4月18日(木曜日)一気読みニュース

『気象省 エルニーニョ終了を発表』

猛烈な夏を戦い抜いた。気象局がエルニーニョの終息を公式に宣言したことに安堵のため息をついている。

同局は火曜日、エルニーニョ-南方振動(ENSO)が中立に戻ったことを確認した。

ラニーニャ現象の可能性が宣言されるまで、太平洋のこの現象は少なくとも7月まで続くと予想されている。

しかし、スカイニュースのシニア気象学者ロブ・シャープ氏は、ラニーニャ現象が起こるかどうかを予測するのはまだ早すぎると述べた。

「私は、今後数ヶ月の間にラニーニャ現象へと劇的に変化する可能性が高いと信じている。

「これは、エルニーニョからラニーニャに移行した歴史、太平洋直下の非常に冷たい海水、ラニーニャが発生するというモデルの強いコンセンサスなど、多くの要因に基づいている。

同局はまた、ラニーニャ現象の初期予測は “慎重に “行うよう警告している。

「7つの国際モデルのうち3つが7月に中部太平洋の海面水温がラニーニャのしきい値に達すると予測しているが、エルニーニョとラニーニャの予測は、秋の半ばに行われるため、他の時期に行われる予測よりも精度が低くなる傾向がある。「つまり、7月以降のENSOの予測は慎重に行う必要がある。

エルニーニョ現象が終息したと宣言されるには、海洋と大気のすべての指標が正常に戻る必要がある。

同局は、太平洋中央部の海面水温が12月以降着実に冷却していることを確認した。

同局によれば、「この2週間でかなり冷え込み」、過去の閾値がENSOの中立期に達したことを示す指標となった。

『ボンダイ・ジャンクションで起きた刺殺事件に世界が反応』

シドニーのウェストフィールド、ボンダイジャンクションでナイフを持った男が大暴れしたというニュースが世界的なニュースとなり、世界中が恐怖に包まれた。

土曜日の午後3時20分、NRLのジャージーを着た男が女性と生後9ヶ月の赤ん坊を含む買い物客を手当たり次第に刺し始め、6人の死亡と多数の負傷者が確認された。

パニックに陥った家族が逃げ惑う中、9人が刺され、犯人は勇敢にも単独で立ち向かった女性警察官によって射殺された。

ボンダイジャンクションで起こった異常な事件は、世界中の何百万人もの人々が流血に動揺するなか、すぐに世界最大のニュースメディアのトップページを独占した。

ニューヨーク・タイムズ紙は、目撃者の証言やニューサウスウェールズ州警察の最新情報を伝えるライブ・ブログを掲載した。

CNN、New York Post、The Guardian UK、Times of India、その他多くの主要な国際ニュースサイトでもトップニュースとなった。

日曜日の朝、BBCのトップニュースは “Knifeman rampaged through Sydney mall as shoppers ran for their lives”(ナイフ男がシドニーのモールで暴れ回り、買い物客は命からがら逃げ出した)だった。

ニューヨーク・タイムズ紙は、このテロをオーストラリアにおける「ここ数十年で最も致命的な集団暴力行為」のひとつと評した。

家族連れや子供たち、海水浴客に人気のある賑やかな地域で週末に起こった暴挙の暴力性は、オーストラリア人を唖然とさせた」と『タイムズ』紙は報道している。

世界中のソーシャル・メディアがシドニーに住む親愛なる人々を気遣う声で盛り上がるなか、世界の指導者たちがオーストラリア国民に支援のメッセージを送った。

ニュージーランドのクリストファー・ルクソン首相は、世界の指導者の中で最初に哀悼の意を表した。

「オーストラリアは家族です。だから、ニュージーランド国民は皆、ボンダイでの悲劇的な出来事に見舞われた人々、特に今日犠牲となった人々の家族や友人のことを思っている。ニュー・サウス・ウェールズ州警察、第一応答者、そして一般市民の勇気は並々ならぬものです」。

『アルディがロイ・モルガンの顧客満足度アワードで4年連続スーパーマーケット・オブ・ザ・イヤーに選ばれる』

国内有数の顧客満足度賞で、アルディが2023年のスーパーマーケット・オブ・ザ・イヤーに輝いた。

市場調査グループのロイ・モルガンは、毎年恒例の顧客満足度賞で、コールスやウールワースのような他社を抑え、2023年のトップ・スーパーマーケットにこの食料品チェーンを選出した。

