6月20日(木曜日)一気読みニュース

『メルボルン中心街で警察沙汰、男(33)が逮捕される』

メルボルン中心街で発生した大事件に警察が駆けつけ、男が逮捕された。

メルボルン中心部で大規模な放火と爆発物の捜査が展開されている。

事件は水曜日の正午にコリンズ・ストリートで始まり、複数のパトカーと爆弾処理班が出動した。

ソーシャルメディアにアップされたビデオには、多数の警察車両が大通りを封鎖している様子が映っている。

この通りはクイーン・ストリートとエリザベス・ストリートの間で両方向に封鎖されたが、その後再開された。

複数の企業やビルも閉鎖を余儀なくされ、路面電車も通りを通れなくなった。

警察は声明で、この事件はテロとは無関係であると述べた。

「警察は本日正午過ぎ、メルボルン中心街のコリンズ・ストリートで33歳の男を逮捕した。

「彼は現在進行中の放火・爆発物処理班の捜査に関連して事情聴取を受ける予定である。

「この件はテロとは無関係であり、地域社会の安全に対する差し迫った脅威はない。

「爆弾処理班が出動し、コリンズ・ストリートの車両の安全確認を行った。

さらなる情報は、作戦上適切と判断された時点で提供される。

白いフォルクスワーゲンのハッチバックがパネライの外で警察に捜索されているのが目撃され、車内から “不審物 “が発見されたと報じられた。

刑事が車からガソリンの缶を取り出し、黒いナックルダスターを証拠袋に入れているのが目撃されている。

警察のスポークスマンは、まもなく情報を提供すると述べた。

現場は午後1時ごろに撤去され、午後1時半ごろには建物から外に出ることができるようになった。

救急車ビクトリアはコメントを求めている。

『ACCC、シグマ・ヘルスケアのケミスト・ウェアハウス買収案に「懸念」を指摘』

オーストラリアの消費者監視委員会は、数百万人の薬局利用者に影響を及ぼすであろう、ヘルスケア関連の合併案件について重大な懸念を表明した。

木曜日の朝、オーストラリア競争・消費者委員会(Australian Competition and Consumer Commission)は、オーストラリア証券取引所(ASX)上場のシグマ・ヘルスケア(Sigma Healthcare)と、全国に約600店舗を展開するオーストラリア最大の薬局小売業者であるケミスト・ウェアハウス・グループ(Chemist Warehouse Group)との88億ドル規模の合併案について、「懸念」を表明した。

ACCCのStephen Ridgeway委員は、「これは薬局業界にとって大きな構造変化であり、売上高で最大の薬局チェーンが、数千の独立薬局と競合する重要な卸売業者と合併することになる」と述べた。

「我々は、小売レベル、および卸売・小売レベルにわたる合併会社の統合案の結果として、様々な予備的競争懸念を特定した。この検討を続けるにあたり、ライバル薬局を含む関係者の意見を聞きたい。

シグマは医療用医薬品の卸・販売会社で、時価総額は約20億ドル。

ACCCによると、この取引により、シグマはケミスト・ウェアハウスの全株式を取得し、シグマ株式および7億ドルの現金と交換する。

提案されている合併が完了すると、ケミスト・ウェアハウスの株主はASX上場の合併会社の85.75%を保有し、シグマの株主は14.25%を保有することになる。

「この合併により、薬局のサプライチェーンの複数のレベルにわたって独自に垂直統合された合併会社が誕生することになる。この薬局セクターの新しいビジネスモデルは、ライバルの拡大や参入の障壁を高め、競争を弱める可能性がある。

「ACCCは、Chemist Warehouseが薬局部門に与えた影響について多くの懸念を聞いている。しかし、ACCCは、異なるビジネスモデルの是非よりも、買収が競争に与える影響のみに注目している。重要な問題は、提案されている買収が医薬品の供給における競争を弱めるかどうかである。”

ACCCは、提案されている買収が、現在シグマが供給している薬局に害を及ぼし、薬局小売業における競争の実質的な低下につながることを懸念していると述べた。

現在、シグマは卸売りの売上を最大化するインセンティブを与えられているが、買収後は、シグマが供給する独立薬局もケミスト・ウェアハウスと競合することになる、とACCCは付け加えた。

同監視委員会はまた、合併によりケミスト・ウェアハウスが「シグマが供給する薬局に関する商業上機密のデータにアクセスし、競争に損害を与える形で使用する」ことが可能になることを懸念していると述べた。

