1月11日 一気読みニュース

毎週木曜日発行!
今週の週間一気読みニュースをお届けします。

『NSW・VIC州、新型インフルエンザ亜種による感染者増加』

ニューサウスウェールズ州では、過去1年間で最も高い感染者数を記録しており、その17%がPCR法を用いてウイルスを検出した。

オミクロン亜種の子孫、EG.5、JN. 1が州内で最も優勢なCovid株となりつつあり、患者数を増加させている。

健康保護担当のジェレミー・マクノーティ事務局長は火曜日、メディアを前に、症状を呈している人が隔離された場所から離れる必要がある場合はマスクを着用するよう呼びかけた。

「必要な理由で外出する必要がある場合はマスクを着用し、他の人、特にリスクの高い人のところへは行かないでください」。

また、高齢者・障害者ケアセンターへの訪問やリスクの高い人との交流は避けるべきだと付け加えた。

ビクトリア州でも感染者数と入院者数が急速に増加している。

ウイルスの新しい亜種JN. 1が世界中で最も流行しているCovid株となり、ビクトリア州でもこの株が主流となっている。

JN.JN.1株は、世界保健機関(WHO)によって “注目すべき変異株 “に分類されている。

ビクトリア州だけでも、ウイルスによる入院の7日間平均はここ数週間で377人に上り、12月初旬の平均326人から増加している。

これは11月に検出された多数の症例に続くものであるが、昨年5月と6月の流行時のピークレベル(7日平均488人)には及ばない。

現在、EG.5はNSW州における全症例の約40%を占め、JN. 1が35%にまで急増している。

JN.1は感染力が非常に強く、オーストラリア人をはじめ世界各地で感染している。

「親株であるオミクロン株から派生した新しい亜種です」とマクノーティー博士は語った。

NSW保健省は過去3年間Covidを研究し、新しい変異型が免疫システムや他の株に対するワクチン接種を “回避 “していることに気づいたという。

「Covidは不安定なウイルスであり、定期的に変異している。」

鼻水、のどの痛み、咳、息切れ、発熱などが一般的な症状である。

マスクの着用義務は2022年初頭に終了したが、ビクトリア州では、リスクの高い場所や症状があると感じた場合は、マスクを着用するよう呼びかけている。

保健省は、感染が減少傾向に転じるまで、入院率や排水検査などの監視指標を追跡・監視し続けるとしている。

『オーストラリア政府、2024年現金支給せず財政政策で家計支援』

アンソニー・アルバニージ首相は、オーストラリア国民に対し、すぐに現金が支給されることを期待しないよう述べた後、生活費危機への対応について公務員に協力を求める計画について、ネット上で非難を浴びている。

首相は、5月の連邦予算で発表できるようなアイデアを考案するよう財務省に依頼したと述べた。

「しかし、インフレを避けるため、現金のばらまきや支出は抑制されるだろう。それが重要な問題だ。」

「もし、人々に追加的な現金を配るのであれば、インフレを悪化させる可能性がある。」

アルバニージ首相の今年最初の記者会見で発表されたこの計画は、首相を “絶望的”、”現在の危機を生きる悪夢 “と表現するオーストラリア人たちによって、ネット上でこき下ろされた。

活動家団体WACAは、「もしアルバネニージと労働党が本当に教育や生活費に悩む人々のことを思っているのなら、今すぐ学生の借金をすべて帳消しにし、高等教育を無償化するだろう。」と語る。

アルバニージ首相は、各省庁がどのように支援できるかの例として、政府のエネルギー価格緩和計画を挙げた。この計画は、ガスと石炭の価格制限を導入するために州・準州政府と共同で策定されたものだ。

ニューサウスウェールズ州とクイーンズランド州政府は、発電用石炭に1トンあたり125ドルの価格制限を設けた。また、ガス価格には12ヶ月間の緊急上限が設定され、東海岸の生産者は1ギガジュール当たり12ドルに設定された。

