12月14日 一気読みニュース

毎週木曜日発行!
今週の週間一気読みニュースをお届けします。

『ビクトリア州で数万人が停電、猛烈な嵐で家屋が損壊』

メルボルンからビクトリア州地方にかけて、真夜中以降に記録された複数の落雷により、13,000軒以上が停電している。

また、この荒れ模様の天候のため、当局は本日、州の一部で雷雨喘息に対する「高リスク」警報を発令した。

雷、稲妻、大雨により、メルボルンは一夜にして鉄砲水で浸水した。

ドックランズのダドリー・ストリート地下道では、運転手が洪水で立ち往生した。

ビクトリア州地方では、バーウォン・ダウンズ(Barwon Downs)上空で発生した暴風雨により、4本の木が1軒の家に衝突した。

被害は、木が風見鶏の板を突き破り、窓ガラスが割れ、壁にひびが入り、家族の車にまで及んだ。

一方、メルボルンとビクトリア州地方では、この荒天の影響で数千人の住民が停電している。

Powercorによると、13,800人がアーディア、シェパートン、スワン・ヒルで停電している。

またオースネットは、オフィサー、ベナラ、ワンガラッタ、ラングラング、シーモアで24,000人が停電していることを確認した。

さらにWest FootscrayとMaidstoneで500人が停電している。

これに先立ち、当局は花粉症と喘息患者に警告を発した。

セントラル、ウェスト、サウス・ギップスランド地区では、草花粉の飛散量が多く、強風を伴う雷雨が予想されるため、クレア・ルッカー州保健局長(Dr. Clare Looker)が警告を発した。

Mallee、Wimmera、South West、North Central、Northern Country、North East、East Gippslandの各地区では、雷雨喘息の中程度のリスクがある。

メルボルンでは2016年11月に世界最大の流行性雷雨喘息が発生し、10人が呼吸困難を起こし死亡した。

先月、州内では高い草花粉レベルと雷雨に見舞われ、200人以上が入院した。

『クリスマス前の売買詐欺に注意』

サイバー犯罪者たちは、クリスマスを前にオーストラリア人から金銭をだまし取ろうと努力を強めており、ストレスを抱えた家族を餌食にしようと計画している。

ウェストパックは、このクリスマス・シーズンに詐欺に十分注意するよう警告を発している。新しいデータによると、売買詐欺の被害が昨年に比べて47%も増加していることが明らかになったからだ。

このような詐欺は、偽のウェブサイトやソーシャルメディア広告、オンライン・マーケットプレイスを通じて宣伝されることが多く、今年のクリスマスに愛する人へのプレゼントを購入しようとしている消費者に安価な価格を提供する。

ウェストパックの詐欺担当責任者ベン・ヤングによると、この時期にプレゼントを贈る機会が増えるため、このような詐欺がピークを迎えているという。

「詐欺師は、出費がかさみ、注意力が散漫になりがちなこの時期の顧客を狙うことが多い。」

同氏は、祝祭シーズンに向けて掘り出し物を探しているバイヤーは、特に価格が良すぎると思われる場合、非常に人気のある製品の偽のオファーに厳重に警戒する必要があると述べた。

詐欺師がクリスマス関連の手口を強化する一方で、ヤング氏は他の種類の詐欺もまだ蔓延していると警告する。

「投資詐欺は依然として最大の難問のひとつで、被害全体の半分以上を占めている。詐欺師は被害者を手なずけるのに多くの時間を費やすため、見破るのが非常に困難だ」とヤング氏は言う。

「他の一般的な詐欺の手口には、支払い詳細を改ざんした偽の請求書を発行したり、詐欺師が電子メールやパスワード、銀行口座情報などの個人情報にアクセスできるようにするソフトウェアのダウンロードやデバイスへのアプリのインストールをさせる手口などがある。」

「また、SMSやEメールで送られてくるリンクは決してクリックせず、緊急にアプリをダウンロードしたり、携帯電話やコンピューターにプログラムをインストールするよう指示する人物には用心してほしい。」

ヤング氏によると、ウェストパックは顧客の詐欺事例の60%以上を発見しており、防止策により顧客は2億3500万ドル以上を節約している。

『学生ビザ取り締まり強化、新移民戦略を発表』

労働組合と企業は、月曜日に発表された連邦政府による移民制度の抜本的見直しを支持し、稀に見る連帯感を示した。

クレア・オニール内務大臣は、この制度は「10年以上にわたって意図的に放置されてきた」と述べ、「ビザ・ジャンプ」や「ゴースト・カレッジ」への通学を可能にしている裏口を閉鎖することを約束した。

