2月22日(木曜日)一気読みニュース

毎週木曜日発行!
今週の週間一気読みニュースをお届けします。

『ワーキングホリデービザ1年の政府検討にWA州は反対!』

ワーキングホリデー・ビザでオーストラリアを訪れるバックパッカーの滞在期間を1年間に制限する計画案により、西オーストラリア州の地元企業や観光業者は最大3億6,000万ドルの損失を被る可能性がある。

連邦政府は、オーストラリア移民制度の大幅な見直しに伴い、ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザ(Working Holiday Maker Visa)の上限を1年間とすることを検討している。ワーキング・ホリデー・メーカー・ビザは、オーストラリアに入国する若い旅行者に、最長3年間の休暇と就労のための一時的なビザを与えるプログラムである。

2016年に発表された公正労働委員会(Fair Work Commission)の調査により、ワーキングホリデービザ保持者がこのプログラムで経験した低賃金や搾取の事例が浮き彫りになったことを受け、このビザの経路を変更することが提案されている。

しかし、西オーストラリア(WA)州国民党(Nationals)のシェーン・ラブ(Shane Love)党首は、このビザの上限を1年とすることは、州経済に「壊滅的な」影響を与える可能性があるとし、バックパッカーが昨年、州内の観光ビジネスや地域コミュニティーに3億6,000万ドルもの利益をもたらしたという最近の観光データを引き合いに出した。

「バックパッカー・ビザを1年間に制限する提言は、西オーストラリア州を著しく悪化させ、重要な観光客や労働者を誘致するために、東部諸州との競争を強いることになる」とラブ氏は述べた。

『トヨタ車数千台、致命的欠陥の可能性でリコール』

幼いテイラー・スウィフト・ファンが、メルボルンMCGの10万人近い観衆の中から選ばれ、忘れられない瞬間に歌手と対面した。

金曜日の夜、ミラナ・ブルーノ(9歳)は観客席の後ろの方にいて、妹と一緒にステージをほとんど見ることができなかった。

「娘たちは椅子の上で踊っていたのですが、後ろのほうにいたので彼女の姿がよく見えなかったのです」と、ミラナの母親レナート・ブルーノはヘラルド・サン紙に語った。

コンサート中、2人のスタッフが彼女に近づき、ミラナは彼女の娘かと尋ねた。

「彼女は私たちと一緒に来てください。

ブルーノさんは、娘がなぜ連れて行かれるのかと尋ねると、スタッフはただ微笑んだだけだったという。

「信じてください、あの子は私たちと一緒に行きたがるはずです」と彼女は言った。

ブルーノさんともう一人の娘は、ミラナが大勢のファンの間を抜けてステージに向かう後ろについていった。

心温まる瞬間で、ミラナとテイラー・スウィフトは抱き合い、少女はスウィフトの象徴的な “22 “の帽子と引き換えに、彼女の友情のブレスレットを歌手に渡した。

その後、2人は短い会話を交わしたが、スウィフトはミラナにこう言った。

ブルーノさんは、フェイスブックのチケット詐欺に引っかかり、火曜日にチケットを受け取っただけで、娘たちがテイラー・スウィフトのコンサートを見逃すのではないかと心配していたという。

スウィフト・マニアは公式にオーストラリアを飲み込み、約20万人の幸運なファンがメルボルンのMCGでテイラー・スウィフトのErasツアーの最初の2晩を目撃した。

『ビクトリア州議会に「トラウマになる」花火の禁止を求める請願書が提出される

ビクトリア州での花火禁止を求める嘆願書は、『一部の人々が気に入らない』という理由でテイラー・スウィフトの次のツアーをキャンセルするようなものだと例えられている。

ある活動家が、ビクトリア州での花火禁止を求める嘆願書を提出した。個人的には花火が大好きだが、その楽しみが他の人の犠牲の上に成り立つものであってはならないと考えているからだ。

障害者・動物活動家のシャノン・メイラックは、ビクトリア州議会に請願書を提出し、これまでに600人近くの署名を集めている。

ある著名なメルボルンのラジオ司会者からは、騒音問題を理由にテイラー・スウィフトのツアー中止を求めるキャンペーンとどう違うのかと批判を浴びている。

Meilakさんはnews.com.auの取材に対し、花火の「重大さ」と、人間や動物、環境への影響について取り上げるべき時だと考えていると語った。

「私は花火が大好きです。でも、自分の娯楽が他の人の犠牲の上に成り立ってほしくないのです」。

アニマルジャスティス党のジョージー・パーセル議員は、この嘆願書のスポンサーとなり、キャンペーンを後押ししている。

彼女は、「人々の楽しみを奪うことを求める」のではなく、動物や野生動物にとってより安全な代替手段を見つけることに重点を置いていると述べた。

「花火はコンパニオンアニマルや野生動物に大きな影響を与えます。

「運が良ければ飼い主と再会できますが、道路でぺしゃんこになることも珍しくありません。

「動物たちは、花火がお祝いのためのものであることを理解できず、すぐに差し迫った脅威を感じるのです。私たちにとっては数分の楽しみでも、彼らにとっては人生を変えたり、人生を終わらせたりすることになるのです」。と訴えた。

