4月4日(木曜日)一気読みニュース

『ジェットスターシドニーから大阪までの直行便を開始!』

ジェットスターが2大都市間の人気路線を復活させた。

この格安航空会社は、シドニー-大阪(関西)間の国内唯一の直行便を正式に再開し、今朝初便が離陸した。

同路線は、格安航空会社が15年ぶりに運航するもので、ボーイング787ドリームライナーで週3便の往復便を運航する。

「オーストラリア人の日本への人気は衰えることを知らず、円に対する豪ドルの強さは、日本が今信じられないほど手頃な価格であることを意味します」と、ジェットスターの顧客関係担当エグゼクティブ・マネージャー、ジェン・アーマーは声明で述べた。

「オーストラリアから日本への直行便はこの半年で3便目、大阪へは2便目となります。

「日本の食の中心地である大阪には、素晴らしい夜市や屋台、ミシュランの星付きレストランなど、オージー旅行者に多くの魅力があります」。

東京に次いで日本で2番目に大きな都市である大阪へのシドニー発の料金は、わずか363ドルからとなる。

『夏時間(デイライトセービング)が今週末に終了!』

今年もサマータイムが終了し、時計の針を戻す時期がやってきた。

サマータイムは毎年4月の最初の週末に終了し、今年は4月7日(日)がその日である。


夏時間はいつ終わるのか?

サマータイムは4月7日(日)の午前3時(現地時間)に終了する。

サマータイムは10月6日(日)の午前2時まで復活しない。

影響を受ける地域は?


ビクトリア州、ニューサウスウェールズ州、オーストラリア首都特別地域、タスマニア州、南オーストラリア州の住民は、4月7日の午前2時に時計を1時間戻す必要がある。

つまり、午前3時に目覚める人は、その時に時計を合わせるか、朝の目覚ましを聞き逃さないよう、寝る前に時計を合わせることになる。

インフルエンザ症状、去年と同じ

オーストラリアでは、2024年の開始以来、すでに100カ所近くの急速充電サイトが新たにネットワークに加わっており、今後1年間で電気自動車充電ステーションの数が倍増する勢いだ。

連邦エネルギー省が発表した新しいデータによると、オーストラリアは直流急速充電ステーションが合計900カ所に近づいており、2年前と比べて90%増加している。

これは、アルバネーゼ政権が今週、よりクリーンな自動車をオーストラリアに輸入するよう自動車メーカーに奨励するため、燃費基準の更新を議会で発表した際に発表されたものである。

現在、通常のEV充電ステーションは全国に約3,000カ所、個別のプラグとソケットは7,000カ所ある。

オーストラリアの道路を走る電気自動車は約19万8000台で、その3分の2は2022年以降に購入されたものだ。

クリス・ボーウェン気候変動・エネルギー相は、この新しい数字を賞賛し、より多くのオーストラリア国民が電気自動車を走らせることができるよう、政府は「迅速に取り組んでいる」と述べた。

