2月1日 一気読みニュース

毎週木曜日発行!
今週の週間一気読みニュースをお届けします。

『テイラー・スウィフトのファン、チケットなしでコンサートに参加しないよう忠告』

音楽界のアイコン的存在であるテイラー・スウィフトのオーストラリア・ツアーでチケットを逃したファンが、彼女のコンサートにテールゲーティングで参加しないよう忠告された。

スウィフトのアメリカ・ツアーでは、チケットを手に入れられなかった多くのファンが、コンサート・イベントの前や最中、あるいは終了後に会場の外に集まり始めた。

オーストラリア中のファンが、来月シドニーとメルボルンで行われるスウィフトの7つのコンサートでも同じことをしようと考えている。

シドニーのアコー・スタジアムは大観衆を覚悟しているが、チケットを購入した人だけに参加を呼びかけている。

「すべての人に最高の体験を保証したいので、公演当日は有効なチケットを持ったファンだけが境内に来てください」と広報担当者は語った。

フェイスブックでは、スウィフトのコンサートを尾行することを目的としたグループがいくつかあり、数百人から数千人のメンバーがいる。

スウィフトは2月16日から18日までメルボルンで3回、23日から26日までシドニーで4回のコンサートを行なう。

アコー・スタジアムの発表によると、この会場は屋根が開いているものの、外からは囲われている。

チケットを持っていない観客はアリーナ内を見ることができない。これはスウィフトのメルボルンの会場、MCGも同様だ。

部外者は会場内の音を聞くことができるが、音質は異なり、結果的に劣る。

「失望を避けるため、イベントのチケットを持っているファンのみ、それぞれのショーの夜に参加することをお勧めします」とアコーの広報担当者は語った。

この時、管区内でパフォーマンスするミュージシャンはスウィフトだけではない。

ブリンク182は、隣接するクードス・バンク・アリーナで同じ日の2夜に公演を行う。

一方、チケット購入者は早めの到着が奨励されている。有効なチケットを購入した人には、公共交通機関の料金が含まれている。

『メディケアが誕生40周年を記念して新カードを発行』

オーストラリアの国民皆保険制度が大きな節目を迎える今年、メディケアカードに小さな変化が訪れる。

メディケアの40周年を記念して、既存のデザインとほぼ同様の記念デザインが、年末まで印刷されるすべてのカードに採用される。

マーク・バトラー保健相は、メディケアが「すべてのオーストラリア国民」のものであることを記念するものであると述べた。

「この祝賀は、メディケアが我々の医療制度の基盤であり、すべてのオーストラリア国民が、居住地や支払い能力に関係なく、必要な時に公平に医療を受けられることを保証するものであることを認めるものである」と述べた。

カードの有効期限が切れると、新しいデザインのカードが自動的に送付される。

特別版のカードを手に入れたい人は、請求するか、メディケア・エクスプレス・プラス・アプリにログインすれば、デジタル版が自動的に更新される。

ビル・ショーテン政府サービス相は、この新しいカードを「財布の中に小さな歴史の一部」を手に入れるチャンスだと表現した。

「メディケアカードの登録者の更新を先延ばしにしていた人は、この機会にぜひ更新してください」。

カードのレイアウトは変わらず、左上に小さく「40周年」のロゴが追加され、カード右上のメディケアのロゴに少し手が加えられる。

背景は簡素化され、透かしの入った背景はカードの半分以下に縮小され、よりベーシックなデザインになった。

メディケアは、労働党が初めて試みた国民皆保険制度メディバンクがフレーザー政権によって解体された後、オーストラリア国民の医療費を賄うために1984年2月1日に導入された。

