5月30日(木曜日)一気読みニュース

『ビクトリア州で鳥インフルで日本輸入も禁止』

ビクトリア州で発生した2つの鳥インフルエンザ対策として、日本が米国と共同でビクトリア州からの鶏肉輸入を禁止した。

オーストラリアの農林水産省(DAFF)は、両国が一時的な輸入停止措置を導入したことをABCに確認した。

「影響を受ける品目や一時的な停止措置の程度は様々であり、農務省は、現在進行中の事態に関する情報を提供するため、関連する貿易パートナーと引き続き協力している。

オーストラリア鶏肉生産者協議会(Australian Chicken Growers Council)CEOのジョアン・シリンス(Joanne Sillince)博士によると、ビクトリア州の家禽を一時輸入停止にした数カ国のうち、日本と米国が2カ国であるという。

「彼らは国内の観客や農家の面倒を見なければならない。

「もちろん、一時的に農産物の輸入を禁止し、問題が解決したら、また私たちのところへ来て、輸入禁止を解除するという国もあるでしょう。

「私たちは、感染症が発生した国々に対して、このような措置をとってきた。

シリンス博士によれば、ほとんどの生鮮鶏肉は地元市場向けに生産されているため、輸出禁止が業界の収益に顕著な影響を与えることはないだろうという。

「大きな問題ではありません。オーストラリアは鶏肉製品や卵の輸出を少しは行っていますが、例えば牛肉や羊肉に比べれば大したことではありません。

「鶏肉はほとんど国内消費用であり、例外は鶏の足である。

貿易への影響を最小限に
オーストラリア農務省は、国際的な義務に従い、ビクトリア州における高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)の検出を世界動物保健機関に通知した。

「HPAIの発生は2024年5月22日に確認されましたが、撲滅活動の初期段階であり、これ以上の貿易への影響や、貿易相手国が国際的な義務に従って下した決定がいつ見直されるかを推測するのは時期尚早です」とDAFFのスポークスマンは述べた。

『2024年の世界最高の航空会社が決定』

AirlineRatings.comによると、カタール航空は世界最高の航空会社である。

ドーハを本拠地とするこの航空会社は、昨年の受賞者であるニュージーランド航空を抑え、2024年度の栄誉あるエアライン・オブ・ザ・イヤーのタイトルを獲得した。

カンタス航空は9位、ヴァージン・オーストラリア/アトランティック航空は10位だった。

審査委員会は5人の編集者で構成され、安全性と製品評価、フリート年齢、収益性、重大インシデント、複数の情報源からの乗客レビュー、革新性、前方フリートオーダーなど、さまざまな基準を考慮する。

審査員の間には100年以上の業界経験がある。

「私たちの客観的な分析では、カタール航空が多くの重要な分野で1位を獲得しましたが、トップ10は非常に僅差でした」と、エアラインレイティングス・ドットコムのジェフリー・トーマス編集長は声明で述べた。

「しかし、乗客のレビューでは、カタール航空がすべての航空会社の中でトップであり、その一貫性と高水準のサービス提供がフィードバックに表れている。

トップ25の2位は大韓航空、3位はキャセイパシフィック航空である。

ニュージーランド航空は4位に後退し、エミレーツ航空が5位、エールフランス/KLMオランダ航空、全日空、エティハド航空が続いた。

『自動車教習料金が最も高い州と最も安い州が明らか』

オーストラリアの若者が運転を習うのに最も費用がかかる州が明らかになった。

EzLicenceの最新の調査では、2500の郊外における運転レッスンの1時間あたりの費用を調査した。

そこから、どの州と郊外が最も高く、最も安いかを分析し、発見することができた。

最も高い州は南オーストラリア州(SA)で、1時間当たりの平均費用は108.78ドルだった。

南オーストラリア州の平均が3桁を超えたのはこの州だけで、次に高いACT州の81.41ドルとは27ドルの差がある。

クイーンズランド州、ビクトリア州、ニュー・サウス・ウェールズ州、西オーストラリア州(WA州)は、WA州の75.81ドルからクイーンズランド州の79.39ドルまで、僅差で並んでいる。