「買収後、合併会社はケミスト・ウェアハウスと競合する薬局を標的にしたり、先手を打って弱体化させたりするために、得られたデータからの洞察を利用することができるかもしれない」とリッジウェイ氏は述べた。

ACCCは、上記のいずれの問題についても結論に達していないと述べた。

『オーストラリアで最低賃金労働者が入居可能な賃貸住宅はわずか0.6%』

新しい賃貸住宅価格ヒートマップは、オーストラリアの住宅危機が「過去最悪」であることを明らかにした。

アングリケア・オーストラリアは連邦政府に対し、ソーシャルハウジングの増設を呼びかけている。

全国に45,000件以上ある賃貸物件のうち、フルタイムの最低賃金を得ている人が入居可能な賃貸物件は、わずか0.6%(289件)に過ぎなかった。

アングリケアが作成したヒートマップは、このデータの悲惨な状況を示しており、国全体が赤で塗られ、フルタイムの最低賃金で単身者が手頃な賃貸物件を見つけることがいかに不可能であるかを示している。

老齢年金の受給者はわずか0.2%、障害者支援年金の受給者は0.1%だった。

若者手当てを受給している人が購入可能な住宅はなかった。

「住宅危機は過去最悪です」とアングリケア・オーストラリアのカシー・チェンバーズ理事は語った。

「これは誇張ではありません。オーストラリアの新常態です。

「最低賃金の人々にとって、これほど悪い結果は見たことがない。

チェンバーさんによると、フルタイムで働いている夫婦でさえ、90%近くの賃貸住宅から締め出されているという。

「センターリンクの支払いを受けている人たちは、住宅から完全に追い出されているのです」とチェンバーさんは言う。

「加齢年金や障害年金を受給している人は、家賃の1%にも満たない。仕事に就いていない人は0%で、これは最も高い家賃補助率を含んでいる」。

オーストラリア社会福祉協議会(Australian Council of Social Service)のカサンドラ・ゴールディ最高経営責任者(CEO)は、昨年の家賃は平均7%上昇し、64万世帯以上の低所得世帯が適切な住宅を待っていると述べた。

「加齢年金や障害年金を受給している人は、家賃の1%にも満たない。仕事に就いていない人は0%で、これは最も高い家賃補助率を含んでいる」。

オーストラリア社会福祉協議会(Australian Council of Social Service)のカサンドラ・ゴールディ最高経営責任者(CEO)は、昨年の家賃は平均7%上昇し、64万世帯以上の低所得世帯が適切な住宅を待っていると述べた。

『ABSの新しい人口データ、移民が成長を牽引』

ABSが発表した最新の人口統計では、大量の海外純移民がオーストラリアの人口を2700万人に押し上げた。

ABSが発表した最新の数字によると、2023年のオーストラリアの人口増加の84%は移民の急増が占め、総人口は約2700万人に達する。

2023年の純海外移住者数は547,300人で、入国者数は751,000人、出国者数は204,200人であった。

2,700万人という数字は、前年比2.5%の人口増加を意味する。

自然増(出生数と死亡数の差)は10万3,900人で、28万7,100人の出生と18万3,100人の死亡で構成される。

西オーストラリア州の人口は、2022年から3.3%増の2,927,900人となり、最も急速に増加した。

次いでビクトリア州が2.8%増、クイーンズランド州が2.6%増となった。

ビクトリア州は186,500人増の6,906,000人、クイーンズランド州は141,400人増の5,528,300人となった。

ニューサウスウェールズ州は依然として国内最大の州であり、843万4,800人が2.2%増の18万5,500人となった。

南オーストラリア州は1.6%増の186万6,300人。

タスマニア州の人口増加率は最も低く、わずか0.4%増の575,700人であった。

この増加率は、昨年ABSが発表した2070年代までの潜在的な人口増加率の見通しに一致する。

ハイエンド予測では、2071年までに4,600万人がオーストラリアを故郷とする可能性がある。

この厳しい数字は、48年間で人口が77%増加することを意味し、ABSの予測の最上位に相当する。

中位」の予測では、2071年までに人口が4,000万人近くに達し、「下位」の予測では、2023年の約2,600万人から30%増加し、2070年代初頭には3,430万人となる。

人口増加の主な要因は、際限なく続くと予想される移民ブームである。

ハイエンドの予測では、ABSは移民が1,430万人を人口に加え、年間約27万5,000人を受け入れると見込んでいる。

中位予測では、移民の寄与は1,180万人で、年間22万5,000人の増加、下位予測では、毎年17万5,000人の新入国者が940万人の人口を増加させるとしている。

