12月7日 一気読みニュース

毎週木曜日発行!
今週の週間一気読みニュースをお届けします。

『豪セブン-イレブン、17億ドルで海外親会社に売却』

オーストラリアでチェーン展開するセブン-イレブンが、日本の親会社に17億ドルで売却されることになった。

1977年にメルボルンの1店舗から始まったオーストラリアの事業は、ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州、オーストラリア首都特別地域、クイーンズランド州、西オーストラリア州に752のコンビニエンスストアのネットワークを持つまでに拡大した。

同社は、企業およびフランチャイズ・ネットワーク全体で9000人以上の従業員を雇用している。

ウィザーズ家とバーロウ家によるセブン-イレブン・ジャパンへの17億1000万ドルでの売却のニュースは、オーストラリアン・フィナンシャル・レビューが最初に報じた。

セブン-イレブン・オーストラリアの株主を代表する声明で、ラッセル・ウィザーズ氏は事業売却は「適切な時期」であったと述べた。
現経営陣は新経営陣の下でも引き続き事業を指揮する。
セブン-イレブン・ジャパンは、「オーストラリアにおけるセブン-イレブン・ブランドの強化」を計画していると述べた。

この売却は規制当局の認可を条件とする。

『スーパーマーケット「ウールワース」、物議を醸した全店舗でのバスケット変更を確認』

ウールワースは、全店舗の買い物かごに大きな変更を加えることを発表した。

スーパーマーケット大手のウールワースは、買い物客が通路を歩いている間に使用できる、手持ち式の「グリーン」バスケットを新たに導入する。

ウールワースの新しい環境に優しいトロリーと同様、このバスケットもHDPE(高密度ポリエチレン)から作られている。
「リサイクルされたHDPEの大半は牛乳瓶からだが、ジュースの瓶など他の飲料瓶からのリサイクルもある」と、ウールワースの広報担当者は語った。

ウールワースは、好評だった2ハンドルのデザインを新しいバスケットから取りやめ、客が持つためのハンドルが1つだけになることが確認された。

今年初めにコールズが同様の変更を実施した際、ワンハンドルの新しいデザインの方が使いにくいと感じた一部の買い物客から批判が巻き起こった。

フェイスブックのあるユーザーは、コールズの新しいバスケットについて、「(あまり使わない言葉だが)新しい赤いバスケットは嫌いだ。」また、別の人は「一体バスケットに何をしたんだ?チームの誰かに人間工学を学ばせたのか?」と言っている。

ウールワースの広報担当者は7NEWS.com.auに対し、新しいバスケットは全店舗に展開されると語った。
「私たちは、お客様と環境のために、より環境に優しく成長しようと努力しています。リサイクル・トロリーはお客様に大変好評で、現在一部の店舗でご利用いただけます。今後数年にわたり、新しい店舗にも展開していく予定です。また、100%リサイクル・プラスチックで作られたトロリー・バスケットもあり、使用済みの牛乳容器がトローリーとして第二の人生を送ることができます。」

『ビクトリア州警察、労働争議中のスピードカメラ設置場所を明らかに』

ビクトリア州警察は、州政府との賃金争議が続く中、収入源となるスピード・カメラの設置場所をドライバーに明らかにした。

労働組合とビクトリア警察が賃金と労働条件の改善について合意に達しなかったため、労働争議は今日始まった。

警察はストライキを起こすことはできないが、罰金という形で政府に歳入が入るのを阻止するため、スピードカメラについてドライバーに警告している。

本日午前7時過ぎ、警官たちはパトカーを駐車し、いくつかの固定速度カメラにライトを点滅させ始めた。

彼らはまた、次のようなスローガンを唱えた: 「燃え尽きては、出動できない」。

労働争議の一環として、警察は政府高官へのブリーフィングや報告を中止し、政府施設の近くに駐車されているパトカー、ボート、トラック、ヘリコプターにキャンペーン・メッセージが描かれる。

ビクトリア州警察協会ウェイン・ガット書記は、役員たちはより多くの市民の支援を望んでいると語った。
「現実問題として、他の誰かにメモを渡して、私たちにメモを渡してもらうというやり方はできない。相手が現れなければ、交渉にはならない。」

