11月9日 一気読みニュース

毎週木曜日発行!
今週の週間一気読みニュースをお届けします。

『オプタス、通信障害は、サイバー攻撃の兆候はなし』

政府は、オプタスの全国的な停電が、プロバイダーのコア・ネットワークの障害によって引き起こされたことを確認した。

オプタス社自身は、水曜日の停電の根本的な原因をまだ明らかにしていないが、専門家は、ほとんどのアップデートが午前2時から4時の間に行われることから、ソフトウェアのアップグレードの失敗である可能性が高いと指摘していた。

水曜日の午前4時(AEDT)にオプタスのモバイル・サービスがダウンし、1,000万人以上の顧客と40万以上の企業が影響を受けた。

オプタスの顧客は現在、サービスの復旧に手間取っている。

この障害により、メルボルン近郊の鉄道網に遅れが生じたが、現在は復旧しており、全国の病院、開業医、電話回線に影響が出た。

ミシェル・ローランド通信相は、顧客は全国規模の電話会社に非常に不満を抱いていると述べた。

「オプタスは正確な時間枠を示していない。彼らは可能な限り迅速に作業していると断言しているが、私は、オプタスが顧客に最新情報をタイムリーに提供することが重要であると考えている。」

携帯電話端末がオプタスのような通信プロバイダーに接続するとき、プロバイダーの “コアネットワーク “に接続する。コア・ネットワークはサービスの “頭脳 “とみなされ、多くの場合、データセンターのような固定された場所に存在する特殊なハードウェアで構成されている。

ローランド氏は、メディケアなどの主要機関への影響は「監視中」だと述べ、政府はオプタスを支援するために全力を尽くすと強調した。

オプタスは、ネットワークがブラックアウトに陥ってから9時間以上経過し、インターネットとモバイルサービスの一部がオンラインに戻ったことを確認した。

水曜日の午後、2GBの番組で、オプタスのケリー・ベイヤー・ロスマリン最高経営責任者(CEO)は、顧客に謝罪し、エンジニアが全国ですべてのサービスを復旧させるために 迅速に 作業していると述べた。

ロスマリン氏は、数百万人のオプタスの顧客がこの障害に対する補償を受ける権利がある可能性があると述べ、同社は「素晴らしいサービス」を提供するために全力を尽くすと語った。

『花粉症地獄に苦しむオーストラリア』

オーストラリア全土に春が訪れ、木々の花が咲き乱れ、菜の花畑が真っ黄色に染まる美しい風景が広がっている。

くしゃみ、目のかゆみ、頭痛、鼻水など、花粉症の症状は今シーズン、かつてないほど人々を襲っているようだ。

南オーストラリア州では「凶悪な」花粉症シーズンがやってくると警告され、ノーザン・テリトリーでは花粉症患者に警報が出され、ビクトリア州では花粉の飛散量が非常に多いため屋内にとどまるよう呼びかけられている。

では、今年の花粉症悪化の原因は何なのだろうか?

メルボルン花粉の植物細胞生物学者エドウィン・ランプナニは、今シーズンの花粉症が全国的にひどくなっているのには理由があるという。

「人々がそのように感じている理由は、記録上最も早く花粉症シーズンが始まったからだ。」

「10月よりも早く始まったのは極めて異例だ。」

花粉症患者の主な原因は花粉であるため、花粉の飛散量が多くなるとアレルギーも多くなる。

ランプグナーニ博士によれば、オーストラリア人は特にある花粉と闘う傾向があるという。

「オーストラリアで最も多いのはイネ科の花粉で、イネ科の花粉にアレルギーを持つ人は多く、樹木の花粉にアレルギーを持つ人はそれほど多くない」。

オーストラリア全土で草が変化するため、ある地域では他の地域よりも先に花粉症の症状がピークに達する。

ビクトリア州では10月から12月にかけてピークを迎える。

お住まいの地域の花粉レベルをチェックするには、www.pollenforecast.com.au にアクセスしてください。

『公共の場での泥酔が非犯罪化』

ビクトリア州では火曜日から公共の場での泥酔が非犯罪化される。

警察官は、救急車の助けを必要としない泥酔者が友人や家族を探したり、公共交通機関を利用したり、保健省の酔い覚ましサービスを利用したりするのを手助けするが、拒否する者は置き去りにされる。

