1月18日 一気読みニュース

毎週木曜日発行!
今週の週間一気読みニュースをお届けします。

『全豪オープン開幕』

全豪オープンが今週から始まった。

ここメルボルンが会場になって行われる全豪オープン。

一度見てみたい方はこちらでチケット購入可能です。

https://ausopen.com/

『大坂なおみ、全豪オープン1回戦敗退』

今年出産後初の大坂なおみ選手は先日敗退。

出産をはさんで約1年5カ月ぶりの四大大会となったテニスの全豪オープンで、女子シングルス元世界ランキング1位の大坂なおみ(フリー)は1回戦敗退を喫した。体と技の回復ぶりを示したが、それらをつかさどる心の強さはなお模索しており「思い描いていたような復帰だとは言えない」と不本意な様子。チャンスを生かし、ピンチで粘る冷静さが完全復活のカギとなりそうだ。

昨年7月に娘のシャイちゃんを出産した後、厳しいトレーニングを重ね、体力と技術を実戦レベルに戻した。最速190キロ超のサーブは威力十分で、大坂をストレートで退けたカロリーヌ・ガルシア(フランス)も「彼女のボールは重かった」と舌を巻いた。


 前哨戦として臨んだ昨年末からのブリスベン国際とは明らかに違っていた。ブリスベンの2試合は「自分のレベルがどこまで通用するか」を見極めようと気負わず慎重にプレーしていたが、2019年と21年に優勝した全豪の舞台では「勝ちたい」という闘争心にあふれていた。チャンスで力み、ピンチでは焦りが出て、さほど難しくない返球をネットに引っ掛けるミスがたびたびあった。


 母親になった大坂は心を落ち着かせ、自己をコントロールすることを強く意識している。試合前にシャイちゃんのビデオを見て「幸運を祈ってくれているようだ」と感じたという。試合中も「前向きになろうと自分に言い聞かせた」。再び頂点を目指し、心技体の総力を高める戦いは続く。

『VLine労働者、労使交渉の遅れで2度目のストライキへ』

ビクトリア州の重要な地方鉄道網の労働者たちは、賃金交渉が決裂した後、この1ヶ月で2度目のストライキを計画している。

運輸労働者は1月25日(木)に労働争議行動を計画しており、全ネットワークを4時間閉鎖する予定だ。

組合が12月13日に地方鉄道の運行停止に成功し、通勤客に頭痛の種を与えてから1ヵ月後のことである。

車掌、列車管理者、駅、カスタマーサービススタッフ、公認役員を含む運行スタッフは、午前3時から午前7時までの4時間、仕事を離れる。

RTBUのVik Sharma支局長は、州全体のネットワークに影響が出るだろうと述べた。

「自動化、大きな変化、不透明な経済という現在の情勢において、組合員はビクトリア州全土の労働者が当然受けるべきもの、すなわち雇用の安定と適正な労働条件のために闘っている」と述べた。

「VLineは最前線で働く労働者を尊重し、スプレッドシートの数字のように扱うのをやめるべきだ。」

「我々は謝罪しない。」

運輸労働者は6月からVLineと賃金協議を続けている。

組合員は、4年間で17%の賃上げと、列車の運転がコンピュータの仕事になっても職を失わないという保証を求めている。

組合側は、10日の最新会議でもVLineとの進展はなかったと主張している。

『サンレイシアのプルーンジュース、アルコールが検出され回収中』

あるブランドのプルーンジュースが、発酵の結果アルコールが含まれていることが判明し、オージーのスーパーマーケットの棚から回収されることになった。

Sabrands Australia社製のSunraysiaプルーンジュース1Lボトルの回収通知が火曜日に出された。

この製品は、ニューサウスウェールズ州、クイーンズランド州、ビクトリア州、南オーストラリア州、西オーストラリア州のColesおよびWoolworthsの店舗で販売されており、賞味期限は2025年12月4日である。

「今回のリコールは、意図しない発酵とアルコールの存在によるものである。」

「この製品を摂取すると、病気や怪我を引き起こす可能性がある。」

買い物客は飲用せず、返品して全額返金するよう呼びかけられている。

『コモンウェルス銀行、セキュリティ警告を装った新たなテキスト詐欺を「直ちに削除」するよう大規模な警告』

コモンウェルス銀行(Commonwealth Bank)は、「セキュリティー・アラート」を装い、口座の安全確保を求める大量のテキストメッセージ詐欺が発生していると警告を発した。