『中国の李強首相、南オーストラリア州のワイナリーに到着』

中国の李強(リー・チアン)首相は、二国間首脳会談に先立ち、南オーストラリア州の一流ワイナリーに到着した。

中国副首脳は日曜日、アデレード近郊のペンフォールズ・マギル・エステートを視察し、ピーター・マリナウスカス南オーストラリア州首相、ドン・ファレル貿易大臣、ペニー・ウォン外務大臣の出迎えを受けた。

これは、アデレード動物園を訪問した李首相が、北京からオーストラリアに2頭のジャイアントパンダを贈呈すると発表した後のことだった。これは、李首相がアデレード動物園を訪問した後、北京がオーストラリアに新たに2頭のジャイアントパンダを貸し出すと発表した後のことだった。

中国が5月にオーストラリアワインに対する貿易制裁を解除して以来、約8,600万ドル相当のワインが新たに中国に販売され、主に南オーストラリア州のワインメーカー350社が市場に再参入した。

ドン・ファレル貿易相は、このまま貿易が増加基調で推移すれば、オーストラリアと北京のワイン貿易総額は、元の輸出額である10億ドル以上に回復する可能性があると述べた。

「我々は中国政府に屈服することなく、これら全てを手に入れることができた」と、ファレル氏は先のスカイニュースに語った。

アデレードの有名なワイン産地訪問に先立ち、李氏はアデレード動物園の関係者と会談し、中国が年内に2頭のジャイアントパンダをオーストラリアに派遣することを確認した。

この2頭は、2009年以来貸し出されていたジャイアントパンダのワンワンとフイヌイに代わり、北京に送り返される予定だ。

会談に先立ち、ペニー・ウォン外相は、中国政府高官との会談を前に、中国がロシアのウクライナ戦争に関与しているとされることや、インド太平洋地域における緊張の高まりに対するオーストラリアの懸念を改めて表明した。

外相は、中国に次ぐ最高指導者が4日間の外交ツアーのため、土曜日に南オーストラリアに到着したことを明らかにした。

会談に先立ち、ABCの番組『Insiders』に出演したウォン議員は、中国とオーストラリアとの関係改善を歓迎し、より強固な関係が地域の安定を促進すると述べた。

「これは明らかに重要な訪問であり、中国首相による7年ぶりの訪問であり、政府による2年間にわたる慎重かつ忍耐強い努力の末の訪問である。

「私は選挙前に、関係を安定させたいと言った。その意味するところは、関係において管理されなければならない相違が存在するという認識でした。

昨日、G7首脳が中国に対し、対ウクライナ戦争におけるロシアへの武器供与を中止するよう求めた声明について尋ねられたウォン議員は、同様の見解を表明していると答えた。

「戦争を終結させ、ウクライナが独自の条件で平和を確保できるようにすることの重要性について、私たちの見解を中国に表明し続けるつもりです」。

『オーストラリア人にビザなし入国を提案 軍事衝突回避のため国防協議を旗印に』

要するに、中国はキャンベラでの1日の会談で、オーストラリア人に対し15日間のビザなし渡航を提案した。
しかし、協定調印式では、中国大使館職員がオーストラリア人ジャーナリスト、チェン・レイのカメラ撮影を阻止しようとしたため、物議を醸した。
次はどうなるのか?アンソニー・アルバネーゼと中国の李強首相はパースに向かう。

アンソニー・アルバネーゼ首相は、両国関係が「更新され、活性化した」と宣言した。

アルバネーゼ首相は、キャンベラで李強首相と正式に会談した後、中国とオーストラリアの当局者は、昨年のHMAS Toowoombaへのソナー攻撃のような事件を避けるため、軍事関係の改善についても協議を行うと述べた。

「私たちが話した非常に現実的な措置のひとつは、事件を避けるために軍と軍のコミュニケーションを改善することだった」とアルバネーゼ氏は記者団に語った。

中国当局、解放されたジャーナリストCheng Lei氏の記者会見を妨害か、中国の李強首相とアンソニー・アルバネーゼ首相の記者会見に出席したジャーナリストたちは、中国当局者が、中国に3年間投獄されていたオーストラリア人ジャーナリスト、程磊氏の視界を遮るように見えるのを見た。