ビクトリア州警察の広報担当者は、「カップ・デーに公共の場での泥酔が非犯罪化されたことを受け、メンバーは引き続き泥酔者に家族や友人からの支援や援助を求めるよう呼びかけていく」と述べた。

緊急事態に警察が最初に現場に駆けつけた場合、救急隊員が到着するまで酔っ払いに付き添うことになる。

ビクトリア州警察によると、他人を危険にさらす者に対しては、その状況を和らげるよう努めた後、その場から退去させるため、移動と平和侵害の権限を行使する。

ビクトリア州は、犯罪的なアプローチは「適切ではなく、現在のコミュニティーの基準と矛盾している」と判断し、公共酩酊の非犯罪化に動いた。

『全国的な教員不足に取り組むため、4万ドルの奨学金を新設』

教職に就く人を増やすための全国的な取り組みの一環として、数千人の学生に最高4万ドルの奨学金が支給されることになった。

2024年に教職の学位取得を目指す学生を対象に、約5000人の奨学金が用意され、月曜日から募集が開始される。

これは、2023年と比較して、今年の教育学位取得のための大学への出願が20%近く減少したことを示す入試データを受けてのことである。

新しい奨学金は、4年間の教職課程を履修する学部生に各4万ドル、2年間の大学院生に2万ドルが提供される。

政府によると、このプログラムは、成績優秀な学卒者、中途採用の専門職、先住民族、障害者、遠隔地に住む学生を対象とする。

学部を卒業した学生は、公立学校または早期学習センターで少なくとも4年間教えることが求められる。大学院の学生は、少なくとも2年間は教職に就かなければならない。

また、最終学年に遠隔地コミュニティでの職業体験を修了した学生には、2,000ドルの上乗せ給付を受ける資格がある。

ジェイソン・クレア連邦教育相は、この奨学金は全国の学校を悩ませている慢性的な人材不足に取り組む助けになると述べた。

この発表は、政府が教師の地位を向上させるための全国キャンペーンを開始した数日後に行われた。

『オーストラリア、観光客に対する持ち込み規則を強化』

禁止されている植物や食肉製品をオーストラリアに持ち込み、国境警備隊に届け出なかった観光客は、厳格な新しいバイオセキュリティ・ルールに基づき、ビザを取り消される可能性がある。

政府は、オーストラリアのデリケートな生態系と、それを支える700億ドル規模の農産物輸出産業を保護するため、バイオセキュリティ法を改正し、新たな権限を職員に与えた。

アンドリュー・ジャイルズ移民相が10月下旬に発表した声明によると、ビザの取り消しは、「貨物の発見を防ぐ目的で貨物を隠そうとした場合、またはバイオセキュリティ担当官によって貨物の真の性質が判断されるのを防ごうとしたと合理的に考えられる場合」に行われる。

この法律に違反した疑いのある者は、尋問のために4時間拘束される。

この新たな脅威は、観光ビザ、学生ビザ、ワーキングホリデービザ、海上乗組員ビザ、臨時就労ビザを対象としている。

「条件付きで非禁制品の隠匿を試みるという非常に重大な性質と、その行為がオーストラリア独自のバイオセキュリティーステータスを脅かすという付随する脅威を考慮すると、移民当局がこの規定に違反した者のビザを取り消す裁量権を持つことは適切である」と声明は述べている。