この最新の警告は、最近発表された金融統計に基づくもので、2023年の間にオーストラリア人が詐欺に遭い4億5500万ドル以上を失ったことが明らかになった。

コモンウェルス・バンク・オーストラリア(CBA)の関係者を装った最新のテキスト詐欺は、「新しいCommBankアプリ」が口座に登録されたとして、口座を「保護」するために不審なリンクをクリックするよう求めている。

CBAの広報担当者は、このリンクは銀行からの正当な連絡ではないと述べた。

同スポークスマンは、「当行が電子メールやテキストのリンクを通じて顧客にログオンや機密情報の提供を求めることは決してない。」

「顧客は受信したこれらのメッセージを直ちに削除すべきである」

CBAの広報担当者は、バンキング・アプリの通知をオンにしたり、セキュリティ機能を有効にしたりして、顧客自身を守るよう促した。

『電気、携帯、インターネット代、ブランド・ロイヤリティが年間数百ドルのコストに』

新しい調査によると、電気、携帯、インターネットをいつも使っているプロバイダーに固執するあまり、ブランド・ロイヤルティがオーストラリア国民に年間数十億ドルの損失を与えている。

Finder社によれば、オーストラリア人は昨年、合計45億ドルのロイヤリティ「税」を支払っており、これは一人当たり約331ドルに相当する。

Finder社の技術および公共料金の専門家であるマリアム・ガバジ氏は、よりお得な買い物を逃している人がいかに多いかは衝撃的だと述べた。

「生活費の高騰により、オーストラリア人はエネルギー、携帯電話、ブロードバンドなど、ほとんどすべてのものに多くの出費を強いられている。これらはすべて、なくてはならない公共料金だ。」

「しかし、だからといって、必要以上にお金を払う必要はない。」

分析によると、人々はNBNに12億ドル以上、電気に11億ドル以上、モバイルデータに22億ドル以上のロイヤリティ税を支払っている。

ガバジ氏は、人々は最もお得な買い物をするべきだと述べた。

「例えば、150ドルのクレジットや最大15,000ポイントのカンタスポイントを提供しているエネルギー会社もある。」

「電気、インターネット、電話など、ユーティリティ・プロバイダーを過去12ヶ月間切り替えていない人は、おそらく料金を払いすぎている。」

『米国の人気ピザ・チェーン、チャック・E・チーズがオーストラリアに進出』

米国を代表するピザ・チェーン、チャック・E・チーズが、オーストラリアでの事業拡大計画を発表した。

同社は、アウトバック・ジャックス(Outback Jacks)やミルキー・レーン(Milky Lane)などの店舗を運営する西オーストラリア州のロイアル・ホスピタリティ・グループ(Royale Hospitality Group)と契約を結んだ。

この契約は、ピザとインタラクティブな遊びやアクティビティを組み合わせた、チャック・E・チーズの子供中心の新しい体験を導入することで、「オーストラリア全土でファミリー・エンターテイメントを再定義する」ことを約束するものだ。

1977年にテキサス州で設立されたチャック・E・チーズは、アーケードゲームやネズミのマスコットによるライブショーなど、インタラクティブな体験を通して家族で楽しめるエンターテイメントを提供することを目指している。

