5月9日(木曜日)一気読みニュース

『桜の花に魅了され、何千人ものオージーが日本を訪れたこの春

有名な桜の花は今年も散ってしまうかもしれないが、日本を訪れたいというオーストラリア人の需要はかつてないほど高まっている。

今年の「桜」シーズンには、日出ずる国を訪れるオーストラリア人が急増した。

日本政府観光局によると、2024年第1四半期のオーストラリア人旅行者数は、2019年の同時期と比べて46%急増したという。

また、桜の開花が多い3月には、コビド前に比べて87.4パーセントの上昇となった。

ツアーオペレーターのInspiring Vacationsによると、日本の予約は昨年に比べてほぼ倍増したという。

「Inspiring Vacationsのポール・ライアンCEOは、「今年の桜の季節は、過去最高の旅行者数を記録しました。お客様からの圧倒的な反響に、私たちは2025年のさらに忙しいシーズンに向けてワクワクしながら準備しています。日本の自然の四季の美しさが、オーストラリア人にとって大きな魅力であり続けていることは明らかです」。

シドニー空港が発表した第1四半期の旅客データによると、オーストラリアへの日本人旅行者は2019年同期比で16.4%減と依然として減少している。

しかしJNTOは、有利な為替レートと両国間の新規就航便や航空会社の増便が、オーストラリア人の日本への旅行需要を後押ししていると述べた。

JNTOは、より多くのオーストラリア人がピークシーズン以外の旅行を希望し、日本国内のあまり知られていない目的地を求めるようになり、この好傾向は2024年も続くと予想している。

『メルボルンの郊外で事件。』

メルボルンの賑やかなショッピングセンターで、ナイフで武装したとされる男に勇敢な傍観者が立ち向かった瞬間のショッキングなビデオが公開された。

この男(30歳)は、金曜日の午後、テイラーズ・レイクスにあるウォーターガーデンズ・ショッピングセンターの店からナイフを持ち出し、センター内で振り回したとされている。

警察は、男が午後12時50分頃、センター内で21歳の男性と20歳の女性をナイフで襲い脅したと主張している。

ビクトリア警察の広報担当者は、この男は市民の協力により「迅速に逮捕」され、現在警察の捜査に協力していると述べた。

7Newsが入手した映像は、勇敢な傍観者たちが男を地面に押さえつける瞬間をとらえていた。

関係者の一人、ジェイク・ハーメズは、「ナイフを取り上げた後、私のいとこがやってきて、彼の上に飛び乗った」と7Newsに語った。

もう一人の目撃者、バーバラ・ペイスは、ボンダイ・ジャンクション・ウェストフィールドの大虐殺の再来を心配していたが、センターが封鎖されていることに気づいたと語った。

何のために封鎖されているのかわからないと、ちょっと怖くなりますよね。”何が起こるんだろう?”と思ってしまいます」と彼女は7Newsに語った。

「シドニーで起きたことで、私たちは皆、用心深くならなければなりません」。

シドニーのショッピングセンターで6人が殺害されたボンダイ・ウェストフィールド刺殺事件から3週間後、彼の脅迫容疑が浮上した。

国内では4月から5月にかけて、ナイフ犯罪の容疑が顕著に増加している。

ヘラルド・サン紙によると、現場に居合わせた買い物客は、ナイフを持った犯人と思われる人物から逃れるために店内に閉じこもったという。

警察によると、サンシャインの男は理髪店でグループを脅した後、心配した複数のメルバーニアンによって地面にタックルされたという。
「彼は床屋にいたのですが、彼の前にナイフを持って歩いていました。
「理髪店員たちは椅子を持って駆け出し、警察が来るまでなんとか彼を押さえつけた。

「店は全部閉まって、みんな中に閉じ込めた。警察はまだ彼をバリケードで囲い、安全にしています」。

警察によると、男は脅迫などしていないとのこと。

この事件を目撃した人、ダッシュカムの映像やCCTVを持っている人は、1800 333 000の犯罪防止センターに連絡するよう呼びかけている。

ビクトリア州警察とビクトリア州救急車が現場に急行した。

『カンタス航空、ACCCゴースト・フライト訴訟終結後に1億2000万ドルの和解金を請求される』

カンタス航空は、乗客に誤解を与えていたことを認めたため、同社のフライト・キャンセル・ポリシーの影響を受けた顧客に対し、最高450ドルの補償金を支払うことになった。

