1月25日 一気読みニュース

毎週木曜日発行!
今週の週間一気読みニュースをお届けします。

『警告、肉食性潰瘍が記録的な数に拡大』

昨年、ビクトリア州で記録的な数の肉食性潰瘍患者が発生し、保健当局が警告を発した。

新しいデータでは、2004年以来過去最高の363人のBuruli潰瘍患者が州内で診断されたことが明らかになった。

Buruli ulcerはMycobacterium ulceransという細菌によって引き起こされ、皮膚細胞、細い血管、皮膚の下の脂肪を破壊し、感染症、潰瘍、皮膚欠損を引き起こす。

記録された症例のほとんどはそれほど深刻なものではなかったが、イングリッド・スティット保健大臣代理は、暑さが続く中、予防措置をとることが重要であると述べた。

「ブルリ潰瘍の症例が増加しているため、ビクトリア州民はリスクを理解し、予防策を講じる必要がある。」

「ビクトリア州民は、DEET入りの虫除けスプレーを使用し、屋外では覆いをし、新しい傷や切り傷を洗うなど、衛生管理を徹底すべきである。」

ブルーリ潰瘍は、過去10年ほどモーニントン半島の住民を苦しめてきた。

しかし、この6年間で、メルボルンの西に位置するジーロングのさまざまな地域で、患者が増加している。

この病気はムーニー・バレーにも広がっており、最近ではエッセンドン、ムーニー・ポンズ、ストラスモアで患者が急増している。

メリベック郊外のコバーグ、ブランズウィック・ウエスト、パスコ・ベール・サウスでも感染が多発しており、昨年、西部保健公衆衛生ユニット(WPHU)がブルーリ潰瘍の警告を出した。

この症状は抗生物質で治療できるため、早期の診断と治療が重要である。

この感染症の症状には、虫刺されのような斑点、潰瘍、痛みを伴うしこり、手足の腫れ、皮膚の発赤などがあり、時には激しい痛みや発熱を伴うこともある。

『オーストラリア人の3分の1がスクールゾーンでのスピード違反を認める』

オーストラリア人の3人に1人近くがスクールゾーンでのスピード違反を認めているという驚くべき新調査結果が発表された。

さらに悪いことに、10人に1人のドライバーは、近くに子供がいないことを確認してスクールゾーンでスピードを出したことを認めており、20人に1人は、学校の近くで事故やヒヤリハットを経験していることが、AAMIが1000人のドライバーを対象に実施した調査で明らかになった。

オーストラリアのドライバーの大多数(72%)は、一般的に制限速度を超過していることを認めており、3分の2は道路標識に気づかなかったために超過していると答えている。

AAMIが全国35万件以上の保険金請求を分析した結果、登校時間帯(午後2時から午後4時30分まで)が道路上で最も危険な時間帯であることが判明した。

スクールゾーンでのスピード違反に関しては、クイーンズランド州民がワースト1位で、40%が認めており、次いでビクトリア州とニューサウスウェールズ州がそれぞれ33%だった。

南オーストラリア州民は最も安全で、危険な行為を認めているのは4分の1以下(22%)だった。

AAMIのクレーム・マネージャーであるリア・ジェームズは、スクールゾーンでのスピード違反は「絶対に言い訳できない」と述べ、スクールゾーンでの制限速度引き下げは何十年も前から実施されていると指摘した。