『オージーの出会いがアプリから移行?!』

オーストラリアでの出会いは難しいものだが、今オージーたちは新しい出会いを求めて走っている。

若者が地元のランニング・クラブに登録するのは、単に舗装道路を走るためではなく、恋愛を見つけるためなのだ。

2012年に出会い系アプリのティンダーが登場して以来、人々の恋愛相手との出会い方は劇的に変化した。

クラブやパブで出会う人々から、リアルよりもオンラインでアプローチする方が気楽だと感じるようになったのだ。

スワイプ世代が誕生し、突然、ネット上よりも近所の食料品店で新しい恋人に出会ったと発表するほうが奇妙になる。

2024年、相手の身長を知らずにデートをするのは奇妙に感じる。

出会い系アプリがデート文化に影響を与えているにもかかわらず、変化が起きており、女性たちはパートナー候補と出会う他の方法を探していると話している。

ネット上の女性たちは、コミュニティ意識だけでなく、出会いを求めてランニング・グループに参加することにしたと明かしている。

シドニーに住むダニは、出会い系アプリではうまくいかず、ランニング・クラブに参加したことをTikTokに投稿した。

金曜の夜よりも日曜の朝6時のほうが「いい」出会いがあると彼女は言い、ランナーではなくウォーカーだったが、「雰囲気」を探るために地元のラン・クラブに参加した。

グループ・ジョグは楽しかったが、結局男性との出会いはなかったという。

同様に、メルボルン在住のTaylaはTikTokを投稿し、出会い系アプリが「うまくいかなかった」ため、ランニングクラブに参加することを決めたと話した。

また、別のTikTokerのSarahは、出会い系アプリが “あまりにひどい “ので、他の人とランニングを始めることにしたとネットに投稿した。

『今年の旧正月辰年で数千人の人々が祝う』

メルボルン北部の教室で、小学生がハサミで他の児童を刺し、懲戒処分を受けた。

ビクトリア州教育省は、クレイギーバーン・サウス小学校が、ハサミで他の児童を傷つけた生徒を処分したことを明らかにした。

同省の広報担当者はNCA NewsWireの取材に対し、「学校はこの事件に対し、生徒に必要なサポートを提供し、適切な事後措置をとるなど、即座に対応した」と述べた。

同校のウェブサイトには、不合理な行動をとった生徒が、徹底的な調査の後、どのように対処されるかが概説されている。

「その結果、調停やカウンセリング・サービスの利用、代替コミュニケーション戦略の適用、校内への立ち入りを禁止する正式な通告、介入命令を求めること、不法侵入や暴行の罪に問われる可能性のある警察への通報などが含まれる」と、同サイトには書かれている。

これは、8月にターナイト・シニア・カレッジの中等学校で10代の少女たちの間で乱闘が起こり、5人の若者が逮捕された後、数人の教師が暴行を受けたとされる事件から数ヶ月後のことである。

『メルボルン交響楽団の恒例無料夏コンサート

毎年恒例のメルボルン交響楽団によるコンサート今年も開催。

開催場所は毎年恒例のSidney Myer Music Bowlの開催!

今年は3日間にわたって行われる。

2月21日(水曜日)24日(土曜日)28日(水曜日)の3日間。

会場は5時半から、演奏は7時半より

ピクニックしながらオーケストラのコンサートを聴ける素敵な時間をぜひ過ごしてみてください。


今週のお天気

先週からやっとメルボルンにも夏が来たと思ったら、先日の豪雨で

まだまだ被害が出ている地区も多いメルボルン。気温は20度以上も下がり突然肌寒くなり、今週末からまた少しづつ気温が上がっていく模様です。

温度差が激しいので皆様体調にお気をつけてお過ごしください。

皆様素敵な一週間を。


める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる方はメールにてお問い合わせくださいね。

める暮らしでは広告を掲載されたい団体、企業様も募集しております。

お問い合わせをお待ちしております。

Likes:
0 0
Views:
57

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です