新規定以前は、渡航者が虚偽または誤解を招くような申告をした場合や、生物安全保障担当官からの質問に答えることを拒否した場合、ビザが取り消される可能性があった。

今回の強化措置は、意図的に製品を荷物の中に隠したり、間違った表示のコンテナに商品を入れたりした者に対する罰則を大幅に強化した9月からの変更に続くものである。

新法により、生物安全保障担当官は、空路または海路でオーストラリアに到着した人のパスポートやその他の渡航書類を提出することで、その情報にアクセスできるようになった。

オーストラリアでバイオハザードが発生した場合、オーストラリアの農業は壊滅的な打撃を受け、数十億ドルの損失を被る可能性がある。

『オーストラリア郵便、未配達の小包を確実に顧客に届ける新たな動き』

オーストラリア・ポストは、クリスマス商戦のピークを前に、未配達の小包の回収を容易にすることを目的とした新サービスを展開する。

郵便サービスが顧客の住所に小包を安全に配達できず、営業時間内に最寄りの郵便局に返送できない場合、オーストラリア・ポストの無料小包ロッカーに小包を預ける。このロッカーは、顧客の住所から1キロメートル以内の場所にあり、24時間営業している。

オーストラリア・ポストのマイポストアカウントをお持ちの顧客は、オーストラリア・ポストのアプリまたはSMSを通じて、小包が自宅近くのロッカーにあることが通知され、48時間以内に受け取ることができる。

小包ロッカーはオーストラリア全土に700カ所以上設置されており、鉄道駅やガソリンスタンドなどにも設置されている。

オーストラリア・ポストは本日、クリスマスに向けてオンライン・ショッピングの増加が予想される中、小包の受け取りをより便利にすることを目的としたサービスを開始すると発表した。

「不在配達物を近くの宅配ロッカーで受け取ることで、配達時に不在で郵便局に行けない顧客も、宅配ロッカーネットワークを通じて荷物を受け取ることができる」と、小包・郵便・eコマースサービス担当エグゼクティブ・ジェネラル・マネージャーのゲーリー・スター氏は述べた。

オーストラリア郵便局によると、クリスマス小包が時間通りに到着する可能性を最大限に高めるため、オーストラリア国内のほとんどの宛先には12月18日までに小包を発送する必要がある。

エクスプレス・ポストで送る場合は、12月21日までに郵送する必要がある。

『ウールワース、買い物客への「一足早いクリスマス・ギフト」としてラム肉を値下げ』

ウールワースは、生活費危機の中、クリスマス前のプレゼントとして、今後数週間にわたりラム肉を値下げすると発表した。

明日から2023年12月27日まで、ラム肉26カットの価格を20%値下げする。

ウールワースは、この動きは「クリスマスに向けて値下げ」プログラムの一環であり、「このクリスマス・シーズンに顧客がより安く買い物ができるよう、より多くのクリスマス・セービング」を提供するものだと述べた。

羊のモモ肉1キログラムの価格は、1キログラムあたり10ドルから8ドルに下がると予想されている。

先月発表された業界データによると、農場で購入された羊肉は昨年50%減少し、店頭で購入された羊肉は10%以下であった。

しかし、食肉の加工、輸送、販売に携わる人たちは、9Newsの取材に対し、コストも高騰していると語った。

ビクトリア州の農家スコット・ヤングは、「これほど急速に価格が下落したのは初めてだ」と語った。

彼が生産する羊肉はキロ4.70ドルで、暑く乾燥した夏を前に大量に売られた結果、価格が暴落したのだ。

オーストラリア食肉産業協会は、この問題はサプライチェーンにおける労働力不足によるものだと述べた。

ウールワースは今年のクリスマスシーズンに170万キロのラムレッグローストの販売を見込んでいる。

『米スムージー・ジュース大手ジャンバ、オーストラリアに出店へ』

米国のジュース&スムージー・チェーン、ジャンバが間もなくオーストラリアに進出し、メルボルンとサンシャインコーストに出店する。

オーストラリア初のジャンバ店舗は、今月メルボルン・セントラルにオープンする予定で、その後サンシャインコースト、そしてオーストラリア全土の他の都市部や地方都市に拡大する計画だ。