アルディの受賞は4年連続、通算では7回目となる。

ロイ・モーガンの調査によると、スーパーマーケットでの対面での顧客対応に基づくアルディの平均顧客満足度は95.7%であった。

また、アルディは2023年にかけて34億ドルの節約をオーストラリア国民にもたらしたという。

アルディ・オーストラリアのグループ・ディレクター、サイモン・パドヴァーニ・ギニーズ氏は、今回の受賞は買い物客への “継続的なコミットメント “を反映したものだと述べた。

「このような賞の受賞は、我々の素晴らしいチームと供給パートナーの努力の賜物です。

「消費者がより良い価値を求め続けている今、オーストラリア人に最高品質の製品を可能な限り低価格で提供するという約束を守り続ける必要性を、かつてないほど痛感している。

パドヴァーニ・ギニーズ氏は、生活費危機の中、”オーストラリア人の懐に実質的なお金を戻す “ことができたことを誇りに思うと繰り返した。

ロイ・モルガンは、毎年6万人以上のオーストラリア人を対象とした対面調査を通じて、顧客満足度、信頼と不信、エンゲージメント、ロイヤルティを追跡調査している。

同社の顧客満足度賞は、オーストラリアの有名企業280社以上を代表している。

38の受賞者のうち、P&N銀行はバンク・オブ・ザ・イヤーに輝き、コモンウェルス・バンクはメジャー・バンク・オブ・ザ・イヤーを受賞した。

『保健省とABS、2024年のオーストラリアにおけるCovidによる死亡者数の減少を発表』

長年にわたる恐怖と閉鎖の末、2024年、コビドによるオーストラリアでの長い支配に終止符が打たれるかもしれない。

保健・高齢者医療省のデータによると、今年に入ってからの4ヵ月間、コビッドに関連した死亡者数は明らかに着実に減少しており、7日間の平均死亡者数は1月上旬の約10人から4月上旬には5人を下回った。

3月上旬以降、平均死亡者数は一貫して5人未満で推移しており、2020年3月の呼吸器ウイルス発生以来最低の数字となっている。

このデータはNational Notifiable Diseases Surveillance Systemによるもので、ウイルスに関連した死亡を記録しているが、他の慢性疾患などの要因もコビッドに関連した死亡に寄与したり、死亡の原因となっている可能性があると指摘している。

オーストラリア統計局が2月下旬に発表したコビドによる死亡率に関する最新データも、このウイルスが依然として致死的な脅威である一方、その致死率は低下している可能性を示唆している。

2022年1月、ABSは1646人のコビッドによる死亡を記録したが、2023年1月は753人であった。

2024年1月の死亡者数は189人であったが、ABSは、統計機関に死亡者登録が追加されれば、この数字は増加するだろうと警告している。

ABSは、「2023年のすべての月において、Covidによる死亡は2022年の同等の月のレベルを下回っている」と述べた。

保健省は、Covid検査が減少していることから、7日間の平均値は慎重に読むべきであると警告している。

「コビド検査の減少により、コビドに起因する死亡はコビドによる死亡を著しく過小評価することになる」と同科は述べている。

ディーキン大学のハッサン・ヴァリー准教授(疫学)は、死亡者数の減少は、2020年3月に世界で爆発的に流行して以来、コビッドの脅威が全体的に低下していることを示唆していると述べた。

「ワクチン接種と先行感染による免疫力の向上、治療法の改善、ウイルスに対する理解の深まりによって、コビドが出現して以来、社会に与える影響が根本的に変化したことを示すものである。

オーストラリア国立大学の感染症専門家であるサンジャヤ・セナナヤケ准教授は、オミクロン変異型の流行も感染者数減少の要因であると示唆した。

『ABSのデータで明らかにコスト上昇で野菜や果物を食べる量が減り、牛乳を飲む量も減っている。』

オーストラリア人は野菜や果物を食べる量が減り、牛乳を飲む量も減っている。

オーストラリア統計局(ABS)が発表した新しいデータによると、2022-23年にオーストラリア人が購入した食品は前年より約3.9%減少し、1日当たり63g(337kj)減少した。