「学齢期の子どもたち、特に就学前の子どもたちや10歳未満の子どもたちは、交通安全の経験が浅く、予測不可能な行動をとる可能性がある。」

「彼らの命を守り、毎日安全に登下校できるようにする責任は、私たち大人にある」。

道路を横断中の歩行者が時速40km以下の車にはねられた場合、助かる確率は87%で、この数字は速度が上がるにつれて劇的に低下する。

『2024年「オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー」ファイナリストを紹介』

2024年オーストラリア年間最優秀賞(Australian of the Year)の最終候補者を紹介する。

各州・準州の候補者は、木曜夜にキャンベラの国立樹木園で行われる授賞式に出席する。

受賞者は、昨年受賞したボディイメージ活動家のタリン・ブランフィットの後を継ぐことになる。

ジョアン・ファレル

ビルダーのジョアン・ジョー・ファレルは、建設業界における女性の指導を支援するため、2020年にBuild Like A Girlを設立した。

国内外でプロジェクトを展開する彼女は、政府や業界団体とも協力し、女性の採用や育成にも取り組んでいる。

ジョージナ・ロングとリチャード・スコリア

ジョージナ・ロングとリチャード・スコイヤーは、メラノーマの研究を通じて何千人もの命を救ってきた。

2023年、スコイヤー氏は脳腫瘍と診断された。それ以来、2人は彼の病状に焦点を移している。

ブレア・マクファーランド

セントラル・オーストラリア・ユース・リンク・アップ・サービスの創設者ブレア・マクファーランドは、ガソリン嗅覚過敏症の影響を目の当たりにした。

彼の提唱により、重要な政策が変更され、ガソリンの乱用は95%減少した。

マルコ・レナイ

マルコ・レナイは、苦境にある若者を支援するため、2020年に学校プログラムを常設の「アカデミー」に変えた。

メン・オブ・ビジネス・アカデミーは、中高生に健全な生活を送るための教育と就労の道を提供する。

ティム・ジャービスAM

科学者であり冒険家でもあるティム・ジャービスAMは、気候変動と自然保護についての対話を始める手助けをしてきた。

荒廃した農地を再生するフォークツリー・プロジェクトなど、さまざまな自然保護活動を立ち上げた。

ステファニー・トレセウェイ

ステファニー・トレセウェイは、オーストラリアの僻地に移住した後、孤立し、農村の母親のためのポッドキャスト「Motherland」を立ち上げた。

このプロジェクトは、200人以上の母親をつなぐ20の仮想村からなるオンライン・コミュニティへと拡大した。

ジャニーン・モハメド

看護と保健政策で20年以上の経験を持つジャニーン・モハメッド医師は、文化的に安全なヘルスケアを提唱している。

ナルンガ・カウルナの女性で、先住民の医療従事者を支援し、ローウィジャ・インスティチュートのCEOも務める。

メシェル・ターベイ

息子の死後、メシェル・ターヴィーは犯罪被害者とその家族の必要性を訴えるようになった。

西オーストラリア州警察と協力し、犯罪被害者に敏感に対応するためのトレーニング・セッションを実施している。

木曜日には、アンソニー・アルバニージ首相により、シニア・アンド・ヤング・オーストラリアンズ・オブ・ザ・イヤー(Senior and Young Australians of the Year)とローカル・ヒーロー賞(Local Hero)も発表される。

『ビクトリア州の豪華なビーチフロントの隠れ家がAirbnbのインスタグラムで世界で最も人気のある保養地のひとつに選ばれる』

ビクトリア州にある豪華なビーチフロントの隠れ家が、インスタグラムで最も好まれている家のひとつとなり、国際的な保養地のトップに輝いた。

Airbnbは、メルボルンの南、ウォーカーヴィル・ノースにあるサウス・ギップスランドの海岸線を見渡せるこの隠れ家が、ホームステイの550万人のインスタグラム・ページで好まれているリストの上位に入ったことを明らかにした。

ジャッキー・ウィンター・ウォーターズとして知られるこのプライベート・ハウスは、有名な魔法のビーチの岸辺にある雄大な石灰岩の崖に囲まれており、1~2人に理想的な広さであると掲載されている。

「イモージェン・プラー・アーキテクチャーによって設計されたジャッキー・ウィンター・ウォーターズのコンセプトは、生活に必要なもの、心と体を休め、自然とつながる場所を提供することだった」と物件リストは続く。

「小さな家ではないが、完全なビーチハウスでもない。」

この隠れ家の全体的な面積は30平方メートル。

アーティスト、エイプリル・フィリップス、ベシ・オルピン、カーラ・マクレー、デイヴィッド・ブースによって制作された外壁壁画『Deep Drift』がそれを象徴している。

昨年7月にインスタグラムに投稿されると、3900以上の「いいね!」を獲得した。

『1月26日のオーストラリア・デーは熱波と暴風雨に見舞われる』

オーストラリア・デーは、暴風雨、猛暑、低気圧の襲来に見舞われる。

クイーンズランド州北部と中央部では、熱帯低気圧が今週中に上陸する恐れがある。

スカイ・ニュースの気象予報士ロブ・シャープによると、1月26日の祝日は、首都圏は大混戦となり、熱波に見舞われる地域もあれば、20度を下回る地域もあるという。

今後数日間のメルボルンの予報は以下の通り:

北部の混沌とした状況は、南部や南東部の予報とは対照的である。

アデレード、メルボルン、ホバートでは、暴風雨の可能性はなく、最も過ごしやすい天候となる。

「これらの州では最高気温は20度台前半から半ばで、一部曇り空が予想される」とシャープ氏。

これらの首都で雨天となる可能性はわずかである。

メルボルンは、金曜日、土曜日、日曜日ににわか雨が降る可能性は少ないが、気温は20度半ばから低めで、快適な長期休暇となりそうだ。

『高級ショコラティエの製品が、アレルゲン未申告でリコール』

オーストラリアのブランドKoko Blackは、54%ダークチョコレート味のA Jar of StarsとA Bon Bonを、乳の未申告混入のためリコールした。

牛乳アレルギーまたは不耐症の消費者は、反応が起こる可能性があるため、製品を摂取しないよう呼びかけられている。

賞味期限が2024年7月31日までの製品がリコールの対象となる。

この製品は、ビクトリア州と西オーストラリア州のIGAだけでなく、全国のKoko Black店舗や独立系小売店で販売されている。

プレミアム・チョコレート・ブランドは、顧客は製品を購入場所に返品し、全額払い戻しを受ける必要があるとしている。

このチョコレートは同店のウェブサイトでは販売されていない。

詳細については、Koko Black社に電話(03-9958-7400)で問い合わせるか、同社のウェブサイトを参照。


今週のお天気

オーストラリアオープンも開け、少し暑い日にも恵まれたメルボルン。

いよいよ最終週、オーストラリアデーもあるスクールホリデー前の最後の1週間です。

木曜日以外は夏日の日が続き、29日には30度を超える日がやっときた気がします。

皆様日焼けなどにもお気をつけてお過ごしください。

皆様素敵なロングウィークエンドをお過ごしください。


める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる方はメールにてお問い合わせくださいね。

める暮らしでは広告を掲載されたい団体、企業様も募集しております。

お問い合わせをお待ちしております。

Likes:
0 0
Views:
30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です