「人々に小切手を渡す代わりに、請求額を大幅に引き下げることができる。財務省や財務局と協力し、卸売価格の引き下げを実現した」とアルバニージ首相は語った。

『オーストラリア人研修生に現金1万ドルを支給』

政府は技能不足を補うため、より多くの実習生や訓練生に1万ドルの奨励金を支給する。

2024年のオーストラリア技能実習生優先リストに、フライトアテンダント、救急隊員、薬局技師など、さらに19職種が追加された。

これにより、リストには130の職業が含まれることになり、全ての職業は、熟練労働者に対する現在および将来の強い需要があると認定された。

対象となるフルタイムの見習い労働者は、訓練期間中の生活費として最高1万ドルを援助され、雇用主は見習い労働者1人につき1万5,000ドルを援助される。

ブレンダン・オコナー技能訓練相は、この新しい助成金により、より多くのオーストラリア人を安定した仕事に就かせることができると述べた。

「私は、全てのオーストラリア人が、安定した高収入でやりがいのある仕事を確保するために必要なスキルを身につける最良の機会を確実に提供するとともに、現在および将来にわたって経済が必要とする優先分野の熟練労働力を育成したい」と述べた。

オーストラリア技能実習優先順位リスト(Australian Apprenticeships Priority List)は、優先職種における技能実習生・訓練生の増加を支援する。

リストに掲載された職種は、Jobs and Skills Australiaが分析した官民のデータから引き出された確かな証拠に基づいている。

技能不足リストの新職種

救急隊員

畜産技術者

水産養殖技術者

建築製図技師

船舶建造・修理技師

地球科学技術者

防火配管工

フライトアテンダント

家具職人

グラフィック・プリプレス職人

灌漑デザイナー

灌漑技術者

照明技師

鉱山保安官

介護支援ワーカー

時間外介護福祉士

薬局技師

船大工

音響技師

『ドックランズのコストコ、経費高騰で閉店準備へ』

ドックランズのスーパー、コストコが、経費の高騰とドックランズ地区の苦境が続く中、閉店の準備を進めている。

コストコ・ホールセール・ドックランズは、メルボルン市議会と州政府の経費が高騰し、店舗運営にまったく手が回らなくなった ためだと、ある買い物客に語ったとされる。

「ドックランズにあるコストコは、メルボルン市議会と私たち州政府による出費の増加のため、立ち退く準備をしています。」と、顧客のシャーロットは語った。

「彼らの出費は、わずか10年あまりで500パーセント以上も上昇したようで、まったく手が届かなくなった」

シャーロットは、閉店はインナーシティに住む人々にとって “本当の打撃 “だと語った。

「コストコは買い物のランドマークだった。駐車場があり、買い物の前後に食事をすることもできたからだ。」

コストコは2023年7月にオーストラリアでの事業拡大を発表し、メルボルンのアーディアに2024年後半にオープン予定の店舗を確保したと発表した。これはドックランズの店舗に変わるものだと言っている。

『集中豪雨、1日に3カ月分以上の雨』

今週の集中豪雨により、ビクトリア州中央部と北部の一部地域では、1日に3ヶ月分以上の雨が降り、避難を余儀なくされ、数十棟の家屋が流失した。

今後数日で降雨は和らぎ、洪水も引いたものの、当局によると、同州北部の数十軒の家屋が依然として危険な状態にあるという。

ビクトリア州緊急サービス局のティム・ウィーバッシュ氏は、マーチソン、シェパートン、キアラ、ムーループナの家屋が今後数日のうちに洪水の影響を受ける可能性があると警告し、地元の人々に注意を促した。

