6月27日(木曜日)一気読みニュース

『オーストラリアの住宅危機により、この2都市は世界の住みやすさランキングで順位を下がる』

今年のエコノミスト・インテリジェンス・ユニットの世界住みやすさ指数で、メルボルンはシドニーを上回り、オーストラリアで最も住みやすい都市として世界第4位にランクインした。

この調査は173都市を対象に、安定性、医療、文化、環境、教育、インフラなどの要素を評価したもの。物価の安さは評価されなかった。

各都市は100点満点で評価された。

両都市とも、手頃な価格の住宅が不足しているため、昨年のランキングからインフラのスコアが低下した。

メルボルンの4位は、住みやすさで3位だった昨年から1つ順位を下げた。シドニーは4位から7位に順位を下げた。

オーストリアのウィーンは3年連続で「世界で最も住みやすい都市」の座を維持した。

シリアのダマスカスは、調査対象者の中で世界で最も住みにくい都市であり続け、特に安定性とヘルスケアのスコアが低かった。プレッシャーにさらされる居住性
テルアビブは、ハマスとイスラエルの戦争開始後、92位から112位へと最も劇的に順位を下げた。

しかし、順位を下げた都市の中で最も目立ったのは西ヨーロッパの都市だった。

ベルリン、ミュンヘン、ハンブルク、シュトゥットガルト、デュッセルドルフのドイツ主要5都市は、「抗議デモの増加」や「農業から移民政策」によって安定性を失い、順位を大きく下げた。

『アルディで買う食料品は、コールスやウールワースで買う食料品より25%安い。』

消費者擁護団体チョイスによれば、コールスとウールワースでは、同じ基本的な食料品でもわずか75セントの差しかない。
また、ドイツのスーパーマーケット・チェーンであるアルディの方が大幅に安く、レジでは15ドルほど安かった。
オーストラリアのスーパーマーケット業界は、ACCCを含む多くの調査対象となっている。
アルディでの買い物は、オーストラリア人の食料品代から15ドル近くを節約していることが、価格差がわずか75セントのコールスやウールワースで売られている同じ商品と比較してわかった。

消費者擁護団体が木曜日に発表したこの報告書は、スーパーマーケット大手各社が巨額の利益を計上するための価格つり上げ疑惑に直面し、現在も多くの問い合わせを受けていることを受けて作成された。

チョイスは連邦政府から報告書の作成を依頼され、連邦政府から110万ドルの予算を与えられ、3年間3ヶ月ごとに報告書を作成することになった。

調査のため、チョイスは3月に全国81のスーパーマーケットに “覆面調査員 “を派遣し、14種類の商品の価格を記録し、どのチェーンが最もお得かを調査した。

その結果、アルディで購入した食料品の平均価格は51.51ドルで、コールスやウールワースで同じ商品を購入した場合よりも約25%安いことがわかった。

『寒波とLNG生産停止でガス不足の恐れ』

オーストラリア東部は、需要増と供給不足により、真冬のガス不足の危機に直面している。

計画外の生産停止、再生可能エネルギー発電の減少、冬の寒波による需要増により、LNGの生産が逼迫し、オーストラリア東海岸全域でガスの供給不足が発生する恐れがある。

オーストラリア・エネルギー・マーケット・オペレーター(AEMO)は、水曜夕方に発表した「脅威通知」の中で、東部各州のガス供給がピーク時の需要を満たすには不十分である可能性があると警告し、生産者に対し、供給不足を防ぐために生産量を増やすよう呼びかけた。

AEMOは通知の中で、「潜在的なリスクや脅威の性質と大きさは、いくつかの可能性のある需要および/または供給シナリオの下で、ピーク時の供給不足の可能性である」と述べた。

ビクトリア州、南オーストラリア州、ACT州、タスマニア州、ニューサウスウェールズ州の利用者が危険にさらされている。

一般的に電力使用量が多くなる冬季には、季節的な風力レベルの低下や太陽光発電の減少により、再生可能エネルギーによる発電量が定期的に減少するため、ガスは発電にとって特に重要である。

6月20日までの1週間で、全国の電力市場における再生可能エネルギーの発電量は約27%で、過去12ヶ月の平均38%を下回った。

同時に、東海岸最大の国内ガス供給会社であるロングフォード・ガスプラント(エクソンモービルとウッドサイド・エナジーの共同所有)は、予定外の操業停止延長を報告し、遅くとも7月1日まではメンテナンスにより生産能力が制限されることになった。