昨年政府は、病院への負担を軽減し、プライマリ・ケアをより安価に提供するため、メディケア制度の見直しに向けて第一歩を踏み出した。

バトラー氏は、メディケアは医療制度の重要な一部であり、守られなければならないと述べた。

『イケア、死に至る可能性のある家庭用品を緊急リコール』

イケアは、USB充電器が重大な人身事故を引き起こす可能性があるとして、緊急リコールを発表した。

同社は、ÅSKSTORM 40W USB充電器(ダークグレー)の電源ケーブルが過度の使用により損傷し、ケーブル内の活線が露出する可能性があると警告している。

製品安全オーストラリアはリコールの中で、「電気が通っている損傷したケーブルに触れると、感電による火傷や死亡の危険性がある」と述べている。

イケアは、電源ケーブルは長時間の使用や過度の折り曲げで損傷する可能性があり、熱傷や感電につながる恐れがあると警告している。

「安全性はイケアにとって最優先事項であるため、ÅSKSTORM 40W USB充電器ダークグレーをリコールする」と同社は述べた。

対象となるUSB充電器は、型番ICPSW5-40-1および商品番号304.611.94で識別できる。

イケアの広報担当者は、リコール対象の充電器が2020年4月からオーストラリアで販売されていることを確認した。

ÅSKSTORMの他の商品にはこの問題の影響はなく、世界的なリコールの引き金となった。

同スポークスマンは、同社が「厳格なリスクアセスメントとテストプログラム」を実施し、製品が適用基準を満たしていることを確認していると述べた。

同社は、電源ケーブルの問題と起こりうるリスクについて知らされるとすぐに「迅速な対応」を取ったと述べた。

「製品の販売を停止し、徹底的な調査を行いました」とイケアの広報担当者は述べた。

やけどや感電の危険性があるにもかかわらず、イケアによると、充電器に関連したケガで医療機関を受診したという報告は受けていないという。

同社はユーザーに対し、充電器の使用を直ちに中止し、商品を返品して全額返金するよう呼びかけている。

『ビクトリア州フィリップ島で集団溺死、3人死亡』

ビクトリア州のフィリップ島で水難に遭った3人が死亡、1人が重体で病院に搬送された。

水曜日の午後3時30分ごろ、女性3人と男性1人の計4人が水から引き上げられた後、無反応であるとの通報を受け、救助ヘリコプターを含む救急隊がニューヘイブンに急行した。

ビクトリア州警察の広報担当者は声明の中で、「4人全員に心肺蘇生術が施されたが、3人は現場で死亡が確認された」と述べた。

被害者は40代の男性と20代の女性2人と見られている。

「同じく20代と思われる3人目の女性は重体で病院に搬送されました」と広報担当者は続けた。

目撃者が7Newsに語ったところによると、その人たちは10人ほどのグループと一緒だったとのこと。

フォレスト・ケーブスは、海の洞窟で知られるフィリップ島の人気観光地である。

この洞窟は水の浸食によって形成されたもので、干潮時にしか入ることができない。

「波が高ければ、洞窟はすぐに浸水します。洞窟に入ったり、岩のプールで遊んだりしないように注意してください」と、あるウォーキングガイドはこのエリアについて警告している。

『ヴィクトリア女王記念碑が赤いペンキで塗りつぶされる』

オーストラリア・デーを前にメルボルン市内の植民地記念碑が破壊者の標的となり、ビクトリア女王像が赤いペンキで塗りつぶされた。

木曜日午前3時30分頃、セント・キルダ(St Kilda)のカタニ・ガーデン(Catani Gardens)でも、キャプテン・クック(Captain Cook)像がのこぎりで切り倒され、汚された。

金属製の像は、石造りの台座からきれいに切り落とされたようで、台座には赤いスプレーで「植民地は滅びる」と書かれていた。

その後、クイーン・ヴィクトリア・ガーデンズの大きなモニュメントにも赤いペンキがかけられているのが発見された。

自由党のアンガス・テイラー議員は、先の事件を「ひどい破壊行為」と呼び、非難されるべきだと述べた。

「キャプテン・クックは啓蒙の人だった。偉大な人間になぜこのようなことをしたのでしょう」と彼はトゥデイ番組で語った。

「率直に言って、誰もが非難すべき行為のひとつだ」。

ポート・フィリップのマーカス・パール議員は、この事件を「落胆させられる」と述べ、破壊者たちに「彼らの行為の責任を問う」よう求めた。

「これは一人のいたずら行為ではない。」

「特に過去6年間、オーストラリア・デーの前後に顕著だった。このような行為は、討論と民主的な表現という、私たちのコミュニティが苦労して築き上げてきた原則をあからさまに無視するものだ」。

同じ銅像は、近年何度も破壊行為の標的になっている。

2018年と2022年の二度、明るい色のペンキで塗りつぶされた。

一般に信じられていることとは異なり、キャプテン・ジェームズ・クックは、彼がオーストラリアに上陸した最初のイギリス人の一人であったという事実以外には、1月26日の現代のオーストラリア・デーと直接の関係はない。

1月26日は、第一艦隊がシドニー・コーブに上陸し、1788年に植民地化の開始を告げるユニオン・ジャック旗が掲げられた記念日である。

この事件に関して情報をお持ちの方は、犯罪抑止対策センター(電話:1800 333 000)までご連絡いただくか、オンライン(www.crimestoppersvic.com.au)で秘密厳守の通報をお願いします。