『メルボルンのレストランがオーストラリア最高のピザ・パスタ・チェーンに輝く』

400Gradiに拍手を送ろう!ピッツァの巨匠が、その本格的なイタリア料理で再び世界の舞台で熱烈な賞賛を集めた。

11月23日、イタリアで開催された「50 Top World Artisan Pizza Chains 2023」の審査員団は、400Gradiに2つのトロフィーを授与した。

これらの業績により、400 Gradiは正式にオーストラリアでナンバーワンのピザ・パスタチェーンと見なされるようになった。

ジョニー・ディ・フランチェスコ率いるこのピッツェリア&パスタ・レストランは、世界的な勝利に慣れているわけではない。
オーストラリアで初めてAssociazione Verace Pizza Napoletana(真のナポリピッツァ協会)の認定を受けたピッツァ・レストランであり、2014年にはクラシック・マルゲリータで世界最高のピッツァ賞を受賞し、クラシックなイタリア料理のメニューでMade in Italyメイド・イン・イタリー2022ラター・ソレンティーナ賞を受賞している。

毎年開催されるこのイベントでの世界的な熾烈な競争を考えれば、400 Gradiが再び他を寄せ付けない存在となったことは、並大抵のことではない。2008年にライゴン・ストリートのブランズウィック・イースト・エンドにオープンして以来、400 Gradiはオーストラリアとアメリカに店舗を持つグローバル・ブランドへと発展し、今年で15回目の誕生日を迎える。

『最もダサいクリスマス・セーターを着よう:お祭り的な5つの醸造所のビール・ランが帰ってきた』

ジョギングが苦手なら、このお祭りのようなビールで盛り上がるファン・ランで、自分を騙して楽しい時間を過ごしてみてはいかがだろう。ビアランは、メルボルンの5つの醸造所を巡り、5種類のビールを楽しむガイド付きの旅だ。各醸造所での滞在時間にもよるが、1周するのに2~3時間かかる!

この特別なクリスマス・エディションでは、ランナーは最も醜いクリスマス・セーターを着て、受賞歴のあるBodriggy Brewing Companyをスタートし、Mill、Carlton Brewhouse、Mountain Goat Breweryに立ち寄るルートを走る。終了後は、Stomping Groundで開催される楽しいアフター・パーティに参加し、運動後(とビール後)のエンドルフィンが最高潮に達するだろう。

チケットには各ブルワリーのビール1杯が含まれ(ひとり合計5杯)、達成を記念して、ノベルティの栓抜きメダルと公式ビア・ランのゼッケンが貰える。つまらないもの、醜いセーター、ティンセル、フェアリーライトは奨励され、ベストドレッサー賞もある!

チケットは1人60ドル。購入はこちらから。

『オーストラリア郵便局、小包に注力し手紙の配達を削減すると発表』

オーストラリア郵便(Australia Post)は手紙の配達を減らし、小包に重点を置くことを発表した。

アルバニージ政権は、オーストラリア・ポストの業績基準を変更し、通常の書簡と宛名のない郵便物を2日おきに配達することにした。

その代わりに、小包、速達、優先郵便に重点を置くことになり、これらは引き続き毎日配達されることになる。

ミシェル・ローランド通信相は、eコマースやオンラインショッピングの台頭など消費者ニーズの変化により、オーストラリア郵便は「適応する必要がある」と述べた。

新しい配達方法の試行により、郵便局員は最大20%多くの小包を運ぶことができるようになり、配達地点も10%以上増加した。

オーストラリア・ポストは昨年度に2億ドルの損失を計上しており、この変更によって公営機関の財務安定性を高めることが期待されている。

「手紙の数が減り、小包の数が増えている環境において、オーストラリア郵便の事業構造が現代のオーストラリアの消費者のニーズを反映することが重要である」とケイティ・ギャラガー財務相は述べた。