この戦略では、持続不可能な移民レベルを抑制し、純移民を「正常な」レベルに戻し、住宅やインフラへの圧力を緩和するために、学生ビザの流入を抑制する。

留学生はより厳しい英語力を要求され、卒業後も滞在したい場合は2年以内に最低所得基準を満たさなければならない。

オニール氏はまた、高等教育セクターにも警戒を呼びかけ、留学生が就学ではなく就労を目的としてオーストラリアに移住し、搾取の対象となるような「ビザ工場」として運営される偽大学の増加を抑制する政府の計画を示した。

政府が就学ビザを与える留学生の数に上限を設けることを検討するかどうか尋ねられたオニール氏は、現在行われている措置が急激な増加を抑制し、制度をより持続可能なものにすると「確信している」と答えた。

この見直しはまた、より多くの一時的な労働移民をこの地域に流用し、彼らの申請を優先させる道筋も示している。

この見直しのもう一つの焦点は、技能労働ビザ制度の見直しであり、新たな「需要のある技能」ビザ・プログラムに対して永住権取得へのより多くの道を提供し、政府が技術革新を促進し雇用を創出するとしている専門技能パスウェイを開発することである。

このパスウェイは、13万5,000ドル以上の報酬を得る職種の職業リストを削除するもので、政府は、今後10年間で3,000人の技能労働者(34億ドル相当)が予算の底上げにつながると予測している。

また、科学、技術、サイバーセキュリティーなどの専門分野で重要な仕事に必要とされる優秀な志願者は、ビザが1年ではなく7日以内に発給されるようになる。

オニール氏は、この変更により、オーストラリアが必要とするスキル、特に医療、デジタル経済、ネットゼロへの移行に必要な仕事を獲得することができると述べた。

Covid-19の大流行で一服した後、昨年度の純移民数は50万人以上とピークに達し、史上最高となった。その半数以上を留学生が占めた。

オーストラリアの純海外移住者数は、2023-24年度には44万人に達する勢いであったが、25の新たな政策公約と今後の改革分野によって、より持続可能な37万5,000人へと減速させることを目指す。

今週の中間経済報告では、2026-27年には235,000人までさらに減速する見込みである。

『オーストラリアで最も高価な郊外と最大の成長地域が明らかに』

不動産分析会社PropTrackの最新データによると、2023年にオーストラリア全土で最も高額で購入できるのはシドニー郊外の3都市であることがわかった。

ロウアー・ノース・ショア郊外のロングヴィルは、住宅価格の中央値で全国トップとなり、その額はなんと577万5,000ドル(約5億7,500万円)だった。

2位は東部郊外のドーバーハイツで555万3000ドル、3位はシドニー北部のクロンターフで552万3000ドルだった。

ロングビュービルは9月、アラベラ通りにある5ベッド、3バスルームのウォーターフロント物件が2000万ドルの住宅販売の壁を破り、関心表明期間が終了する前に2200万ドル以上で落札され、記録を塗り替えた。

この物件を販売したエージェントのトラビス・スタンデンは、当時realestate.com.auに対し、予算1000万ドルを超えるノースショアの上下や東部郊外からの購入者は、利便性とシドニー・ハーバー・ブリッジの眺望の良さを求めていたと語った。

「これほど多くのバイヤーが現金を持って購入の準備を整えたことはなく、彼らは利便性を求めて広い土地を売買しており、アッパー・ノースショアなど従来とは異なる地域からの購入も見られる」と同氏は語った。

ビクトリア州の住宅価格中央値と前年比住宅価格上昇率の高い郊外の内訳は以下の通り:

最高住宅価格中央値

Portsea: $3,177,000

Deepdene: $3,006,000

Canterbury: $2,708,000

前年比住宅価格上昇率

Harkaway: 10 per cent

Officer South: 10 per cent

Balnarring: eight per cent

『新1ドル硬貨「キング・チャールズ」を流通開始』

チャールズ国王の顔が描かれたオーストラリア初の硬貨が、エリザベス女王の顔が描かれた数百万枚の硬貨に続き、オーストラリア全土で流通を開始した。

チャールズ3世の肖像は、オーストラリア王立造幣局が製造する新しい1ドル硬貨に描かれている。

最初の350万枚が銀行に納品され、エリザベス2世の肖像が描かれた硬貨と一緒に流通し続けることになる。

アンドリュー・リー財務大臣補佐官によると、新しい硬貨は、チャールズ皇太子が母親とは反対の左側を向いているように描かれているという。

「ほとんどのオーストラリア国民にとって、国王が描かれたコインを手にするのはこれが初めてだろう。」

「このコインの製造には多くの労力が費やされている。何百万人もの人々が、自分だけの小さな歴史のかけらを手に入れたいと思うだろう」。

「少なくとも17世紀にまでさかのぼる伝統のもと、歴代の君主はコインの中で異なる方向を向いている。エリザベス2世は右を向いていた。」

「チャールズ3世は左を向いている。」

このコインはロンドンの王立造幣局によってデザインされ、肖像は王室の承認を得ている。

残りのデノミネーションの流通硬貨は、銀行の需要に基づき、2024年に順次発売される予定である。

国王の顔が描かれたコレクターコインや投資コインも来年発売される予定だ。

チャールズ国王は、オーストラリアが1960年代にドルとセントに切り替えて以来、10進法通貨に登場する2人目の君主である。

『クリスマスを前にチョコレートの価格が上昇』

オージーの買い物客は、クリスマスを控え、生活費への打撃としてチョコレートのさらなる値上がりを目の当たりにしている。

世界の主要産地が洪水に見舞われる中、カカオ価格は21%以上も跳ね上がった。

高い需要と供給不足により、カカオは過去40年間で最も高い水準で取引されている。

買い物客はクリスマスに向け、ストッキングの詰め合わせやグルメなお菓子を求めている。

シドニーを拠点とするショコラティエであり、カカワ・チョコレートの創業者であるジン・スン・キムは、9news.com.auに対し、10%から15%の値上げを余儀なくされたと語った。

「チョコレートの仕入れ先から、2週間ごとに、毎月、この日から値上げするというメールが来ている」と彼女は語った。

「例えば、ココアバターは1年で2倍になった。この仕事を始めて14年になるが、こんな経験は初めてだ。」

「COVID以来、価格は上昇し続け、2倍になったものもあれば、30%値上がりしたものもある。」

キムは、クリスマスを前にして、これ以上価格を上げるよりも、1箱に入るチョコレートの量を減らさざるを得なかったと語った。

「私の顧客はこの状況を理解してくれているが、90%の顧客のうち10%は満足していない。」

「私たちはその人たちに応えようとしているが、すべての人たちに応えることはできない」。

デイヴィス・チョコレートのノエル・コワルド社長は、彼のビジネスではチョコレートの価格が30%以上上昇したと語った。

ガーナやコートジボワールのようなカカオが豊富な地域での収穫量の減少や、エルニーニョの発生により西アフリカの収穫量がすぐには改善されないという予想など、いくつかの要因がコストを押し上げていると説明した。

伝統的な市場における継続的な需要の増加、および一部の地域における生活水準の向上に伴うアジアにおける需要の増加も、価格を押し上げていると同氏は述べた。

サプライチェーンでは、チョコレートに使用され、軟膏、洗面用具、医薬品にも使用される白い油脂であるココアバターが不足している。

先月Redditに投稿された記事によると、最近まで360gのキャドバリーミルクチョコレートはウールワースで6ドルだった。

しかし、ウールワースのウェブサイトをチェックすると、現在は7ドルとなっている。

9news.com.auによると、砂糖とカカオのコモディティ圧力のため、複数の小売店で値上げが行われたという。

キャドバリーの親会社であるモンデリーズ・オーストラリアの広報担当者は、コスト上昇を吸収するために小売業者と懸命に努力しているが、わずかな値上げが消費者に転嫁されることもあると述べた。

「多くのオーストラリアの食品メーカーと同様、当社も原材料費、原料費、包装費、運賃、輸送費など、サプライチェーン全体で大幅な値上げを経験している」と広報担当者は述べた。

『クリスマスの天気予報は?』

アキュウェザー(AccuWeather)の長期天気予報によると、オーストラリア国民はクリスマス期間中、暖かい数日間を楽しむことができる。

最も気温が高くなるのはノーザン・テリトリー(Northern Territory)、クイーンズランド(Queensland)、西オーストラリア(Western Australia)で、ほとんどの州では曇りや雷雨の可能性がある。

12月の長期予報は、活発なエルニーニョ現象、インド洋双極子現象、世界的に記録的な温暖化など、いくつかの要因の影響を受けていると気象局は述べている。

シドニー(ニューサウスウェールズ州)

シドニーのクリスマス・イブは気温26度、午後ににわか雨の可能性あり。

クリスマス当日の気温は24度に達する見込み。

ボクシング・デーは晴れ、気温は24度。

ブリスベン(クイーンズランド州)

クリスマスイブは晴れ、気温29度、クリスマス当日は曇り、気温29度。

ボクシング・デーは概ね晴れで27度の予想。

メルボルン(ビクトリア州)

メルボルンのクリスマスイブは、風が強く暖かく、時々雨が降り、最高気温は 26 度になる見込み。

メルボルンの人々は曇りの日が予想され、明るい青空が現れる可能性は低いが、それにもかかわらず、クリスマスの日は最高気温が 22 度で快適な天気になる。

雨はボクシングデーにはあがりそうだ。

キャンベラ(オーストラリア首都特別地域)

クリスマス・イブは曇りで最高気温は27度。

クリスマスは少し涼しくなって23度。

ボクシング・デーは曇りで気温は25度。

アデレード(南オーストラリア州)