AEMOによると、ロングフォードの操業停止により、ビクトリア州南西海岸にあるアイオナ施設では、ガス貯蔵施設の故障が発生し、引き続き高い引出し量に直面している。

『高額融資を利用する人が多数と調査報告』

フィンテック企業が発表した新たなデータによると、出費を賄うためにリスクの高い高額融資を利用するオーストラリア人が増えている。

借り手と貸し手をマッチングさせるデジタル・プラットフォームであるレンデラ(Lendela)は、同社のローン申請者プールから、「今すぐ購入、後で支払う」、給料の前払い要求、「少額クレジット契約」といった高コストのファシリティの利用が増加していると報告している。

これらの制度は、即座に資金を提供することができるが、しばしば高額な返済コストを伴う。

「レンデラ・オーストラリアのカントリー・マネージャー、ジェイク・オズボーン氏は、「こうした高コストのクレジット・オプションは、多くの場合、高金利や手数料、最小限のアフォーダビリティ評価によって特徴付けられ、貸し手がお互いを認識することなく、複数のローンを積み重ねることにつながる可能性がある。

「その結果、毎月の返済額が返済額を上回り、持続不可能な債務サイクルに陥る可能性がある。

5月だけを見ても、レンデラを通じての申し込みのうち、今すぐ買って後で払う制度を利用した借り手は全体の23.5%を占め、給与前借りは45%、クレジットカードは10%、SACCローンは40%だった。

ローンを1つの商品にパッケージ化する手法である債務一本化の申し込みのシェアは、オーストラリアの若年層でも上昇しており、過去6ヵ月間で62%増加した。

18~29歳のオーストラリア人は、5月の債務一本化ローンの35%を占めた。

また、年収が5万ドルから10万ドルのオーストラリア人も、債務整理ローンを利用している。

『スーパーアニュエーションで、老後の「平等」を実現するには?』

オーストラリアに移住した場合、スーパーアニュエーション(退職年金)は、それほどないかもしれない。

非英語圏出身者の退職時の平均残高は、一般人口より約30%低く、$460,000に対して$320,000である。

この差は20代半ばから現れ始め、年齢を重ねるにつれて広がっていく。

また、過去10年間でスーパーアニュエーションの残高は大幅に増加しているが、非英語圏出身者の貯蓄額は「退職後の快適なライフスタイルを維持するために必要な額にははるかに及ばない」とオーストラリア退職年金基金協会の2024年の報告書は述べている。

では、なぜ移民のスーパー残高はこれほど低いのか、そしてそれを解決するために何が行われているのか?

移住があなたのキャリアとスーパーをいかに狂わせるのかスーパーアニュエーションは、複利効果という金融の妙技の上に成り立っている。

投資ポートフォリオへの定期的な拠出は、キャリアの初期にはゆっくりと成長するが、貯蓄や投資の収益が増加するにつれて加速する。
ユーニス・オーは、オーストラリアで上級職の求人に応募したが、海外経験は通用しないと言われた。
保険料は収入に対するパーセンテージで計算され、7月からは最低11.5%となっている。

しかし、香港駐在員ユーニス・オーのような移民は、しばしば同等の年功と給与の仕事を見つけるのに苦労する。

“それはとてもひどいことで、以前していたことに戻れなくなった友人がたくさんいます”

上級職に応募すると、”あなたの経験は海外でのものだからここでは通用しない “と言われるのです」と彼女は言う。

多文化支援団体サウス・イースト・コミュニティ・リンクスのファイナンシャル・カウンセラー、ラクナ・マダーン・ボウマン氏によると、移民や難民の多くは、オーストラリアに来てから何年も関係のない分野で働いたり、低賃金で働いたりしているという。

そして、年々収入が減っていくことは、超高級品にかかるお金も減っていくことを意味する。

「母国では看護師の訓練を受けていても、生活費を稼ぐために工場で働いているのです。

「教師や医者になることもできますが、資格が認められるまでに時間がかかります。

「しかし、その間に自分自身と家族を養う必要があるのです」。

ASFAのメアリー・デラハンティ最高経営責任者(CEO)は、この制度は退職に「平等と尊厳をもたらす」ものであり、移民コミュニティにより良いサービスを提供できると述べた。

懸念される分野のひとつは、移民労働者が多いギグ・エコノミーである。

「スーパーアニュエーションの支払いはギグワークの一部であるべきなのか、また、実際に稼いだ金額の一部であるべきなのか、再検討する必要がある」と彼女は述べた。

『アーマガード、4大銀行や大手小売業者と5,000万ドルの生命線契約を結ぶ

アーマガードと大手銀行および小売業者との間で、少なくともあと12ヶ月間はアーマガードのサービスを容易に利用できるようにするため、5,000万ドルの契約が結ばれた。