タスマニア州民は、1時間当たり69.44ドルと、同州の自動車教習料金が最も安いことに喜ぶことができる。これはタスマニア州とサウスカロライナ州の間で41ドルの差であり、最も高い郊外はアデレード南東部のアーブレーで167ドルである。

残念なことに、EzLicenceが現在営業していないノーザン・テリトリーだけが調査から漏れてしまった。

EzLicenceのトビ・ピアース最高経営責任者(CEO)は、専門家から運転を学ぶオーストラリアの若者にとって、運転教習にかかる高額な費用が障壁になる可能性があると述べている。

「ドライビングレッスンのエントリー価格が高いと、オーストラリアの若者は経験豊富な教師による専門的なアドバイスやレッスンの恩恵を受けられない可能性がある。

「我々の調査では、オーストラリア全土で州や都市によって運転レッスンの費用が大きく異なることが明らかになった。南オーストラリア州は、運転教習にかかる費用が最も高く、教習生の平均時給は108.78ドルである。多くの場合、南オーストラリア州の学習者は、他の州の学習者よりも30%以上高い料金を運転レッスンに支払っていることになる。

「より安いドライビング・レッスンを受けるために州を移動することは現実的ではないが、教習料金を節約する方法はいくつかある。新規ドライバーは、隣接する郊外の地元教官を調べ、1時間あたりの料金を比較すべきである。”

ウルブレーの次に高い郊外は、ヒルズLGAのマウント・バーカーで139.71ドル。一方、最も手頃な郊外はノースイースタンにあるライトビューで72.71ドル。

この2つの郊外には90ドルもの開きがある。

郊外別では、シドニー郊外で最も安いのはキャンベルタウンLGAのヴァロヴィルで63.78ドル、最も高いのはサザーランド・シャイアーのシルヴァニア・ウォーターズで89.57ドル。

メルボルン郊外で最も安いのはDrouinで65.88ドル、最も高いのはCBDとInner NorthのCremorneで88.92ドルである。

『チケットマスターで情報流出。』

ダークウェブ・グループのシャイニー・ハンターズが、チケットマスターとライブ・ネイションから数億件の顧客情報をハッキングしたと主張している。

このグループは、1.3テラバイトの顧客データを含む情報をダークウェブで50万米ドルで売ろうとしている。

オーストラリア人がこのデータ流出に巻き込まれているかどうかはまだわかっていないが、グループは5億6000万人分の情報を持っていると主張している。

グループは、名前、住所、連絡先、クレジットカード情報、チケット注文、クレジットカード情報、詐欺情報を盗んだと主張している。

もし情報が流出すれば、ハッキングに巻き込まれた人々に金銭詐欺やなりすましなど莫大な問題を引き起こす可能性がある。

チケットマスターはライブ・ネーションの子会社で、世界32カ国で営業している。

オーストラリアとニュージーランドだけで500万人以上の顧客を抱えている。

HackRead.comによると、シャイニー・ハンターズは有名なデータ流出事件を起こしたグループで、サイバー犯罪活動で知られるプラットフォーム、Breach Forumsのオーナーでもある。

先日、米司法省は、コンサート・プロモーターのライブ・ネイション・エンターテインメントとチケットマスターのライブ音楽業界における独占疑惑を解消するため、反トラスト法違反訴訟を起こした。

News Corpの報道によると、ライヴ・ネイションは市場支配的地位を乱用し、チケット代を吊り上げ、競合他社を締め出し、ファン、会場、アーティストの選択肢を狭めているとしている。

メリック・ガーランド米司法長官は、ライブ・ネイションは違法な反競争的行為に依拠し、ファン、アーティスト、小規模なプロモーター、会場運営者の犠牲の上に、米国のライブ・イベント業界に対する独占的支配を行使していると述べた。

「今こそライブ・ネイションを解体する時だ」と述べた。

NewsWireはチケットマスター社からのコメントを求めている。

『NDIS不正利用が深刻化、犯罪組織か』

全国障害者保険制度(NDIS)の監視団によると、社会サービスに対する犯罪的な不正行為は、以前から懸念されていたよりもさらに悪化しているという。

2022年、当時オーストラリア犯罪情報委員会のチーフであったマイケル・フェランは、NDISの障害者資金の5分の1が組織犯罪グループによって悪用されていると警告し、政府の取り締まりを促した。