同ブランドは、天然素材を使用し、砂糖や保存料を一切加えていない商品を中心に販売している。

ニューフォードQSRグループのダニー・チャン・マネージング・ディレクターは、「ジャンバは、健康志向のオージーに、本物の高品質な食材と美味しい選択肢を提供することを約束します」と語った。

以前はジャンバ・ジュースとして知られていたジャンバは、スムージー、ボウル、サンドイッチへとメニューを拡大してきた。

同ブランドはフルーツと野菜をブレンドしたジュースで知られ、1990年にカリフォルニア州サンルイスオビスポに初めてオープンした。

アメリカ国内を中心に、フィリピン、台湾、韓国、タイに約800店舗を展開している。

同社は、健康志向の高まるオーストラリア人を取り込むため、オーストラリア市場への進出を決めた。

今後5年間で、クイーンズランド州とビクトリア州にジャンバをオープンし、2025年後半にはニューサウスウェールズ州への進出を目指す。

『メルボルンの鉄道路線で最も遅延と運休が多い路線が明らかに』

メルボルンの公共交通網 – 私たちが大好きなものがたくさんある(無料の市内循環トラム!週末の24時間運行!新しいバリアフリーのGクラストラム!)、そして、そうでないものもたくさんある(時代遅れのマイキシステム!国会議事堂駅のエスカレーター!トラムの運転手に怒られたとき!)。

そして今、私たちはまた別の不満に燃えている。最も遅延や不着が多い鉄道路線が発表されたのだ。

メルボルンの17路線のうち、クレイギーバーンとウェリビーが最悪の結果となった。ビクトリア州公共交通機関のデータによると、この2路線の電車の10本に1本が過去1年間に5分遅れたという。

フランクストン線、サンバリー線、ベルグレーブ線を利用する通勤客にとっては、それほど良い状況ではない。これらの列車は8%以上の遅延となっている。

パケナム線はまた、列車の2.2パーセントが運休となり、最も運休の多い路線でもある。

では、この(非常に迷惑な)遅延の原因は何なのだろうか?メトロ・トレインズは、不審者の増加、破壊行為、落書きが運行遅延の増加の原因だとしている。また、乗客が駅で乗り降りするのに時間がかかるため、過密状態も大きな懸念材料となっている。

メトロ・トレインズの現在の数百万ドル規模の契約には、92%の定時性と98.5%の信頼性という目標が含まれており、このベンチマークは過去12ヶ月間に達成されたばかりだが、列車ネットワーク全体ではまだ大きな格差がある。

しかし、悲観的なことばかりではない。
グレン・ウェイバリー線の列車の遅延率はわずか3.2%で、ネットワーク内で最もキャンセルが少なかった。サンドリンガム、クランボーン、マーンダが次に良く、遅延率はすべて6%以下だった。


今週のお天気

今週末は暖かい日が続きそうですが、

来週はまた気温が一気に下がりそうです。

花粉症の季節で花粉に悩まされている方も多いと思いますが

体調にお気をつけて素敵な一週間をお過ごしください。


日本人コミュニティニュース・イベント

コーフィールド小学校の学校バザー(FETE)のご案内です。

来る11月18日にShool Fete(学園祭)が行われます。

一般の皆さんも気軽にご参加できます。
日本のお祭りの雰囲気を味わいませんか。

当日は、太鼓や茶道など様々な日本の文化を体験でき、日本食の出店、また遊園地の乗り物も楽しんでいただけます。

コーフィールド小学校は、バイリンガルの学校として知られています。

日本のお祭りの雰囲気を味わいませんか。日本食の出店や乗り物なども!

場所はコーフィールド小学校。時間は朝11時から4時まで。

める暮らしはこちらのFETEに協賛させていただいてます。

皆様今週も良い1週間をおすごしください。

める暮らしでは広告を掲載されたい団体、企業様も募集しております。

お問い合わせをお待ちしております。

Likes:
1 0
Views:
79

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です