この契約は、7月1日の大規模な現金支給に先立ち、月曜日に最終決定された。

オーストラリアの4大銀行(ANZ、コモンウェルス銀行、NAB、ウェストパック)は、ウェスファーマーズ、コールス、ウールワース、オーストラリアポストの4大小売業者と提携し、現金輸送販売業者の事業継続を支援した。

今回の資金注入は、アーマガードの親会社であるリンゼイ・フォックス氏所有の輸送・物流大手リンフォックス社が、3月に同グループからの2,600万ドルの緊急資金援助を拒否した後に行われた。

フォックス氏は、今回の資金援助は、アーマガードが継続的な懸念にもかかわらず、全国的に資金を確保するための方法であると述べた。

「これは当事者同士の争いではありません。

「ここに勝者も敗者もありません。

「大手銀行、小売業者、主要流通企業が協力して、より効率的なキャッシュ・イン・トランジット業界を実現している国は他にはありません。

「アーマガードは、世界有数の現金輸送会社であるプロセガー社の専門知識も活用している。

「両当事者は、収益支援、効率性、資本支援の3つの要素が相互に依存し合っていることを認識している。

「アーマガードは、適切な資本へのアクセスを含め、その目的を達成するために継続的な支援を表明している。

この資金調達は、合意された救済条件の下で、毎月の主要業績評価指標の達成を含む効率化とコスト削減にアーマガードが同意することを条件としている。

また、この合意には、12ヶ月という期限を過ぎても持続可能な現金配送事業を支えるため、独立した価格設定メカニズムを開発するために協力することも含まれている。

オーストラリア銀行協会のアンナ・ブリー最高経営責任者(CEO)は、この合意はキャッシュ・イン・トランジット・サービスの持続可能性に直面している継続的な問題を反映したものだと述べた。

「この契約により、現金は国内を移動し続け、オーストラリア国民がどこに住んでいても利用できるようになります。

「12ヶ月の財政支援は、アーマガードが事業を再構築し、プロセガーとの合併による利益を実現するために必要な時間を与える。

「また、すべての関係者が、将来にわたって持続可能な現金アクセスのための長期的な解決策を検討することができる」と述べた。

TWU全国書記次長のエミリー・マクミランによると、アーマガードは全国で現金を移動させるために約1400人の労働者を雇用しており、彼らはここ数カ月間、事業の将来の不確実性に対処しなければならなかった。

「この取引は、何カ月にもわたって雇用主の将来について不透明で厄介な見出しに直面してきた組合員にとって歓迎すべき救済である」と彼女は述べた。

『VAPE、薬局で販売へ 労働基準監督署が処方箋を義務化』

緑の党のアダム・バント党首は、薬局で処方箋なしにベイプを販売することを可能にするベイプ法の改正案について、物議を醸している。

アルバネーゼ政権が緑の党と合意し、電子タバコの小売禁止案が緩和されたことで、ベイプは処方箋なしで薬局で購入できるようになる。

マーク・バトラー保健相は月曜日、ベイプの利用を薬局での処方箋販売のみに制限するという労働党の争点となる計画について、少数政党からの支持を取り付けた。

この禁止令は当初の予定通り7月1日から施行されるが、10月からは、ベイプに伴う健康被害について薬剤師と会話した上で、個人が店頭でベイプを購入できるようになる。

グリーンズのアダム・バンド党首は、火曜日、ABCラジオのインタビューで「禁止は機能しない」と宣言し、党との取り決めに基づく変更を支持した。

「つまり、歴史上、政治家が大人に特定の薬物を使うなと言ったが、実際には問題は解決しなかったという例がたくさんある」と彼は言った。

バンド氏は、党のもう一つの重要な動機は、この問題を「刑事司法制度から締め出す」ことだと語った。

「公衆衛生上の問題があり、特に子供たちの間で、子供たちが使用しているフレーバータイプは……私たちにとって本当に取り組みたいことです。

「私たちが確保した変更によって、大人のVAPEユーザーも、子供たちも、VAPEの使用で犯罪者にされることはなくなりました。

VAPEの購入には身分証明書の提示が必要となり、ニコチン濃度も制限される。

18歳未満の子供もVAPEを購入できるが、その際には医師の処方箋が必要となる。

個人的な量のVAPE製品の所持は刑事罰の対象とはならず、代わりに商業的な量の所持や流通が罰則の対象となる。

バトラー氏は、処方箋のみのプランがうまくいかなかった場合、店頭でのVAPE販売も検討すると以前から語っていたが、今回の合意は、クロスベンチとの建設的な交渉の結果であると述べた。