「これらの地域とその周辺で影響を受ける可能性があるのは、ごく少数であろう。」

「しかし、これらの地域では大規模な洪水が発生しており、緊急支援が必要な場合は、トリプルゼロに連絡してほしい。」

「これらの地域にとっては、今が行動を起こす時であり、状況に注意を払い、洪水の中を車で走らないことだ。」

月曜日、メルボルン北部のシーモアとイアでは、洪水が危険なレベルまで上昇したため、数百人が自宅からの避難を命じられた。

その結果、これらの町では数十軒の家屋や事業所が倒壊した。

マーチソンとシーモアでは水曜日に洪水がピークに達すると予想されており、シェパートンとキアラでは今後36時間以内に洪水がピークに達すると予想されている。

ロチェスター近郊の住民は、今週小規模な洪水が発生した後、安全が確認されたため自宅に戻った。

これらの地域の物件は引き続き警戒が必要だが、ビクトリア州民は今年の洪水は2022年のような深刻なものではないと確信している。

今後数日間に小規模な洪水が予想される町としては、エチューカ(Echuca)などがあるが、洪水は地元の道路や田舎の浸水程度にとどまるだろう。

ビクトリア州のジャシンタ・アラン州首相は、州は被害を受けたコミュニティのために解決策を模索していると述べた。

政府はまた、洪水の被害を受けた人々を支援するため、洪水支援ホットラインを開設した。

「危険にさらされている地域社会があることは承知しており、連邦と協力し、堤防を検討し、被害軽減に努めている。」

『ウールワースとビッグW、オーストラリア・デー商品の販売中止を発表』

ある大手小売業者は、1月26日に向けてオーストラリア・デー・グッズを販売しないことを明らかにした。

Big Wを傘下に持つWoolworths Groupは、通年販売されている国旗を除き、2024年にはオーストラリア・デー特別商品を販売しないと発表した。

「ここ数年、オーストラリア・デー商品の需要は徐々に減少している。同時に、1月26日について、またそれが地域社会の様々な部分にとって何を意味するのかについて、より幅広い議論が交わされている」と広報担当者は述べた。

「私たちは、多くの人々がこの日を集う機会として好んでいることを知っており、お客様がこの日を思い思いの形で迎えられるよう、多種多様な商品を提供している」と広報担当者は述べた。

ウールワース・グループ傘下のオンライン・プラットフォームであるMy Dealでは、オーストラリア・デーをテーマにした商品を販売している。

他の祝祭日と同様に、店舗スタッフも出勤するかどうかを選択できる。

近年、オーストラリア・デーを「侵略の日」と呼ぶ先住民の声に耳を傾けるオーストラリア人が増え、オーストラリア・デーの祝祭から大きくシフトしている。

『マクドナルド、オーストラリアで “見たこともない “メニューを発表』

マクドナルドは今週、パイナップルをテーマにした新メニューを発表した。

パイナップルのフリッターやパイナップル・サンデーなど、”今までに見たことのない “メニューは、パイナップルという食材が好きなマックファンの間でも、嫌いなマックファンの間でも、話題を呼びそうだ。

ファストフード・チェーンは、昨年の夏の特別メニューである地味なポテト・ホタテに「インスパイアされ」、パイナップルのスライスをカラッと揚げたコーティングで覆うことにしたという。

マクドナルドのアイスクリームが好きな人は、パイナップルソースとチャンクに覆われたサンデーを購入できる。

同店はまた、ビーツとベーコン入りのオージーアンガスデラックスとマックリスピーベーコンデラックスの2種類の夏のスペシャルバーガーを発表した。

マクドナルドのマーケティング・ディレクター、サマンサ・マクラウドは、パイナップルをテーマにした新メニューを「今年の究極のスナック・アイテム」と表現した。

「温かいパイナップル、冷たいパイナップル、どちらの味をお好みでも、この夏、マッカズファンに両方のパイナップルを味わっていただけます。」

このメニューは1月10日から全国で販売される。

『来月、バリへの旅行者に大きな変化が訪れる』

来月から新しい観光税が導入されるため、バリ島への旅行がより高額になりそうだ。

インドネシア政府は9月、島の自然環境を保護し、文化を守り、観光客が体験するサービスの質と安全基準を向上させるために、この税を発表した。

外国人観光客は、2月14日から同州に入国する前に150,000インドネシア・ルピア、またはAUD $14.40を支払う必要がある。

様々な支払い方法があるが、観光客は時間を節約し、航空券を購入する前にオンラインで税金を支払うことを勧められている。

料金は、銀行振込、バーチャル口座、またはLOVE BALIのウェブサイト、またはGoogle PlayとApple App Storeで公開予定のモバイルアプリケーションでQris支払いで支払うことができる。