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は2023年8月、カンタス航空が2022年5月から7月にかけて8000便の「ゴーストフライト」の航空券を販売したとして、同航空に対して法的措置を開始した。

カンタス航空のゴースト・フライト・スキャンダルは、すでにキャンセルされたフライトの航空券を販売したこと、顧客にキャンセルを適切に通知しなかったこと、コヴィッド19の影響を受けた旅行に対して期限付きのフライト・クレジットを提供したことが中心であった。

カンタス航空は、10,000便の航空券保有者に旅程がキャンセルされたことを通知するのに平均18日を要したと非難された。

場合によっては、ACCCはカンタス航空が影響を受けた乗客に通知するのに48日かかったと主張した。

月曜日に発表されたカンタス航空とACCCの和解契約では、影響を受けた顧客は225ドルから450ドルの救済金を受け取ることになる。連邦裁判所で承認されれば、2,000万ドルの取り組みになると見積もられている。

カンタス航空は公式声明の中で、裁判所の承認が下りる前に是正措置を開始する意向であると述べた。

カンタス航空のバネッサ・ハドソン最高経営責任者(CEO)は、同社は顧客に対して適切なサポートを提供したと述べた。

「本日、カンタス航空の信頼回復に向けた新たな重要な一歩を踏み出すことができました。

「カンタス航空がコヴィッドの運航停止後に運航を再開した際、お客様を失望させ、カンタス航空の基準を下回ったことは認識しています。

「カンタス航空がキャンセルの通知をタイムリーに行わなかったことで、多くのお客様が影響を受けたことは承知しており、心からお詫び申し上げます。

「このようなことが二度と起こらないよう、カンタスグループ全体でプロセスを更新し、新しいテクノロジーに投資しています。

「お客様には、迅速かつシームレスな対応に努めてまいります。

「旅行への復帰は多くの人にとってすでにストレスフルなものであり、私たちは顧客に対して十分なサポートを提供できず、従業員をサポートするための技術やシステムも整っていませんでした」とハドソン氏は語った。

「この結果に至るまでACCCが協力してくれたことに感謝する。

この補償制度は86,000人以上の顧客に影響を与える。カンタス航空の報告によると、94%が国内線またはタスマンを横断する路線を利用しており、国内線の乗客の80%が最初の出発予定時刻から3時間以内に代替便の手配を受けた。

ACCCのジーナ・キャス・ゴットリーブ委員長は記者会見で、委員会は和解することで「法的な意味づけ」を避け、顧客への弁済を確保することを重視していると述べた。

「早期の和解と顧客への追加支払いと補償を得るために、サービスを提供するつもりがないにもかかわらず、サービスを販売し、代金を受け取ったという違反を認めるような要求は、もはや行っていません」とキャス・ゴットリーブ委員長は語った。

「私たちが非常に重要だと考えているのは、カンタス航空がすでにキャンセルを決めていたフライトの航空券を販売し続け、顧客を欺いたことを認めたということです。

『ボンザ、融資交渉の失敗で地上にとどまる』

格安航空会社Bonzaは、航空機の貸し手との交渉が行き詰まり、またしても経営が立ち行かなくなった。

Bonzaは声明の中で、5月8日から14日までの全便をキャンセルし、その期間中もスタッフは待機させると発表した。これは、Bonzaの管財人であるHall Chadwickが金曜日に、航空機の着陸を受けて火曜日までスタッフを解雇し、フライトをキャンセルしたと発表した後のことである。

「(Bonzaの)管理者は、接地された航空機が短期間で運航可能になるかどうかを判断するために、航空機の賃貸人と協議している」と声明には書かれている。

「管財人は、賃貸人が解約通知に基づく権利を引き続き行使し、独自の要件と取り決めに従って、保有車両を別の場所に再配置するよう努めることを遺憾ながら通知されました。

“これは困難な状況であり、管財人は当社の従業員や顧客を含むすべての利害関係者に大きな影響を与えることを認識している”

Bonzaは航空機を所有しておらず、代わりにリースしている。これらの契約は、航空会社が前月に債務不履行に陥ったため、4月30日に解除された。

Bonzaは、航空機の喪失にもかかわらず、運航再開に努めるとしている。

ABCの報道によると、約150人のスタッフが無給で解雇され、4月に働いた分の報酬が支払われないという知らせに、多くのスタッフが「悲鳴を上げて泣いて」いたという。

今日の裁判では、航空会社による航空券購入の補償がないまま、6万人近い顧客が放置されていることが明らかになった。

「管理者は、現時点では(Bonzaの)代理として払い戻しの手続きや発行をする立場にないことを確認している。

“フライトをキャンセルされたお客様は、金融機関に連絡し、利用可能なオプションについてご相談ください。”

