3月14日(水曜日)一気読みニュース

『オージーのプロサーファーフランスオリンピックに日本から出場決定』

オーストラリア出身のサーファー、コナー・オリアリーは、昨年正式に母親の生まれた国に忠誠を誓い、2024年パリ・オリンピックの日本代表に選出されたという。

シドニー南郊のクロヌラで育ったオリアリーは、2022年にハンティントン・ビーチで開催された予選イベントで優勝し、追加枠を獲得したため、水曜日に日本サーフィン連盟から男子3人目の出場権を与えられた。

オリンピックの出場枠は、ほとんどのチームが男女各2名ずつに制限されている。

「2024年のパリオリンピックに日本代表として出場することを正式に発表できて、とても興奮しています。素晴らしい機会を与えてくれたNSAとJOCに感謝します。タヒチに行きます」とオリアリーはインスタグラムでコメントした。

パワフルなグーフィーフッター(右足を前に出して立つ)であるオリアリーは、五輪会場となるタヒチのテアポオを含むヘビーチューブの波に慣れており、2020年東京五輪銀メダリストの五十嵐カノアや稲葉玲王を擁する日本チームにとって大きな力となるだろう。

松田詩野は、2024年パリ大会の日本代表資格を持つ唯一の女子選手である。

30歳のオリアリーは、昨年の世界選手権プロツアーで11位に終わり、オーストラリア五輪代表の男子2枠を獲得したジャック・ロビンソンとイーサン・ユーイングの下となった。

オリアリーは日本語を話すことができ、数年前から競技用シャツに日本の国旗を掲げていたが、ハワイでの開幕2大会での堅実な成績の後、現在5位にランクされている世界ツアーに正式に日本代表として参加することになった。

2005年、主にイギリス系オーストラリア人の群衆が中東系の人々を襲撃し、数十人が負傷したクロヌラで育ったオリアリーは、2023年に忠誠を誓うことを発表した。

「子供の頃は、オーストラリアの文化に馴染み、学校に溶け込もうとするために、日本人の血を引いていることを忘れて過ごしていました。

「大人になるにつれ、多文化であることはとても特別なことだと気づきました。オーストラリア人でありながら日本人であることは、とてもクールなことだ。

『オーストラリア産ワインの対中輸入関税撤廃案発表』

中国商務部は、オーストラリア産ボトル入りワインの対中輸入関税撤廃案の概要を示す暫定決定を発表した。

これは完全な決定ではなく、関係者はまだ意見を提出することができるが、最終決定は今月末になる見込みである。

オーストラリアは10月に中国と、中国がオーストラリア産ワインに課している関税を2021年に撤廃する方向で合意した。

中国はオーストラリアワインに対する関税の見直しを早急に行うことで合意し、オーストラリアはWTO紛争を3月31日まで中断することで合意した。

同様の動きにより、大麦に対する関税は昨年8月に撤廃された。

ペニー・ウォン外務大臣は、オーストラリア国民にとって重要なことに妥協することなく、中国との関係を安定させることに政府は常に尽力してきたと述べた。

「我々は冷静かつ一貫した対話を通じて、その約束を果たしてきた。

「我々は引き続き、残された全ての貿易阻害要因が取り除かれるよう圧力をかけ続ける」と述べた。

オーストラリア人は収入の半分を住宅ローン返済に費やしている?

住宅ローン返済に収入の半分近くを費やさざるを得ない家庭が増加し、住宅購入の可能性が「史上最大の危機的状況」に達している、と専門家が警告している。

オーストラリア不動産協会(Real Estate Institute of Australia)の報告書によると、平均的な世帯は現在、収入の48%弱を住宅返済に費やしている。

四半期ごとに発表される「住宅購入可能性レポート」によると、2023年12月の住宅購入可能性は2.7ポイント大幅に低下した。

REIAのリアン・ピルキントン会長は、現在のキャッシュレートでは、REIAが初めて報告書を発表して以来、住宅購入可能価格が過去最低となったことは「驚くことではない」と述べた。

「ニュー・サウス・ウェールズ州、ビクトリア州、南オーストラリア州、タスマニア州、ACT州の住宅購入可能価格は、過去20年間で最低水準にある。

「クィーンズランド州は、この四半期に2.8%住宅価格が下落し、最も大きな損失となった。

「金利上昇の緩和によってのみ、この見通しに変化が見られるだろう」。

オーストラリア準備銀行は先月、公定歩合を4.35%に据え置くと発表した。

同時にピルキントン氏は、全国的に家賃の中央値が世帯収入の23.9%にまで上昇し、家賃の値ごろ感も打撃を受けていると警告した。

『抗うつ剤をやめようとするときに苦労なオーストラリア。』

「まるでジェットコースターに乗っているようだ。経験したことのない人には説明できないような、常軌を逸した感情だ」。

ウィルバー・ヘンリー*(本名ではない)は、抗うつ薬をやめようとしたときのことをそう語っている。

ヘンリー氏は10代後半に初めてセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を処方され、30年経った今も服用している。

「何年もの間、何度もやめようと試みましたが、離脱症状は残酷で、突然衰弱していきました。

開業医は『再発したんだ。薬を飲まなければならない。

英国とは異なり、オーストラリアには抗うつ薬をやめる推奨期間の公式ガイドラインはない。

元正看護師で、現在はウーロンゴン大学でプライマリ・ケアにおける非処方を研究しているロビン・ギレスピー氏は、GPの指針が最近変わったと述べた。

「これは、抗うつ薬の休薬期間を長くすることが推奨されるベストプラクティスであることを示す研究に沿ったものです。

液体や漸減ストリップのような異なる薬物形態は、SSRIの投与量をより長い期間にわたって分解することを可能にし、ひいては、より安定した離脱を可能にする。

しかし、オーストラリアではまだ販売されていない。

『バージンオーストリアで初の試み。』

ペットを飼っている乗客は、ヴァージン・オーストラリア航空が新たに打ち出した大々的な取り組みにより、まもなく毛皮で覆われた友人を連れてヴァージン・オーストラリア航空のフライトを利用できるようになる。