「世界をリードする我々の法律は、VAPEと電子タバコを、オーストラリア社会と世界各国の政府に対して、元来販売されていたもの、すなわち、喫煙習慣の強い喫煙者の禁煙を助ける治療用製品に戻すものである」とバトラー氏は述べた。

「これらの法律は、オーストラリアの若者や、より広範なコミュニティを、娯楽としてのVAPEの害から守ると同時に、禁煙のために治療用VAPEを本当に必要としている人々が、地元の薬局で入手できるようにするものである。

緑の党のジョーダン・スティール・ジョン保健スポークスマンは、VAPE市場の規制は、元喫煙者がタバコに戻る動機付けにならないようにしなければならないと述べた。

「グリーンズは、大人が必要な時に治療用VAPEにアクセスできるようにすることに重点を置いてきた。

「私たちは、政府をコスト抑制的な処方箋モデルから次のようなモデルへと移行させた。

『国民調査で4分の1以上が精神的・行動的症状を抱えながら生活している。』

国民の健康に関する最新の見通しによると、オーストラリア人の4分の1以上が精神的な健康状態を抱えながら毎日を過ごしており、14人に1人が鬱病を患っていると回答している。

オーストラリア統計局(ABS)による最新の国民健康調査によると、オーストラリア人の26.1%が精神的・行動的状態にあることがわかった。

ABSは2022年の調査結果で、精神・行動状態を慢性疾患に分類している。

腰痛(15.7%)、関節炎(14.5%)を抑え、最も一般的な慢性疾患であった。

最新のデータでは、2人に1人が少なくとも1つの慢性疾患を持っていることが明らかになった。

2022年にオーストラリアで経験した最も一般的な慢性疾患は以下の通り:

精神・行動疾患-26.1パーセント
腰痛 – 15.7
関節炎-14.5パーセント
喘息-10.8パーセント
糖尿病 – 5.3
心臓、脳卒中、血管疾患-5.2パーセント
骨粗鬆症-3.4パーセント
慢性閉塞性肺疾患(COPD)-2.5パーセント
がん-1.8パーセント
腎臓病 – 1パーセント
女性(52.3%)は男性(47.4%)よりも、少なくとも1つの慢性疾患を持っている可能性が高いという。

また、オーストラリア人は複数の慢性疾患を同時に抱えている可能性が高いこともわかった。

ABSによると、精神疾患や行動障害を持つ人の51.7パーセントが、何らかの多疾患を併発している。

また、10人に1人以上、つまり11.5%が不安や緊張を感じていると回答した。

最新のデータは、幼児期におけるメンタルヘルスとウェルビーイングのサポートを健康診断に含めるよう推進していることを反映している。

オーストラリア王立開業医協会(Royal Australian College of GPs)のニコール・ヒギンズ(Nicole Higgins)会長によると、同協会が発行した『国民の健康(Health of the Nation)』報告書によると、GPが患者に相談する最も一般的な理由の中でメンタルヘルスを報告する割合は、2022年の61%から2023年には72%に上昇した。

「メンタルヘルスとウェルビーイングは、絶対に幼児健診に含まれるべきです。オーストラリアは青少年のメンタルヘルスの危機に瀕しており、早期介入が重要です」とヒギンズ医師は述べた。

つい先月のBeyondblueの調査によると、小学生の子供を持つオーストラリア人の親の3分の1が子供のメンタルヘルスを深刻に心配しており、3人に1人は非常に心配しているという。

「そして、私たちはより多くの精神衛生上の懸念を抱えた患者を診察しています。

RACGPは、National Mental Health Commission(国家メンタルヘルス委員会)への提出書類の中で、幼児健診におけるメンタルヘルスとウェルビーイングを、国家ガイドラインの草案の定番とするよう求めている。

「子どもの健康とウェルビーイングを総合的にとらえる必要があります。

「小児期のメンタルヘルスの問題は、ウェルビーイングに大きな影響を与える可能性があり、それが成人期まで健康とウェルビーイングに影響を与え続けるという強い証拠があります。

『インフレ加速で利上げリスク高まる

インフレ率が過去6ヵ月で最も高い水準に急上昇し、物価上昇圧力を抑えるのに苦労していることが浮き彫りになったため、準備銀行は早ければ8月にも利上げに踏み切る可能性がある、と投資家や一部のエコノミストは予想している。