最初の債権者集会は金曜日に開催される予定である。

『金利決定: RBA、5月の利上げを決定』

すでに13回の利上げと生活費危機によって打撃を受けている住宅所有者たちは、オーストラリア準備銀行が5月に金利を据え置いたことで、安堵のため息をついている。

RBAは3月にも金利を4.35%に据え置いて以来、初めて会合を開いていた。

理事会は、インフレは引き続き緩やかではあるものの、予想よりも緩やかに低下していると指摘。

景気の先行きは不透明であり、最近のデータからインフレ率を目標に戻すプロセスは平坦なものではないと警告している。

「理事会は、インフレ率が持続的に目標範囲に入るまでにはまだしばらく時間がかかると予想しており、上振れリスクに引き続き警戒していく。妥当な時間内にインフレ率が目標範囲に戻ることを最も確実にする金利の道筋は依然として不透明であり、理事会は何も決定していない」と、5月の決定を説明する声明で述べた。

「理事会は、データとリスク評価の進展に依拠する。その際、世界経済の動向、内需の動向、インフレと労働市場の見通しに引き続き細心の注意を払う」と述べた。

プロップトラックのシニア・エコノミスト、エレノア・クリーグは、11月の利上げを最後に、インフレの緩和がまだ続くと予想されるのは、経済、企業、消費者が大幅な利上げの影響を完全に受け入れるための調整を続けているためだと述べた。

「インフレ率は年明け早々に予想されたほど急速に低下していないが、小売売上高と消費は低迷しており、消費者心理は依然として低水準にある。

「3月期のインフレ率が予想を上回ったことで、インフレ率低下に向けた厳しい道のりが確認されたにもかかわらず、理事会は、年末までにインフレ率がさらに低下するとの見通しを維持している。

3月期のインフレ率が予想を上回ったことで、利下げ時期が先送りされたとはいえ、次の利下げはまだ先だろうとの見方が大勢を占めている。しかし、その時期は依然不透明である。

しかし、雇用が好調を維持し、インフレの抑制が難しいため、利上げが再び実施される可能性もある。

KPMGのチーフ・エコノミスト、ブレンダン・リン氏は、年末に利下げが実施される可能性があるまで、2024年の大半は金利が据え置かれると予想している。

「これに対する最大の脅威は、そしてインフレが再び上昇することに対する最大の脅威は、来週の予算で財政政策が拡大モードに入ることだ」と同氏は指摘した。

デロイト・アクセス・エコノミクスのパートナー、スティーブン・スミス氏は、RBAの様子見ゲームは続くと述べた。

「ひとつ確かなことは、景気減速を背景にしたインフレ対策という難問に財務大臣が直面するため、来週の連邦予算に注目が集まるということだ。

「3月期の消費者物価指数が予想を上回った後、RBAが金利を据え置いたことは、中央銀行が金利では供給主導のインフレを簡単に抑えることはできないと認識していることを示しているのかもしれない。

「何ヶ月も前から言っているように、経済のインフレは主に住宅、エネルギー、燃料費などの供給サイドの要因によって引き起こされている。利上げは後者2つのコストには影響を与えず、住宅コストを積極的に上昇させる。

また、保険料や学費の年1回の変更もインフレに影響している。

「一方、小売売上高の伸びは記録的な低水準にあり、突然復活する兆しはない。これはインフレの兆候ではない。

モーゲージ・チョイスのアンソニー・ウォルドロン最高経営責任者(CEO)は、5月14日に発表される連邦予算で生活費の軽減が期待される借り手にとって、金利据え置きの決定は歓迎されるだろうと述べた。

「最新のインフレデータは、近い将来の現金金利引き下げに対する借り手の希望を打ち砕いたかもしれないが、RBAは現金金利の変更を検討する前に、連邦予算と6月期のCPIを見るのを待つだろう」と同氏は指摘した。

『アンソニー・アルバネーゼ首相、学生負債から最大30億ドルを帳消しに』

アンソニー・アルバネーゼ首相が日曜日に発表した生活費対策により、資金繰りに窮するミレニアル世代をはじめとする数百万人のオーストラリア国民は、学生時代の借金を30億ドル削減されることになる。