オーストラリア自動車協会が最近発表した数字によると、1月までの12ヵ月間に87,200台以上の電気自動車が販売された。

連邦政府が2030年までに新車からの排出ガスを61%削減するという大胆な目標を達成するには、電気自動車の販売台数を大幅に増やす必要がある。

一部の自動車メーカーからの圧力に直面した労働党は、火曜日に新しい自動車効率基準を議会に提出した後、新車の軽自動車と大型SUVに対する汚染上限規制案を縮小した。

更新された規則では、メーカーが罰金を回避するには、新車の小型商用車の平均排出量を今後5年間で50%削減する必要がある。

テスラやポールスターを含む電気自動車メーカーは、新車販売から排出権を得ることができるため、この制度の主な受益者となる可能性が高い。

『オーストラリア国民が、クレジットカードの利用を増やしている生活費高騰。』

生活費の危機により、多くのオーストラリア人がクレジットカードの支払いを滞納している。

クレジットカード利用者の8人に1人以上が、毎月の最低返済額を30日以上滞納しており、これが手数料や支払利息の増加の引き金となっている。

また、住宅ローン返済の高騰を含む請求額の急増は、多くの家庭の貯蓄を崩し、220万人がクレジットカードの限度額を変更している。

全国で、クレジットカード保有者の20人に1人が過去1年間に限度額を増やした。

金融比較グループのファインダーが発表した憂慮すべきデータは、準備銀行が経済的苦痛が続く可能性に警鐘を鳴らす中で発表された。

労働生産性の低下は、利下げを遅らせたり、インフレ率を押し上げる可能性がある。

ファインダーの消費者調査責任者グラハム・クック氏は、多くの人がクレジットカードに頼っているのは、貯蓄が非常に少ないからだと述べた。

生活費の高騰は家計の脆弱性を露呈している。

突然、支出が大幅に増えた世帯もあり、その差額を補うためにプラスチックに手を出している」。

『ケミストウェアハウスのの大規模合併案により、薬局の価格が上昇し、患者のケアが危険にさらされる可能性がある!。

大手調剤薬局2社が計画している大合併について、競争監視委員会が調査を開始する中、オーストラリアの消費者は大損害を被ることになりかねないと批判的な声が上がっている。

12月、ケミスト・ウェアハウスと、アムカルやディスカウント・ドラッグ・ストアなどのブランドを所有するシグマ・ヘルスケアが手を組み、88億ドルの巨大コングロマリットとなることが発表された。

オーストラリア競争・消費者委員会(Australian Competition and Consumer Commission)が現在審査中のこの取引は、新会社を「比類のない巨大薬局」にするだろうと、RMIT大学のエンジェル・チョン准教授(金融学)は語った。

歴史的にも経済理論的にも、このような合併は消費者にとって諸刃の剣となりうる、とZhong准教授は言う。

もしこの巨大な取引が承認されれば、「オーストラリア人が薬やその他の健康食品を手に入れる方法を根本的に作り変える」ことになるという。

ケミスト・ウェアハウスの広報担当者は、声明の中で次のように述べている: 「ケミスト・ウェアハウスは、可能な限り低価格で高品質の製品を消費者に便利に提供することで、そのビジネスと名声を築いてきました。これは合併後も変わりません」と述べている。

シグマはこの記事のためにコメントを求めたが、返答はなかった。

競争と患者ケアのリスクとは?

12月に合併案が報じられた際、オーストラリア薬局組合は「患者ケア、地域薬局の所有権、競争」に対するリスクを警告した。

「何十年もの間、地域薬局モデルは、患者のケアよりも利益を優先することなく、重要で命を救う薬への患者のアクセスを保証してきた。

「この結果の基本は、薬剤師が所有する地域薬局であり、医薬品、医薬品管理、カウンセリング、患者ケアに関連する注意義務と臨床ガバナンスの責任から、所有する地域薬局の数を制限することである。

また、医薬品は “通常の商業品目 “として扱うべきではないとし、規制当局は “地域薬局部門における企業化の進展 “を警戒すべきであると述べている。

『行楽生活費危機にもかかわらずオージーが散財している意外なアイテムは?』



オーストラリア全土のベーカリーは、昨年と比較して地元のパン・菓子店での消費額が8%増加しており、消費者の生活費不足に立ち向かっていることが、大手4銀行のデータから明らかになった。

ウェストパックのDataXプログラムによると、1月と2月にオーストラリア人がパン屋で支出した金額は、昨年同期比で8%増加した。

消費者は家賃や住宅ローン、スーパーマーケットのコスト上昇に悩まされているにもかかわらず、ウェストパックのビジネス・ローン担当マネージング・ディレクター、シェーン・ハウエル氏は、人々が比較的安価な商品で散財しようとしているのは理にかなっていると述べた。