クリスマス・イブは晴れで気温27度、クリスマス・デーは曇りで気温23度。

ボクシング・デーは一部晴れで26度の予想。

パース(西オーストラリア州)

クリスマス・イブは27度まで上がる見込み。

クリスマス・デーとボクシング・デーも晴れで気温は30度、ボクシング・デーは部分的に曇りの予報。

ホバート(タスマニア州)

ホバートのクリスマスは曇りで最高気温は18度。

降水確率は25%だが、南東の風は弱く、過ごしやすい一日となりそうだ。

ダーウィン(ノーザン・テリトリー準州)

湿度の高いクリスマス・イブの気温は34度、強風のためにわか雨が降り、午後は雷雨となる。

クリスマス・デーは曇りで気温33度、午後はにわか雨が降る。

『ケミスト・ウェアハウス、シグマと合併し88億ドル企業に』

ケミスト・ウェアハウス・グループは、シグマ・ヘルスケアと合併し、総額88億ドルのヘルスケア企業を設立する。

この合併により、グループはニュージーランド、アイルランド、中国の海外54店舗を含む1000店舗以上を所有することになり、同社はASXに上場し、上場企業の中でも上位200社に入ることになる。

投資家向けプレゼンテーションによると、新会社は契約後最初の通年で30億ドルの売上を見込んでいる。

シグマ・ヘルスケアは、Amcal、Discount Drug Stores、Guardian、PharmaSaveブランドを所有している。

また、Chemist Warehouse社はmychemistブランドを所有している。

ケミスト・ウェアハウスは、マリオ・ヴェロッキ氏とジャック・ガンス氏によって設立され、両氏は現在億万長者である。

グループの株主は85.75%を所有し、合併の一部として7億ドルの報酬を受け取ると、オーストラリアン・フィナンシャル・レビュー紙は報じている。

最初の店舗は1972年、メルボルンのレザボアに1軒のケミストとしてオープンし、ケミスト・ウェアハウス1号店は2000年にオープンした。

『クリスマスと新年の営業時間』

12月最終週のショッピングセンターは、各小売店がクリスマス期間中の特別営業時間を設定し、大きく様変わりする。

クリスマス・デーはほとんどの店舗が休業となるが、ボクシング・デーのセールのために営業時間を延長する店舗も多い。

クリスマス前にプレゼントを買いに行くにしても、今年最後のボトルショップ巡りをするにしても、お店の営業時間を知っておくと安心だ。

2023年最終週の主要小売店の営業時間をリストアップしてみた。

ウールワース

通常、ウールワースの店舗はクリスマス当日は休業だが、クリスマス・イブは全国の全店舗が営業する。

ほとんどの店舗はボクシング・デーから1月2日まで営業するが、例外もあるので、各店舗の営業時間を確認することをお勧めする。

クリスマス当日(12月25日)

ウールワース全店舗(全州および全地域)は休業。

ボクシングデー(12月26日)

NSW州、ビクトリア州、クイーンズランド州、NT州、ACT州、タスマニア州では全店営業。

南オーストラリア州では、都市部の全店舗は休業、地方の全店舗は営業(Millicentを除く)。

西オーストラリア州では、エスペランスを除く全店舗が営業する。

臨時祝日(12月27日)

全州および準州のウールワース全店舗は営業。

元旦(1月1日)

NSW、ビクトリア、クイーンズランド、NT、ACT、タスマニアでは全店営業。

西オーストラリア州では、Esperance、Katanning、Northamを除く全店舗が営業。

SA州では、メトロポリタン店は全店休業、リージョナル店は全店営業(ミリセント店を除く)。

コールス 

一般的に、Colesの全店舗はクリスマス当日は休業し、その他の日は営業する。クリスマス・イブは全店舗が営業する。

クリスマス当日(12月25日)

全州・地域で全店休業。

ボクシングデー(12月26日)

サウスカロライナ州を除く全店舗が営業。

SA 州では、メトロポリタン店舗は全店休業、リージョナル店舗は全店営業。

臨時祝日(12月27日)

全州および準州のコールス全店舗が営業。

元旦(1月1日)

SA 州を除く全州・地域で全店営業。

SA 州では、メトロポリタン店は全店休業、リージョナル店は全店営業。

西オーストラリア州では、コールス・トム・プライスは休業だが、その他の店舗は営業。

その他の各小売り店の営業時間は下記リンク先参照。


今週のお天気

いよいよクリスマス前の週。お天気は落ち着きそうですね。

クリスマスまであと1週間!

みなさんは準備はできましたか。焦らず素敵なクリスマス前をお過ごしくださいね。

では皆様素敵な一週間を。


める暮らしでは広告掲載を募集しています。気になる方はメールにてお問い合わせくださいね。

める暮らしでは広告を掲載されたい団体、企業様も募集しております。

お問い合わせをお待ちしております。

Likes:
0 0
Views:
9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です