野菜が1人1日当たり14gと最も減少し、次いで果物が1人1日当たり12g減少した。

乳製品も11g減少し、ノンアルコール飲料は9g減少した。

「ABSの健康統計スポークスマンであるポール・アティオは、「2022-23年の1人1日あたりの野菜摂取量は186gで、2021-22年の200gから減少した。

「また、2022-23年には果物を1日150gから138gに、乳製品は278gから267gに減少した。

金曜日に発表されたデータでは、推計値が下がったのは最近の食品価格のインフレが原因だとしている。

2023年6月までの2年間で、食品と非アルコール飲料の消費者物価指数(CPI)の累積上昇率は13.9%であった。

「最近の食品の値上げは、消費者物価の全般的な上昇とともに、2022-23年の食品小売業の売上高が前年を上回っているにもかかわらず、食品の購入量が減少していることと一致している」とABSの報告書は述べている。

『マグパイのモリー、当局に保護されてから6週間後ペギーと再会』

インスタグラムで有名なマグパイが、6週間以上も宙ぶらりんの状態だった後、ゴールドコーストの夫婦のもとに戻された。

マグパイのモリーは、3月1日にクイーンズランド州環境科学イノベーション省(DESI)に自主的に引き渡された。

DESIは、この鳥を飼育していたジュリエット・ウェルズとリース・モーテンセン夫妻が野生から連れ去り、「許可、免許、権限を持たずに不法に」飼育していたとして、この鳥を押収したと発表した。

モリーの押収に対する世論の反発はすさまじく、州首相や伝説のサーファー、ケリー・スレーターまでもがこの鳥の返還を主張した。

先週、DESIは厳しい条件下でモリーをウェルズさんとモーテンセンさんに返すことに同意した。

月曜日に同局は声明を発表し、「特別許可」を承認し、「カササギのモリーを巣立ちの時に保護した夫婦に返した」と述べた。

「モリーを返すという決定は、1992年の自然保護法に従い、広範な法的助言を受けて下された」と声明は述べている。

ウェルズさんとモーテンセンさんは、月曜日に広報を通じて発表された声明の中で、「生活がすぐに通常の状態に戻る」ことを楽しみにしていると述べた。

『バリ島でデング熱患者が増加、DFATが新たな助言を発表』

ソーシャルメディアがデング熱に感染した観光客の報告で埋め尽くされるなか、政府はバリへ旅行するオーストラリア人にデング熱に注意するよう警告している。

ティージェイ・バラット氏は、フェイスブックのバリ島に関するアドバイスのページに書き込み、蚊が媒介するこの病気は、人気のある島の休暇先で「猛威をふるっている」と警告した。

「みなさん、蚊よけ対策は万全にしてください。

「現在、デング熱が猛威をふるっています。

「旅行中の友人たちは、15歳の息子がBIMC(病院)でこの恐ろしい病気と闘っています」。

インドネシア語のウェブサイトNusaBali.comも、2024年初頭にデング熱患者が “大幅に “増加すると報告している。

世界保健機関(WHO)によれば、デング熱は蚊に刺されることで感染し、激しい頭痛、目の奥の痛み、筋肉痛、関節痛、吐き気、嘔吐、腺の腫れ、発疹などの症状が現れる。

「デング熱に特効薬はありません。WHOによれば、「デング熱に対する特別な治療法はありません。

オーストラリアの保健当局は、近年バリから帰国した人々のデング熱感染が増加していることを報告しており、政府のスマート・トラベラー・アドバイス・サービスは、旅行者に虫除けスプレーを使用し、ゆったりとした明るい色の長袖の服を着用し、予約した宿泊施設が蚊の侵入を防ぐものであることを確認するよう勧めている。

外務貿易省の広報担当者は、デング熱は11月から3月までのインドネシアの雨季によく見られると警告している。

「デング熱を予防する最善の方法は、蚊に刺されないことです。

“政府は、すべての旅行者が旅行前にSmartravellerに掲載されているインドネシアの旅行アドバイスや、感染症やデング熱に関するアドバイスを読むことを勧めている。”

デング熱はバリ、ジャカルタ、その他の主要都市を含むインドネシア全土で発生している。

インドネシアは、その文化的パワー、自然の美しさ、手頃な価格で、毎年100万人以上のオーストラリア人旅行者を魅了している。

Bupa Travel Insuranceのデータによると、2023年、この熱帯の保養地はオーストラリア人の旅行先として第1位となり、米国、ニュージーランドがそれに続いた。