キャッシュレスでの支払いは、イ・グスティ・ングラ・ライ空港やベノア・バリ港でも可能だ。

サンディアガ・サラフディン・ウノ観光・クリエイティブエコノミー大臣は、「バリ島に入国する外国人観光客に手数料を課すという計画に問題はない」と述べた。

また、この税金は、陸、海、空における統合されたインフラを開発することにより、観光客のサービスの質、安全性、快適性を向上させるための資金として使用される。

誰が観光税を免除されるのか?

旅行者が新税の支払いを免除される理由には様々なものがあり、政府は旅行者に旅行前にその資格を確認するよう促している。

免除される理由は以下の通り:

外交・公用ビザ保持者: 外交・公用ビザ保持者:政府の業務、外交官としての赴任、インドネシアでの特別な任務のためにインドネシアを訪れる者。

輸送乗務員: 船舶乗務員:船舶に乗務する者

KITS/KITAP保持者: 居住許可証(Residence Permit Card)を所持している者。

家族統一ビザ、ゴールデンビザ、学生ビザ保持者: 家族の定住を支援する者、企業投資家、学生。

特定の非観光ビザ保持者

免除を希望する場合は、入国の1ヶ月前までに申請すること。

観光税の支払い方法

1. lovebali.baliprov.go.idにアクセスするか、アプリをダウンロードする。

2. 詳細を入力し、支払う

3. レヴィ・バウチャーをメールで受け取る。

4. チェックポイントでバウチャーをスキャンする


今週のお天気

新年も 明け、すっかり通常に戻りつつある3週目。いよいよメルボルンでもオーストラリアオープンが開始します。やっと夏日が来るという感じで今年の夏は暑い日が少なかったメルボルンにも30度越えが。日焼けに備えた対策や水分を忘れず取るようにしましょう。


メルボルン有志による令和6年能登半島地震のチャリティイベントを開催。

PRAY FOR HOKURIKU Emergency Relief:The Noto Peninsula Earthquake 2024

日々被害者が多くなっている能登半島地震の被害。メルボルンにいながらも心が痛くなるニュースですが、今回の震災においてお亡くなりになった方のご冥福をお祈りし、被災者とそのご家族やお友達など、謹んでお見舞いを申し上げます。

来る今週末の1月14日に能登半島地震義援金のためのチャリティイベントを、ノースメルボルンの「Sakedokoro Namara」で開催されます。

当日の収益全額は、被災地の支援活動を行っている公益社団法人「Civic Force」の能登地方地震被災地支援活動に寄付されます。

現在メルボルンにいて自分では何もできないとか辛い気持ちになっている方もいるかと思います、そんな人たちの気持ちの受け皿になることができればと思って開催されるようです。。

*当日は日本人ライブやラッフルチケットの販売などを通して当日の売り上げは募金になります。

メルボルンからできることを考え、有志が集まりこのイベントを企画され、当日は辛い気持ちを忘れ、楽しんでいただければと思います。それが被災地の支援に繋がります。

被害の収束と、被災地の一刻も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

会計の透明性および諸事情により会場内での飲食の購入や募金などは現金のみででお願いいたします。ご理解の上ご参加いただけると幸いです。

お友達もお誘いの上ぜひお時間がある方はご参加いただければと思います。。


める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる方はメールにてお問い合わせくださいね。

める暮らしでは広告を掲載されたい団体、企業様も募集しております。

お問い合わせをお待ちしております。

Likes:
0 0
Views:
44

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です