オーストラリア統計局が水曜日に発表した5月までの1年間の消費者物価指数は4%に急上昇した。

これは4月の3.6%から上昇し、3.8%への緩やかな上昇というエコノミストの予想を大きく上回った。

しかし、休暇中の旅行や、果物、野菜、自動車燃料などの変動項目を除いたインフレ率は、前月の4.1%から微減の4%となった。

トレーダーは直ちに、RBAが2022年5月以来14回目の利上げに動くとの見方を強めた。

金融市場では、中央銀行の9月の会合で利上げが実施される確率は54%、8月の利上げのオッズは40%を超えている。

利下げが完全に織り込まれたのは2025年10月、つまり16ヵ月先のことだ。

予想以上の好結果を受けて、エコノミストも金利見通しを変更した。一部のアナリストは、ミシェル・ブロックRBA総裁が8月5-6日に予定されている次回理事会後に25ベーシス・ポイントの利上げを発表すると予想している。

「月中にインフレ圧力が驚くほど反転しない限り、RBAの短期的な平均インフレ率の予想がまたもや大幅に下方修正される可能性が高いと我々は考えている」と、ドイツ銀行のチーフエコノミスト、フィル・オドナヒュー氏は述べた。

「それは利上げを促すはずだ」と、UBSと柔道銀行のエコノミストが同じ見解を示した。

一方、他のアナリストはRBAは据え置きを予想し、多くのアナリストは2025年初頭まで金利緩和を先延ばしした。

「RBAは利上げに踏み切るべきだが、労働市場を守るためにインフレ率の上昇を容認する可能性があり、2025年まで緩和の余地はなく、当分の間、現金金利は据え置かれるだろう」とRBCのチーフ・エコノミスト、スーリン・オング氏は語った。

ウェストパックの予想担当者は、年内の利下げを予想している数少ないうちの一人であり、コモンウェルス銀行は、インフレ率のサプライズ結果を受けて、11月の利下げ予想を見直すと述べた。

ジム・チャルマーズ財務相は、他の先進国でもインフレ率が回復していることを指摘した。

「インフレ率は下がる過程でジグザグに変化することがあり、必ずしも一直線に緩やかになるとは限らず、最後の1マイルが少し難しくなることもある」とチャルマーズ財務相は述べた。

野党のアンガス・テイラー財務相は、労働党が物価上昇圧力を悪化させたと非難し、政府は「オーストラリア国民を失望させた」と非難した。

「経済の現実から完全にかけ離れた労働党政権が大きな支出をした結果がこれだ。

「コア・インフレは4ヶ月連続で加速している。これは、独立した準備銀行にとって間違いなく懸念材料だろう。

5月までの1年間で家賃が7.4%上昇し、住宅建設費が4.9%上昇したためである。これは、賃貸物件の不足と建設部門を襲う労働者不足が続いているためである。

電力料金の値上げも消費者を直撃し、12ヶ月間で6.5%上昇した。

青果物全体のインフレ率は4.4%上昇し、ここ1年で最大の年間上昇率を記録した。

また、ガソリン代が前年比9.3%上昇したことも、資金繰りに苦しむ家計を圧迫している。

保険料、理美容代、車の修理代、獣医にかかる費用など、サービス・インフレの激化もRBAの懸念に拍車をかけそうだ。

インフレ率は2023年まで着実に後退し、2022年12月の年率8.4%のピークから12ヵ月後には3.4%まで低下したが、その後の進展は停滞しており、頑固な物価上昇圧力によってCPIはRBAの目標バンドである2〜3%の範囲外にとどまっている。

より包括的な四半期ごとの数値に比べ、物価上昇圧力がより不安定に読み取れる水曜日の月次数値だけでは、変動型住宅ローンやその他のローンに影響を与える金利についてRBAがいつ動くか、そのタイミングを変えることはできない。

しかし、12月以降のヘッドライン・インフレ率の再加速は、経済を圧迫する物価上昇圧力の持続を強調している。

次回7月31日に発表される四半期ごとのインフレ率は、利上げか据え置きかを審議する上で重要な指標となる。

エコノミストは、州政府および連邦政府からのリベートや補助金が効を奏し、ヘッドラインインフレは年央から大幅に後退すると予想している。

しかし、第3段階の減税と相まって、追加的な生活費支援は、貯蓄が経済の他の場所での支出を促進し、インフレ圧力をさらに悪化させるという懸念を引き起こしている。


今週のお天気

暖かい日も挟みながらの朝晩はとても冷え込むメルボルン。スクールホリデーも控え、公立校は明日で最後でスクールホリデーに入りますね。週末に向けてお天気は崩れそうですが、気温は少し暖かめになりそうですね。風邪など色々なウイルスも流行っています。どうぞ皆様お気をつけくださいね。


  める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる企業様はメールにてお問い合わせください。

Likes:
0 0
Views:
59

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です