ニューサウスウェールズ州ではCovid19ワクチンが数千人の死亡を防いだ可能性が高い』

オーストラリアのCovid-19ワクチン接種キャンペーンにより、2021年から2022年にかけてニューサウスウェールズ州だけで約18,000人の死亡が予防された可能性が高く、ワクチン未接種者の死亡率はワクチン接種者の約8倍であったことが、新たな研究で明らかになった。

RMIT大学とモナシュ大学の新しい研究によると、オーストラリアのCovid-19ワクチン接種キャンペーンは、2021年8月から2022年7月までの間に、ニューサウスウェールズ州の50歳以上の17,760人の死亡を防いだ可能性が高い。

南オーストラリア大学のエイドリアン・エスターマン教授(生物統計学)は、「もしワクチンがなかったら、Covid-19による死亡率はどうなっていただろうか」と、データ駆動型の反事実的アプローチを用いて研究を行った。

エスターマン教授によると、「オーストラリア政府の公式データセットにアクセスすることは、多大な努力にもかかわらず不可能であった」ため、50歳以上の高齢者に焦点を当て、ニューサウスウェールズ州のデータのみを使用した研究者らは、ワクチン未接種の人は、2回以上接種した人に比べ、Covid-19死亡率が7.7倍であることを発見した。

「予防接種を受けていない人と1回以上接種した人を比較すると、死亡率は11.2倍になります」とエスターマン教授は述べた。

「ワクチン接種プログラムがなかった場合、48週間で、21,250人のコビッド関連死があったと推定される。

「ワクチン懐疑論者が持ち出す間違いの一つは、コビッドに関連した死亡の大部分はワクチン接種を受けた人であり、したがってワクチンは効かない、あるいは死亡の原因にさえならないというものである
メルボルン大学疫学・生物統計センターの疫学者であり、公衆衛生医学の専門家であるトニー・ブレイクリー教授は、「ワクチン接種率が高ければ、感染を減少させるというプラスの波及効果があっただろう」として、この研究で回避されたと推定される死亡者数はおそらく過小評価であろうと述べた。

将来のパンデミックでは、ワクチンが死亡を食い止め、ウイルスを感染させないという両方に優れていることを望みます。

「とはいえ、今回のパンデミックでは、私たちが持っていたワクチンでは、排除戦略をとり、私たちのほとんどがワクチンを接種するまで開戦を遅らせることが、(明らかに)私たちが追求しうる最も悪い選択肢であった。

ニューサウスウェールズ州ワガワガ近郊の土地で500頭以上の馬の死骸が発見される』

ニューサウスウェールズ州当局は、同州南部の違法馬具工場で数百頭の屠殺された馬が発見されたとして捜査を進めている。

ワガワガ市議会は、馬の死骸がワガワガ近郊の乾燥したクリークベッド周辺に投棄されていたとの報告を受け、ニューサウスウェールズ州警察およびその他の機関とともに捜査を指揮していると発表した。

500頭以上の馬が長期間にわたって屠殺されたようだという。

カウンシルのピーター・トンプソン・ゼネラルマネージャーは、4週間前にその土地を訪れた様々な機関から12〜15人のグループの中にいた。

トンプソン総務部長は、それは大変な光景だったと語った。

「500頭もの(馬の)死骸を目の当たりにすると、かなり衝撃を受けると思います。

「その馬を土で覆い隠そうとしていた。

「その試みは、私たちが到着する数日前にも行なわれていた」。

トンプソン氏は、違法な畜産がいつから行われていたのかは確認できなかった。

「これらの死骸の中には、骨格だけのものもあれば、比較的最近殺されたものもある。

ワガワガのマイケル・ヘンダーソン議員は、この発見には仰天したと語った。

「私たちを驚かせました。特に馬の死骸の数が多い。

「この地域らしくない」。


            今週のお天気

スクールホリデーも終わって、週も半ば。少しづつ肌寒くはなっていってますが週末にかけてはお天気になり少し暖かくなりそうですが、お天気は崩れそうです。素敵な1週間になりますように。


  める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる企業様はメールにてお問い合わせください。

める暮らしでは広告を掲載されたい団体、企業様も募集しております。

Likes:
0 0
Views:
11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です