『メルボルンのヤラ川がいつもより茶色く見える理由』

州全体にわたる豪雨により、ヤラ・リバーはいつもより茶色く濁っており、保健当局はビクトリア州民に対し、何としてでも水を避けるよう呼びかけている。

今週の集中豪雨により、ビクトリア州では1日に3ヶ月分以上の雨が降った地域もある。

この大雨は、粘土、危険な瓦礫、その他の堆積物を上流の集水域からビクトリア市の河川に送り込んだ。

市内全域で水質に関する警告が出され、遊泳希望者は川やポートフィリップ湾の一部を避けるよう呼びかけている。

川の専門家であり、ヤラ・リバー・キーパー協会のメンバーであるジャネット・ボリソ氏は、瓦礫が山積みになっているため、近づかないことが重要だと語った。

「殺虫剤、肥料、道路に放置された油、それらすべてが川に流れ込んでいます」と彼女は言った。

ポートメルボルンからセントキルダにかけてのビーチでは、水流が水質に影響を及ぼしているため、海水浴客はビーチを避けるように指示されている。

しかし、多くの人が疑問に思っているのは、そもそもあの悪名高い茶色の原因は何なのかということだ。

RMITの環境毒物学者、ヴィンセント・ペティグローブ教授によると、この色は水中の粘土が原因だという。

「粘土の粒子は宇宙船のような形をしていて、光が当たると光を分散させるため、水の中が見えず、濁って見えるのです」と教授は言う。

川やビーチは1週間ほどで元に戻ると予想されている。

『タスマニア出身のデンマークの王妃に即位』

デンマークの王妃に即位するメアリー皇太子妃を、シドニー市民が祝福した。

日曜日の夜、夫のフレデリクがコペンハーゲンで国王に即位すると、彼女はオーストラリア人として初めて王室の称号を手にすることになる。

フレデリクの母であるデンマークのマルグレーテ女王は、大晦日のスピーチで、51年間の権力の座を退くことを明らかにし、国や世界を驚かせた。

83歳の女王は1972年に即位した。

当時メアリー・ドナルドソンとして知られていたメアリー王女は28歳で、2000年のシドニー・オリンピックの最中、CBDにある満員のスリップ・イン・パブでデンマークの王子と初めて握手を交わしたとき、広告の実行者として働いていた。

未来のデンマーク国王は当時32歳で、自国のセーリングチームを応援するために大会に参加していた。

その同じパブが今、幸せなカップルの即位に敬意を表し、ファンや国際的なテレビレポーターをもてなし、バーから生中継するためにあらゆる手を尽くしている。

ファンのジョアン・キングは、メアリー王女の物語は「本当のおとぎ話」のようだと語った。

『2024年、従業員のフルタイム復帰が見込まれる』

2024年に多くの雇用主がオフィスへのフルタイム復帰を予想している。

医療スタッフや商社マンなど、職務を遂行するために物理的な立ち会いが必要なため、在宅勤務ができない労働者は60%に上ると推定される。

しかし、Covid-19の大流行は、在宅勤務がデスクワークの労働者にも可能であり、多くの利点があることを示した。

しかし、パンデミックの始まりから数年経った今、一部の上司は職場を再びスタッフでより安定的に満たしたいと考えている。

もちろん、在宅勤務の特典は仕事を探している人々の間で依然として人気があるため、一部の雇用主(多くの場合、人材確保が困難な業界)は在宅勤務を選択肢に入れているが、大半は在宅勤務を奨励していない。

ボーナスや人事考課をオフィスにいる日数と連動させる企業さえある。

多くの企業は、スタッフが少なくとも40%か50%はオフィスにいることを期待している。

しかし、2024年には、同僚と物理的に一緒にいることがさらに求められるようになると予測する専門家もいる。

ワークプレイス戦略・デザイン会社Futurespaceの創設者であるアンジェラ・ファーガソン氏は、NCA NewsWireに対し、2024年にはより多くのリーダーがオフィスへのフルタイム復帰を期待していると語った。

しかし、オフィス内での創造的なインセンティブや改装によって、それを強制するのではなく、動機づけることが重要であると彼女は言う。

「リーダーは、なぜオフィスに戻ってほしいのかを考えるべきだ。」

「成功する企業文化/ワークスペース環境の鍵は、ある程度の自主性を保ちつつ、人々がつながる機会を提供することにある。」

「そして、どのような組織であれ、このことを正しく理解するための鍵は、従業員の仕事の経験からのニーズを理解することである。」

ファーガソン氏は、対面での交流は生産性、エンゲージメント、つながり、文化を向上させると述べた。

「多くのリーダーは、スタッフに週に2日か3日出社するよう求めているが、それは無理な要求ではない。」

「しかし、私たちが組織と関わる中で、スタッフが求めていることと、リーダーシップがオフィスにいる日数に関して求めていることの間に、断絶やギャップがあることがよくある。」

「生産性だけでなく、精神的、社会的なウェルビーイングも重要だ。」

「どんなに内向的な人でも、人間である以上、社会とのつながりは必要であり、職場はそれを育むのに最適な環境だ」。


今週のお天気

一月もあっという間に中旬。

スクールホリデーもあと2週間。気温の差が激しい日が続いていますが、お身体大丈夫でしょうか。

今週は気温も少し安定しますが、来週火曜から34度まで上がりそうです。

かなりの気温の変化があるのでお気をつけてお過ごしください。


める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる方はメールにてお問い合わせくださいね。

める暮らしでは広告を掲載されたい団体、企業様も募集しております。

お問い合わせをお待ちしております。

Likes:
0 0
Views:
49

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です