免疫学者のKymble Spriggs氏は、なぜある人が他の人よりもアレルギーに悩まされやすいのかは不明だと述べた。

のどのかゆみ、鼻水、目の痛みなどは、花粉症アレルギーの人によく見られる症状である。

治療というより予防として、早めに薬を服用することを勧める。

「花粉症の症状はいつでもひどくなる可能性がある」

「また、屋内にいるか屋外にいるかによって、曝露される量も異なる」

「抗ヒスタミン剤や点鼻薬などの簡単な市販薬でアレルギーを治療することをお勧めする」

喘息のある人は、GPを受診し、最新の喘息管理計画を立てることを強く勧める。

また、花粉の飛散予報をチェックし、花粉の多い日や飛散の多い日には屋内にとどまり、花粉にさらされないようにすることが、症状を軽減する可能性がある。

『オーストラリアでサマータイムが始まるのはいつ?』

オーストラリアのほとんどの地域では、サマータイムが間近に迫っている。

ニュー・サウス・ウェールズ州、ビクトリア州、タスマニア州、ACT、南オーストラリア州では、あと数週間で時計が1時間進むことになる。

この変更により、夏が近づくにつれて日が長くなり、明るくなる。また、電子レンジやカーラジオ、アナログ時計の時計を変更し忘れると、数日間混乱する可能性がある。

【サマータイムはいつからいつまで?】

サマータイムに従う州と地域では、10月1日(日)に時計が1時間進む。

【時計を進めるのか、戻すのか?】

10月になると、サマータイムに従う州では時計が進む。

日曜日の朝の睡眠時間が1時間短くなるかもしれないが、夏が来るにつれて夜が長くなり、明るくなることを意味する。

電話、コンピューター、テレビなど、テクノロジーに関連した時計のほとんどは、10月1日に自動的に午前2時から午前3時にジャンプする。

アナログ時計、腕時計、カーラジオのディスプレイ、電子レンジやオーブンの時計は、手動で調整する必要がある。

【サマータイムはいつ終了するのか?】

デイライト・セービングは2024年4月7日(日)まで続き、その後時計は1時間戻る。

デイライト・セービングが終了すると、東部の全州の時刻が再び揃い、東西の経度による時差が生じるだけとなる。

【サマータイムの影響を受ける州と地域は?】

ニュー・サウス・ウェールズ州、ビクトリア州、南オーストラリア州、タスマニア州、オーストラリア首都特別地域、ノーフォーク島はサマータイムを実施している。

クイーンズランド州、ノーザン・テリトリー、西オーストラリア州、クリスマス島、ココス(キーリング)諸島はサマータイムに従わないため、年間を通じて時刻は変わらない。

『牛乳が検出されたヴィーガン・ベーキング・チョコレートのリコール』

Colesで販売されていたビーガン用ベーキングチョコレートにミルクが含まれていることが判明し、回収された。

Food Standards Australiaによると、Natvia IP Pty LtdがM!lk Baking Chocolate 100g製品のリコールを実施した。

リコールの対象となる商品の賞味期限は2024年8月13日である。

原因は未申告のアレルゲンの存在で、Food Standardsによればミルクであった。

食品基準局は、牛乳アレルギーのある人がこの製品を購入した場合、使用しないよう呼びかけている。

この製品を購入した人は、返品すれば全額返金される。


今週のお天気

少しずつ暖かくなってきて日中は過ごしやすい日も多くなってきましたね。

お出かけの計画を立てている人も多いのではないでしょうか?

今週も皆様にとって素敵な一週間になりますように。


Likes:
0 0
Views:
132

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です