「パイやペストリーは人生のささやかな贅沢のひとつであり、自分へのご褒美として、レストランでの食事に比べて比較的安価なパイやペストリーを食べるのは良い気分だ。

ハウエル氏は、ウェストパックの四半期ビジネス・スナップショットのデータによると、多くの企業が楽観的な見通しを持っていると付け加えた。

「我々の顧客は、2024年に向けて良い位置につけている。

「20-200人の従業員を抱える企業経営者の92%が、今後12ヶ月の間に投資や事業拡大を検討していると回答しています。このような自信が輝いているのを見るのは素晴らしいことだ。

『暴風雨後のビクトリア州ビーチの水質は「悪い』

ビクトリア州の30以上のビーチが、州をまたいだ大雨の後、遊泳に危険とされた。

環境保護局はビクトリア州のポート・フィリップ湾の水質を調査し、「悪い」と評価した。

同湾で遊泳に安全と評価されたビーチはひとつもなく、影響を受けたビーチはポートシーからメントーン、そしてアルトナまで広がっている。

合計36のビーチがこの評価を受けた。

EPAのチーフ環境科学者であるマーク・テイラーは、大雨の後、湾はしばしば汚れ、汚染されると述べた。

「大雨が降ると、車や糞便など、あらゆるものが川に流され、水系に入り、海に流れ込みます」とテイラー氏はAAPに語った。

「最終的には、人々が汚染にさらされないようにという、健康に基づいた警告なのです」。

彼は、油や木片などの残骸が、他の泥に混じって水中で発見される可能性があると述べた。

ビクトリア州では月曜日に1ヶ月分の雨が降った。

重傷または死亡」: ホンダ燃料ポンプのリコール、数千台に影響』

燃料ポンプの欠陥により、数万台のホンダ車がリコールされる。

連邦運輸省によると、52,051台で、製造上のミスにより走行中にエンジンがストールしたり、始動できなくなったりする可能性があるという。

2017年から2020年に製造されたホンダの一般的な9車種の全バリエーション(アコード、シティ、シビック、シビックタイプR、CR-V、ホンダオデッセイ、HR-V、ジャズ、NSX)が影響を受ける。

「不適切な製造工程により、燃料ポンプ内の部品が膨張し、燃料ポンプが作動しなくなるおそれがある」と、政府のリコール通知には書かれている。

「燃料ポンプが作動しなくなると、エンジンが始動しなくなったり、走行中にエンストしたりする恐れがあります。これは事故の危険性を高め、車両の乗員や他の道路利用者に重傷を負わせる恐れがあります。

警告 この安全上の欠陥により消費者にもたらされる危険には、重傷または死亡に至る事故のリスクが含まれる。”

所有者には郵送で連絡があり、ホンダのサービスセンターに車を持ち込むよう指示される。

台湾でM7.7の地震、9人死亡 負傷者千人超、建物倒壊』

台湾の気象当局によると、3日午前7時58分(日本時間同8時58分)、東部沖を震源とする大きな地震があった。日本の気象庁は地震の規模をマグニチュード(M)7.7と推定している。台湾の消防によると東部の花蓮で9人が死亡し、各地で千人余りが負傷した。花蓮の観光地付近などで、最も多いときで計約150人と連絡が取れなくなった。気象庁によると沖縄県与那国島では震度4で、津波も観測した。沖縄本島地方などで一時、津波警報が出た。住民らが避難した。

引用先Yahooーニュース


            今週のお天気

イースターホリデーも終了し、スクールホリデーも2週目に入りますが、後半に向けて

気温もだいぶ低くなり、かなり肌寒い日もすでに出てきたメルボルン。気温の変化が激しいので

皆様体調管理にお気をつけてくださいね。


  める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる企業様はメールにてお問い合わせください。

める暮らしでは広告を掲載されたい団体、企業様も募集しております。

Likes:
0 0
Views:
27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です