正式な話し合いに先立ち、アルバネーゼ氏は中国側のゲストに対し、オーストラリアと最大の貿易相手国との率直な対話が重要であると語った。

「我々は一貫して、各国が主権を尊重し、国際法や国連に規定された義務を遵守する、平和で安定し繁栄する地域世界の重要性を提唱している。

アンソニー・アルバネーゼ首相は、両国関係が「更新され、活性化した」と宣言した。

アルバネーゼ首相は、キャンベラで李強首相と正式に会談した後、中国とオーストラリアの当局者は、昨年のHMAS Toowoombaへのソナー攻撃のような事件を避けるため、軍事関係の改善についても協議を行うと述べた。

「私たちが話した非常に現実的な措置のひとつは、事件を避けるために軍と軍のコミュニケーションを改善することだった」とアルバネーゼ氏は記者団に語った。

中国当局、解放されたジャーナリストCheng Lei氏の記者会見を妨害か
中国の李強首相とアンソニー・アルバネーゼ首相の記者会見に出席したジャーナリストたちは、中国当局者が、中国に3年間投獄されていたオーストラリア人ジャーナリスト、程磊氏の視界を遮るように見えるのを見た。

正式な話し合いに先立ち、アルバネーゼ氏は中国側のゲストに対し、オーストラリアと最大の貿易相手国との率直な対話が重要であると語った。

『Telstra、脆弱な顧客の4Gへの移行を支援するため、12,000台の携帯電話を無償提供することを決定』

テルストラは、ネットワーク閉鎖が迫る中、弱い立場の顧客の3Gから4Gへの乗り換えを支援するため、12,000台の携帯電話を無料で配布することを明らかにした。

火曜日から、通信会社は高齢者、地方在住者、または困難な状況にある顧客に携帯電話を無料で配布する。

困難な状況とは、経済的な問題に直面している顧客、自然災害から回復している顧客、命にかかわる病状を患っているために使用可能な携帯電話に依存している顧客などである。

地方にお住まいの方や80歳以上の方は、Telstraの実店舗にアクセスすることが困難な場合があります。

Telstraは、8月31日に3Gネットワークが完全にシャットダウンする際、これらの顧客は特別な移行サポートが必要であると認識している。

今後数週間で、対象者とされた顧客にのみTelstraから連絡があり、Telstraはメッセージを受け取った顧客に対し、パッケージの指示に従ってネットワーク切り替えを行うよう促している。

救世軍のブレンダン・ノトル少佐は、この取り組みが「地域社会の最も弱い立場の人々」を助ける方法であると称賛している。

「つながりとは、友人や家族とのつながりであれ、住宅や支援サービスとのつながりであれ、私たちの社会で維持される最も重要なもののひとつです」と彼は語った。

『500ドルのスーパー拠出金、7月1日まで提供中』

オーストラリアで働く何百万人もの人々が、政府から500ドルを無料で受け取ることができるチャンスは、7月1日までとなっている。

この制度は、低所得のオーストラリア人が退職後の貯蓄に充てることができるよう、個人で拠出した退職金と同額を政府が拠出する制度である。

71歳未満で課税所得が42,000ドル以下のオーストラリア人に対し、政府はスーパーファンドに自発的に投資した金額と同額を50カナダドル上乗せし、上限を500カナダドルとする。

つまり、労働者がスーパーファンドに1000ドル投入すれば、政府は500ドルを無料で上乗せする。

労働者が500ドル投入すれば、政府は250ドルを上乗せする。

オーストラリア税務局は、「低所得者または中所得者であり、スーパーファンドに個人的に非課税(税引き後)拠出を行っている場合、政府も最大500ドルまで共同拠出を行うことができる」と述べている。

「政府からの共同拠出は、所得と拠出額によって異なります。

「スーパー共同拠出の申請は必要ありません。

「確定申告の際に、適格かどうかを判断します。

“あなたのスーパーファンドがあなたの税務ファイル番号を知っていれば、自動的にあなたのスーパー口座に支払います”

2023-24会計年度のキャンペーンは、次の会計年度が始まる7月1日まで続く。

ATOによると、個人非課税スーパー拠出金とは、税引き後所得(または手取り)からスーパーファンドに支払われる金額である。

「これらの拠出金は、雇用主があなたのために拠出する強制的なスーパー拠出金に加えて拠出されるものであり、給与犠牲の取り決めによって拠出されたスーパー拠出金や、所得税控除として申請された個人拠出金は含まれない。


今週のお天気

日に日に寒くなっているメルボルンですが、最低気温がマイナスということで冷え込んだ朝を迎えられたと思います。木曜日の今日は比較的暖かく感じた人も多いのではないでしょうか。来週はスクールホリデーも始まる最後のターム週です。みなさま風邪などひきませんように。


  める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる企業様はメールにてお問い合わせください。

Likes:
0 0
Views:
106

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です