水曜日、ヴァージン・オーストラリア航空は、オーストラリア初のペット同伴フライトの運航を希望していると発表した。

認可が下りれば、12ヶ月以内にサービスを開始する予定だ。

「ヴァージン・オーストラリア・グループのCEOであるジェイン・ハードリッカ氏は、news.com.auの取材に対し、「現実には、乗客の70%がペット同伴のフライトを希望しています。

「だから私たちにとって、革新的で先導的で道を示すことができること、そしてオーストラリア人の大多数が持つ、毛皮の赤ちゃんと一緒に旅行したいという本当に重要な願望を満たすことが本当に重要なのです」。
ハードリッカ氏によると、小型犬と小型猫のみが対象で、ペットは乗客の前の座席の下にある所定のスペースに収まる必要があるという。

また、空港や機内では、あらかじめ決められたキャリーに入れ、その中にいなければならないという。

「ペットを飼っている人の前の座席の下にいる動物の近くにいたくない人は、その必要はありません。

航空会社がオーストラリアのペットオーナーを対象に行った最新の調査では、回答者の70%近くがペットを機内に連れて旅行すると答え、57%がこのサービが実現すればもっと定期的に飛行機に乗ると

『オーストラリアが男女平等のための初の計画を発表し、企業はより厳しい監視下に置かれる』

連邦政府から700億ドル(約7.8兆円)もの予算を獲得したい企業は、役員や従業員の構成も含めた新たなジェンダー・テストに合格する必要がある。

この変更は、オーストラリア初の男女平等のための国家戦略に基づくもので、来年には育児休暇を取る女性にも退職金が支払われることになる。

ケイティ・ギャラガー女性大臣は、木曜日に行われたナショナル・プレス・クラブでの演説で、ジェンダーに基づく暴力、無給と有給の介護の割合の不均衡、女性が直面する経済的不安を抑制するための政府の抜本的な計画を発表した。

この演説では、政府の新たな目標は、オーストラリアの女性と少女たちに対する「空約束」ではないと約束した。

「私は、2024年においても、この国の女性は一般的に、男性よりも安全でなく、選択肢が少なく、経済的に不安定であり続けるという単純なことを言いたいのです。アルバネーゼ政権は、この状況を変える決意を固めています」とギャラガー議員は語った。

「国家戦略は、すべてのオーストラリア人にとって平等なオーストラリアの未来を描いています。

「つまり、性別によって人生の展開、享受する権利、選択、得るチャンスや追求する機会が規定されることのないオーストラリアを意味します。

「これは人々をひとつにすることです。経済と社会が女性のために機能すれば、それは私たち全員のために機能するのです」。

女性の経済的安定を向上させるための計画では、政府はその購買力を利用して、従業員500人以上の企業に対し、職場における男女平等目標を約束させる。

目標は、上級役員および従業員の男女構成、同一賃金、柔軟な勤務形態、男女平等に関する職場協議、セクシャル・ハラスメントの防止と対策に焦点を当てる。

『バララット女性不明事件、22歳男を逮捕。』

行方不明になっていたバララットのサマンサ・マーフィーさん殺害容疑で起訴された元AFL選手の息子について、新たな詳細が明らかになった。

ビクトリア州の裁判所により、この22歳の少年の名前は自害に備えて伏せられている。

この男の名前と顔は、起訴された木曜日にすでに出回っていた。

しかし、バララット判事裁判所は、3月8日(金)に完全な抑圧審問が行なわれるまで、彼の名前に一時的な箝口令を敷いた。

この男の弁護人デイビッド・タマニカ氏は、この男は初めて身柄を拘束されたのであり、精神衛生上も薬物上も問題はないと法廷で述べた。

しかしタマニカ氏は、罪状の重さから自傷行為の危険性があると述べた。

公判には被告人の恋人は出席していなかった。彼は水曜日の午前6時過ぎに自宅で拘留された。

逮捕に唖然とした近所の人々は、魅力的な子供時代を過ごし、父親の仕事のおかげでAFLの最前線に接することができた男のことを語った。

エイジ紙が報じたところによると、この男は父親に連れられてクラブルームに行き、選手たちと交流していたという。

逮捕されたとき、被告人は自分の家と両親の家を行き来して生活していたという。

近所の人によると、彼はよく自転車で通りを走り、「社交的な姉妹」がいたという。

「彼らは素晴らしい、本当に素晴らしい隣人でした。「私は本当に女の子しか知らないんです。

「家に帰ると車がいっぱいで、何が起こっているのかわかりませんでした」。

警察は、マーフィーさんが失踪した日、彼女の故郷バララットから10キロも離れていないマウント・クリアでマーフィーさんが殺害されたと主張している。


今週のお天気

先週の猛暑より少しづつ落ち着きそうな気温ですが、今週末より来週にかけてまだ夏模様。これが最後と思わせるような暑さでしょうか。皆様素敵な一週間をお過ごしください。

皆様素敵な一週間を。


める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる方はメールにてお問い合わせくださいね。

める暮らしでは広告を掲載されたい団体、企業様も募集しております。

Likes:
0 0
Views:
13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です