NDISの今年度の予算は440億ドルと見積もられており、少なくとも80億ドル相当が犯罪組織によって悪用されていることになる。

フェラン氏は、NDISの質およびセーフガード委員会のコミッショナー代行を引き受けて以来、犯罪の影響は自分が思っている以上にひどいものであることを知った、と述べた。

「私は2022年、犯罪委員会の責任者という立場でそのような発言をした。

「私がそのような評価を下したとき、私たちは完璧な情報を持っていたわけではなく、委員会内部の情報から得たものしか持っていなかった。

NDISは、連邦政府の帳簿の中で最も高額な項目のひとつであり、政府が費用の上昇を抑える方法を見つけなければ、持続不可能なほど高額になる可能性がある。

ビル・ショーテンNDIS相は、先週の連邦予算の一部として、NDISの財政的な負担を軽減する方法を発表した。

詐欺師を根絶するための「近代的インテリジェンス」資金援助
また、NDIS品質・セーフガード委員会の機能強化に1億6,000万ドルが計上された。

政府は、この改革と事業者の取り締まりにより、今後4年間に予想されるNDIS費用の増加分144億ドルを節約できるとしている。

ショーテン氏は、この改革は時宜を得たものだと述べた。

「この10年間、障害者や納税者から金をむしり取ることのないよう、近代的な調査や監視が行われてきた。

フェラン氏は、規制当局は「1990年代のデータ」と、一致しないデータベースで仕事をしようとしてきたと述べた。

最新の情報技術によって、規制当局は「問題になる前に」先手を打つことができると述べた。

最新のNDIS問題についての説明
NDISの変更に道を開く法案の議会公聴会が始まる中、政府間の対立が再燃している。以下はその内容である。
「この法案により、私たちはよりタイムリーなサービスを提供することができるようになり、システムからコストを削減することもできるようになります。

「私たちはより多くの情報を得ることができるため、不正なプロバイダーをシステムから排除することができる。

同監視委員会は広範な犯罪的不正行為に対処しているが、それには時間がかかると述べた。

また、NDISコミッショナーには、参加者の虐待や危害、ネグレクトを防止するために行動を起こす権限が与えられる。

『メルボルンの象徴的なイタリアンレストランが40年の歴史に幕を閉じる』

活気ある雰囲気、本格的なイタリア料理、ディナーサービス中の「セレナーデ」で知られるメルボルンの象徴的なレストランが、40年の営業を終えて閉店した。

以前はラ・コンタディーナとして知られていたオリーヴ・ジャーは、熱心な顧客層とイタリア料理の本場カールトンに近かったことから、この40年間なんとか繁盛してきた。

オーナーのジョバンニ・ミーコは、閉店は複雑で、最終的には「とても悲しい」決断だったとnews.com.auに語った。

「メールや電話での問い合わせの多さといったらありません。

「私たちは常に大きな家族の一員だと思っていましたから」とミーコ氏は語った。

ラスダウン・ストリートにあるこの人気レストランは、ミーコ氏の指揮のもと、フランク・シナトラの『マイ・ウェイ』を片手に、「注文を受けてから作る」生パスタを出すことで知られていた。

「みんな一緒になって楽しんでいたよ。

「パンデミック(世界的大流行)の中、人々はリラックスできる場所に行き、同時に楽しませてもらっていると感じていた。

ある常連客は、このレストランは家族にとって “特別な場所 “であり、オリーブの壺が “恋しくなる “一方で、”思い出が続くことに感謝している “と語った。


            今週のお天気

暖かい日も続いているメルボルンですが、5月もいよいよ終盤。今週には6月に突入します。

気温もお天気も落ち着きそうな予感のメルボルンです。素敵な一週間をお過ごしくださいね。


  める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる企業様はメールにてお問い合わせください。

Likes:
0 0
Views:
27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です