『若い農夫、オーストラリア・デーに60ヘクタールの地図完成』

オーストラリア・デーの前夜に、人目を引く国家への賛辞を捧げた若い農夫は、その複雑な作物パターンが自分の町を「地図に載せる」ことになると期待している。

ハリー・シュスターさん(27歳)は、祝日の前夜にトラクターで2時間かけて、南オーストラリア州にある120haのパドックを巨大なオーストラリア地図に変えた。

工学部を卒業した彼は、南十字星と自分のイニシャルをあしらったこのデザインがうまくいくかどうか、最初の部分を耕し始めるまではわからなかったという。

「純粋に実験的なものだったので、南十字星のために実際に土を耕すまでは、うまくいくかどうか確信が持てませんでした」と彼は語った。

「最初の星を耕した後、これは素晴らしいものになると確信した」。

シュスター氏は、トラクターで約2時間かけてマーキングする前に、GPSで設計図を作成するのに 仕事が終わってから数日夜を費やしたと語った。

約60ヘクタールに及ぶこのデザインは、若い農家にとって初めてのことではない。昨年、彼はグーグル・アースで見ることができる大きなヒマワリを作った。

その前年には、この地域の火災と闘ってきた地元の消防隊に敬意を表し、大きな壁画をデザインして耕したという。

シュスター氏は、このユニークな作品の動機は「趣味と実験」であり、アデレードから60km離れた小さな町フリーリングを地図に載せるためだと語った。

「私たちができることで何が可能なのか、現場でどれだけ複雑なものが描けるのかを見てみたかったのです」とシュスター氏。

「空から不朽の名声を得られるようなものが欲しい。今年のオーストラリア・デーは、さらに一歩進んだものにしたかった。」

「空から見えるような象徴的なものが欲しかった。私たちの町を少し地図に載せることにもなります」。

来年については、「さらに複雑」で「理論的には可能」なデザインをすでに考えているとシュスター氏は語った。

『7月1日からの納税者免税』

アルバニーズ労働党政権は、7月1日よりオーストラリアの全ての納税者に減税を実施する。

これらの新たな減税は、オーストラリアの中間所得層に対し、生活費を支援するためにより大きな減税を行うとともに、税制をより公平なものにすることを目的としている。

アルバネーゼ政権は、2024年の経済現実を認識している: オーストラリア国民は、今まさに逼迫した状況にあり、減税を受けるに値する。

労働党の減税は、1,360万人のオーストラリア国民に真の違いをもたらし、勤勉に働くオーストラリア国民が稼いだ賃金の多くを確保できるようにする。

15年ぶりの財政黒字を土台に、労働党の減税は、財政的責任を果たし、インフレ圧力に拍車をかけない方法で、より多くの人々に救済をもたらす。

スコット・モリソンの税制計画は、パンデミック(世界的大流行)前、世界的なインフレ高騰前、金利上昇前、世界的な不確実性が高まる前の5年前に策定された。このような状況の変化によって最も大きなプレッシャーにさらされている人々を助けるには十分ではない。

我々は、より多くの人々がより大きな減税を受けられるよう、より責任ある方法を見つけた。

アルバニーズ政府の減税は、より多くのオーストラリア国民により大きな恩恵をもたらす。

我々の計画は、すべてのオーストラリアの納税者が今年減税を受けることを意味する。

我々の減税は、オーストラリアの中間層にも、女性にも、生活費圧迫の緩和にも、労働供給にも、そして経済にも良い影響を与える。

2024年7月1日以降、アルバニーズ労働党は以下の減税を実施する。

  • 19%の税率を16%に引き下げる(18,200ドルから45,000ドルまでの所得に対して)。
  • 32.5 パーセントの税率を 30 パーセントに引き下げる(45,000 ドルから新しい基準額 135,000 ドルまでの所得)。
  • 37%の税率が適用される閾値を120,000ドルから135,000ドルに引き上げる。
  • 45%の税率が適用される閾値を180,000ドルから190,000ドルに引き上げる。

    これらの変更の結果、7月1日に。
  • 1,360万人の納税者全員が減税を受けることになり、モリソン氏の計画よりも290万人多く減税を受けることになる。
  • 1,150万人の納税者(納税者の84%)がモリソン案に比べより大きな減税を受ける。
  • 580万人の女性(女性納税者の90%)が、モリソン案より減税される。
  • 平均所得約7万3,000ドルの人は1,504ドルの減税となり、モリソン案より804ドル多くなる。
  • 4万ドルの所得者は654ドルの減税となる。
  • 10万ドルの所得者は2,179ドルの減税となり、モリソン案では804ドルの減税となる。
  • 200,000ドルの所得者は4,529ドルの減税となる。
  • さらに政府は、2023-24年のメディケア課税の低所得者基準を引き上げる。

これにより100万人以上のオーストラリア国民が恩恵を受けることになり、低所得者は引き続き軽減税率を支払うか、メディケア賦課金を免除されることになる。


今週のお天気

スクールホリデーも明け、今週から学校も開始。

そして新年が明けてからあっという間に1月が終了。2月に入りやっと30度越えの日を迎えそうです。

土日の初めの週末はいいお天気に恵まれそうですが、

日焼け止めと水分を忘れずに取りましょう。

スクールタームが始まってからの初めの週末夏日で少し楽しめそうですね。皆様素敵な一週間を。


める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる方はメールにてお問い合わせくださいね。

める暮らしでは広告を掲載されたい団体、企業様も募集しております。

お問い合わせをお待ちしております。

Likes:
0 0
Views:
48

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です