手紙の配達量は2008年のピーク時から3分の2に減少しているが、小包の配達量は過去12ヶ月で5億通を超えた。

オーストラリア郵便は、2024年初頭に基本郵便料金を1.20ドルから1.50ドルに引き上げる一方、クリスマス切手の価格を0.65ドルに据え置こうとしている。

『2024年、オーストラリア全土で賃貸価格が上昇の見込み』

経済専門家パネルによると、来年はオーストラリア全土で賃貸料が上昇し続ける見通しだ。

比較サイトFinderによると、最も急騰が予想されているのはパースで、家賃は平均9.5%上昇する見込みだ。

つまり、パースで家を借りるために最低限必要な平均世帯収入は10万8000ドル強、戸建ての場合は9万5000ドル近くになるということだ。

ホバートの平均上昇率は3%で、上昇幅は最も小さい。

つまり、家を借りるために最低限必要な世帯収入の平均は98,000ドル、一戸建ては84,000ドルになるということだ。

Finder社の消費者調査責任者グラハム・クック氏は、住宅ローンを抱えているオーストラリア人だけが資金繰りに窮しているわけではないと述べた。

「FinderのConsumer Sentiment Trackerによると、賃貸契約者の42%が現在家賃の支払いに苦しんでおり、これは同じ立場の住宅ローン保有者の37%よりも高い。」

「金利上昇をめぐる話題の多くは住宅所有者に集中しているが、実際に影響をより強く感じているのは賃借人である。」

「さらなる家賃上昇は、苦境にある人々にとって歓迎すべきニュースではない。」

モナシュ大学のマーク・クロスビー氏は、住宅供給が限られていることが大きな問題だと言う。

「供給不足は賃貸市場に影響を与え続け、特に移民がこの市場を圧迫し続けている。」

Laing+Simmonsのリアン・ピルキントン氏もこれに同意し、例えばシドニーの賃貸市場は著しく供給が不足していると述べた。

火曜日、オーストラリア準備銀行は今年最後の金融政策決定会合で、現金金利を4.35%に据え置いた。

クック氏は、生活費の高騰が今年多くの家庭を「大混乱」に陥れたと述べた。

「住宅から食料品、ガソリン、エネルギーに至るまで、あらゆるものにコストがかかり、経済状況は過去数十年で最悪だ。」

「RBAは来年後半に利下げを開始する可能性があるが、その前に少なくとももう1回利上げが行われる可能性がある。」

60万ドルの住宅ローンを組んでいる人は、昨年5月にRBAが利上げを開始する前と比べて、月々約1349ドル多く支払っている。これは1年間で16,000ドルの追加だ。

『nab銀行、2024年に5支店閉鎖へ』

ナショナル・オーストラリア銀行(nab)は、2024年初頭に全国5支店を閉鎖することを明らかにした。

来年3月7日に閉鎖される支店は、ACT州のTuggeranong、ニューサウスウェールズ州のScone、グレーター・メルボルンのEmerald、ゴールドコーストのRunaway Bay、シドニーのBalmainである。

NABリテール・エグゼクティブのクリッシー・ジョーンズ氏は、オンライン・バンキングを利用する人が増えるにつれ、支店閉鎖が増えると述べた。

「がっかりされる方もいらっしゃると思いますが、これらの支店を利用されるお客様の数や、この地域でデジタル・バンキングの利用が増加していることをよく検討した結果、このような決断を下しました」とジョーンズ氏は述べた。

「税金の支払いやメディケアの請求にオンライン政府サービスを利用する人が増えているように、この地域の人々は、より便利なデジタル・バンキングをますます選ぶようになっています。」

ジョーンズ氏によると、今回の変更で雇用が失われることはなく、行員は銀行全体で他の職務に就くことができるという。


今週のお天気

いよいよ12月も中旬に入ってきます。気温も30度近い日も多いですが、お天気は崩れがちです。

気温は高いので水分補給は忘れずに。クリスマスまであと2週間!

みなさんは準備に入られました?日本へ帰国される方も多いのではないでしょうか。

師走は気持ちも焦るので、皆様気を付けながらお過ごしくださいね。

では皆様素敵な一週間を。


める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる方はメールにてお問い合わせくださいね。

める暮らしでは広告を掲載されたい団体、企業様も募集しております。

お問い合わせをお待ちしております。

Likes:
0 0
Views:
169

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です