若年労働者、独身者、ミレニアル世代のための予算が何もないという不満が何年も続いたが、連邦政府はついに、学生ローンの重荷と賃貸料の上昇に対処するための生活費対策に乗り出した。

HELPの負債を抱えるオーストラリア人は、こちらのHELP Indexation Credit Estimator(HELP指数化クレジット見積もり)を使って、この措置がどの程度恩恵をもたらすと見積もられるかを知ることができる。

この改革を昨年に遡及させることにより、昨年の指数引き上げの影響を受けた学生ローンは、この重要な生活費軽減措置を受けることができる。

政府は、昨年 6 月 1 日に存在したすべての HELP、VET Student Loan、Australian Apprenticeship Support Loan およびその他の学生支援ローン口座に対して、この軽減措置を遡及適用する。

平均的な HELP 負債が 26,500 ドルの学生は、法律が成立するまでの間、今年の HELP ローン残高から約 1,200 ドルが差し引かれることになる。

しかし、医学や法学を含む高額な学位、あるいは複数の学位について学んだ10万ドルの巨額の負債を抱える学生は、5000ドルが帳消しになる可能性がある。

ジェイソン・クレア教育相は、「これにより、300万人以上のオーストラリア人が抱える約30億ドルの学生負債が帳消しになる」と述べた。

「我々はこれを実行し、さらに前進する。この改革を昨年に遡る。これにより、昨年起こったことを一掃し、二度と起こらないようにする」と述べた。

この予算措置は、新卒ジャーナリストのケイトリン・キャシディの経済的苦境に関する報道を受けたものである。彼女は、文学士号を取得したものの、その後何年も大学に留まり、グローバル・コミュニケーション修士号とジャーナリズムのグラジュエート・ディプロマを取得し、合計3つの学位を取得した後、6桁のHECS負債を抱えたことを明らかにした。

「学生時代の借金を試算してみました。99,700ドルの負債を抱えて卒業し、約12,000ドルを返済しました」と彼女はXに書いている。

しかし、指数計算をすると、彼女の借金はさらに大きくなり、106,000ドルになる。ガーディアン』紙の教育担当記者によると、これは昨年の記録的なインデックス制の結果、7200ドル以上増えたという。

「3422ドル返済したので、借金は109.5万ドルではなく106万ドルですが、もし今年4%なら……また4240ドル増えて110万ドルになります。これが “負債スパイラル “というものです」と彼女は言う。

彼女はメルボルン大学で政治学とクリエイティブ・ライティングの学士号、グローバル・メディア・コミュニケーションの修士号、RMITでジャーナリズムのグラジュエート・ディプロマを取得している。

『MUJI AUSTRALIAに食品が追加』

無印良品は1980年に日本で食品から始まったブランドだが、2013年にオーストラリアに進出する頃には、ホームウェア、ステーショナリー、アパレルで知られるようになっていた。

2024年4月8日、無印良品は「最も人気のある」無印良品の食品をオーストラリアの店舗に初めて導入する予定であることを発表した。

オーストラリアの店舗で販売される食品の種類を増やす中、無印良品のカレー5種類のフレーバーが新たに発売されることが発表された。

キーマ、エビマサラ、グリーンカレーがあり、特に今年15周年を迎えるファンに人気のバターチキンカレーに焦点を当てている。

無印良品のマーケティング・広報担当マネージャー、ヴィンセント・タンは、オーストラリアに “象徴的な “カレーシリーズを紹介できることに興奮していると語った。

「人気のバターチキンを発売して10年半を迎えるにあたり、私たちは伝統の味を大切にし、美味しい体験を創造することに専念しています。

「リニューアルしたバターチキンカレーは、3種類のトマトをブレンドし、より豊かな風味を実現しました。

「また、ギーとカシューナッツを加え、ビロードのような食感を実現し、チキンの量を増やして、スパイスの香りをより強くすることで、より贅沢な味わいに仕上げました。

バターチキンカレーは、他の無印良品の食品とともに、全国の無印良品の店舗で販売を開始する。


            今週のお天気

徐々に寒さと日の短さを感じるメルボルンですが、最低気温が低くなり冬はもうすぐですね。今週は雨は少なそうですが、肌寒い日が続きそうです。陽が落ちると冷え込診始めました。暖かくしてお過ごしください。


  める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる企業様はメールにてお問い合わせください。

Likes:
0 0
Views:
26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です